FC2ブログ

"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

音別 (根室本線) 1977

ombetu_13-Edit.jpg 

北の育ちなものだから、上京して写真学校の不真面目な学生だった頃、近所の定食屋の惣菜棚に並べられた小鉢に見た蕗の水煮には驚いた覚えがある。それの、まるで三ツ葉の茎かと疑う「か細さ」に、である。その頃には、蕗が栽培作物とも知らず、山野に自生を刈り取るものとばかり思っていたことも手伝い、記憶のそれは湿地や水流の縁に低くても1メートルの丈に密生して、家での母親の調理も太い茎のぶつ切りに違いなかった。定食屋での一件は、以前此処に書いた「鱧」と並ぶ、はてなマーク事件である。→ 
東室蘭 (室蘭本線) 1995
しかも、彼方が本種で此方は亜種とは、さらに後になって知るのだった。
奥羽地域から北海道内に自生する亜種は、1メートルは疎か2メートルにも達する巨大蕗であり、「秋田の国では雨が降っても唐傘などいらぬ」と歌われる秋田音頭のプロモーション効果なのか、一般に「秋田蕗」と呼ばれるようである。勿論、同様の蕗は道内至る所に見られ、流石に秋田蕗とする訳にも往かず、今では蝦夷蕗、大蕗が通称のようだが、札幌在住当時は、単に「蕗」と記憶し、それしか無いのだから、確かに「蕗」は「蕗」である。

道内至る所に自生する蕗だが、音別町はその栽培地と言う。音別駅前から道道241号線、同500号線と内陸へ15キロばかり北上した霧里(むり)地区が中心と聞く。
1991年頃と云うから、ごく近年である。時の音別町振興公社が蕗の食品加工に際して大量に廃棄される蕗皮に着目して、これで紙を漉こうと考えたのだった。特産品の創成を目指してのことだが、今や百均ショップでも紙すき道具を売っている時勢だから、当時とて安易な発想の範疇だろう。
ともかく、この事業に着手すれば、蕗の繊維が独特の緑模様を見せる和紙が産み出され、これをフキに当て字した「富貴紙(ふきがみ)」と名付けたのである。しかしながら、その生産量からでもあろうが販路も限られ、小さな自治体の外郭団体ゆえ、大したプロモーションも為されぬうちに、折からの「平成の大合併」である。音別町の釧路市への吸収には振興公社も解散して「富貴紙」も沙汰止みとなってしまった。
これが2016年度に至ってのこと、全国自治体総参加の様相を呈する「地域起こし」とやらに、釧路市も音別地区への配慮にはネタ不足で在ったものか、再興を図るべくNPOを通じて都市居住者から移住を伴っての継承者公募に乗り出していた。
これも安易に過ぎると云うものだろう。住居は提供されるとは云え、たかだか十数万円の月額報酬で都市在住者に移住を迫る施策とは正気では無い。生産の地場産業を興すのであれば、商業的に成り立ってこそであるから、寧ろその分野に通じた都市在住者をそのままに雇用して、消費地側でセールスプロモーションに就かせたほうが余程マシである。
果たして、応募が無かったものか、あるいは相応しい人材に巡り合わなかったものか、その間の経緯は知らぬのだが、2017年に始動したのは、地元在住有志による組織であった。これの構成員は熱意の方々と承知しても、釧路市当局に担がれたと云うことだろう。
件の「平成の大合併」以降、音別町の中心地から釧路市の辺境となった音別市街地は縮小するばかりに見える。全くに、これを「ふるさと創生」などと語った自民党政権は碌なモノじゃない。

乳呑川が細く海に注ぐ地点。海成段丘が大きく途切れて引きが取れるゆえか、古にも今にも撮影の好地点である。
地形も植生も、海も空も、太古から何ら変わらぬのだろう。
40年の歳月など、つい今しがたである。ただ、この当時に国道側を迂回していた通信線が線路沿いとなって、写真には些かうるさくなった。
列車は、413D<ぬさまい>。後追いではある。
この地域急行は、旭川発着の<大雪>と、<しれとこ>を介して運用が繋がった旭川機関区持ちと記憶する。

[Data] NikonF2A+AiNikkor105mm/F2.5  1/500sec.@f8 NikonY52filter  Tri-X(ISO320)  Edit by PhotoshopCC & Lightroom ClassicCC on Mac.


関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/896-85f179ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)