FC2ブログ

"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

上野幌 (千歳線) 1994

kami_nopporo_30-Edit.jpg

北海道鉄道(2代)が1926年8月21日の札幌線開業に際し上野幌を設置した当時、その一帯は白石村の野津幌と呼ばれていた。付近の小学校も野津幌尋常小学校(現上野幌小学校)だったし、1915年に入植者により建立された神社も野津幌神社(現上野幌神社)であった。
野津幌は、この地域の丘陵地を侵食しつつ谷底平野を形成していた多くの水流の先住民による呼称「nup-or-o-pet」の当て字には違いなく、和人はこれを「ノホロ」「ノッホロ」「ノッポロ」と聴き取り、地名に用いたのである。自然発生的なものゆえ、おそらくは「津」の入らない野幌も当初より混用されていたと思われる。
公文書に初めて現れるのは野津幌の方で、1873年に布告の『地租改正法』に際して開拓史が札幌周辺の国有林の位置を指定した、1873年11月19日の「官林取極の件」に官林名称としてその名が読めるが、官設幌内鉄道が1889年11月3日に江別村に開業の停車場は、当初より野幌を名乗っていた。この時期には、官の側では「津」抜きの方に統一が進みつつあったのかも知れない。
いずれにせよ、今の行政区画でも札幌市から江別市、北広島市に跨る広大な原生林名称への採用により、その周辺を含む広域地名として成立して往くのだが、それゆえに細分化の過程で幾つかの混乱を生じることになる。

官設鉄道の野幌もその事例で、そこは「nup-or-o」の景観と云うよりは石狩低地に属したけれど、付近に最初の鉄道駅として官林名称からの採用であろう。北海道鉄道が野津幌の停車場を上野幌としたのは、勿論にそれとの重複を避けたに違いないが、当時既に定住が進みつつあったnup-or-o-petの上手側が上野幌、下手側が下野幌と区別され始めており、この停車場は現在の大曲付近まで及んでいた上野幌地域を駅勢圏としたゆえと推定する。新札幌市史を斜め読みしたに過ぎないのだが、この区分の始まりの時期への言及は無かった。
これと対に、現在の青葉町やもみじ台などの一帯の旧字区は厚別町下野幌であった。新札幌で開業した千歳新線上の新駅が計画段階に下野幌で仮称されていたのは、至極自然と言えよう。この結果、大曲川からの川筋で見れば、野幌より上手側に下野幌が存在することになっていた。

一方、北海道鉄道の上野幌の開業当時、広島村にも下野幌と呼ばれる字があった。停車場の位置からは野津幌川を隔てた東側にあたる。その頃には原生林只中の入植地もまた、野幌と呼ばれており、官設の停車場位置ばかりでなく野幌は数多くあったのである。ここの野幌には1890年に原生林を開削して廣島開墾地と開拓使を繋ぐ札幌道路が開かれた。この道路を中心地だった椴山から野津幌川に下ると標高差は70メートルほどになり、そこに架橋されていた立花橋付近にも定住地が形成されていたので、ここを下野幌と呼び、やがては廣島村の字区とされた。その範囲は野津幌川の谷底平野を鉄道沿いに上流域まで及び、上野幌より上に位置する下野幌が存在したのである。千歳新線上に移設された現在の上野幌は、当時なら下野幌区域と言うことになる。
これには先に述べた下野幌との関連を指摘する向きあり、野津幌川下流域も丘陵上の野幌を下ったゆえの下野幌だったのかも知れないけれど、地名の真相は誠にわからない。
廣島村の野幌に下野幌は1935年の字区改正で消滅し、双方が字西ノ里となった。現在の西の里である。

降雨下の大曲橋梁に差し掛かるのは、5列車<北斗星5号>。
この橋梁の架橋位置が大曲を名乗ったことは無い。けれど、目と鼻の先の野津幌川対岸は、同じ字区改正で下野幌から字大曲に編入されて以来に大曲である。鉄道施設名称への近隣地名の採用は珍しくはないが、その地名の起こりは西に離れた位置でのことだから、違和感はある。

[Data] NikonF3P+AiNikkor85mm/F1.8S  1/500sec@f5.6+2/3  Fuji SC52filter  Tri-X(ISO320)  Edit by PhotoshopCC & LightroomCC Classic on Mac.



関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/897-7b1d93e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)