"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

箸別仮乗降場 (留萠本線) 1979

mashike_04-Edit.jpg

国有財産を無償で承継した民営鉄道会社とは、随分と勝手なことをするものだ。留萠本線の末端区間の話である。
降雪やら風雪の気候が大幅に変動したでなく、沿線の地形が大改変されたでも無い。増毛港を内陸へと連絡するこの区間は、1世紀に及ばんとする歳月を開業以来の位置に線形を維持して休むことなく客貨を輸送し続けてきた。
春先の融雪期に雪崩の危険箇所が存在すると云うならば、それはその間に継続的に潜在したに違い無い。記録に当たってはいないけれど、時には実際に線路を塞いだことだろう。それでも、可能な限り速やかに復旧され、線区の機能が留め置かれたことなど無い。
ところがである。北海道旅客鉄道は乗客への危険を事由に、いとも簡単に春先の数週間の運行を放棄してしまうのだった。先の事由など建前だけのこととは言うまでもなく、1日に12往復を運行するバス交通への旅客の転移促進が本音である。かくて、輸送密度を39人キロまで落とした(落とせた)この区間は、沿線自治体は勿論、住民からの差したる反対もなく、2016年12月4日を最終運行とする念願が成就する。
全くに恐れ入った「公共企業」だけれど、そんな策を弄さずとも、沿線はとっくにこの線路を見放していよう。

2015年3月改正ダイヤでの、ここでの列車設定は6往復である。
この6往復の運行とは、もともとに輸送需要の小さい線区・区間における列車頻度の国有鉄道以来のスタンダードと云える。1980年代半ばの時刻表を開いてみれば、渚滑線も湧網線も興浜南・北線も羽幌線の中間区間も判で押したように6往復運行であった。これら線区も実態はより需要が縮小していたのであろうが、運行を削減したところで、車両の運用や乗務員の行路が当該線区に特化したものでは無い限りに、線区経営の改善には然程に寄与するものではなく、公共輸送機関との自覚が踏み止ませるのが、営業時間帯の2から3時間に1本運行となる6往復だったのだろう。
北海道旅客鉄道もそれを踏襲したと見えるものの、代替機関の未発達な時代ならいざ知らず、移動の自由が権利と理解されるよう変化した生活意識の下では、とても満足の往く頻度では無い。運営側と利用者では、6往復を巡って意識に乖離を生じざるを得ない。12往復の道路交通が並走しているとなれば選択先は明らかである。

とは云え、そのバス運行も1970年当時には24往復を数えていた。留萠駅前基準で6時台から19時台まで30分毎の運行である。公共交通として十分な頻度の、その後の40年での半減は、この間の増毛町の人口動態と符合する。1万人から5千人に、これも半数を減らしているのである。
対しての鉄道は札幌直通を含む8往復からの削減である。6往復は、やはり踏み止まったとして良さそうで、それは北海道旅客鉄道も受け継いだはずの「国民の国鉄」の微かな残滓に思える。

増毛へは1979年と翌年の二度訪れただけに終わった。ここの他には目ぼしい立ち位置が見つからず、それを撮って仕舞えば再訪するまでも無かったのである。
これは、既出のカットの前コマで、後追いの763D。増毛方に組成はキユニ21、1形式2両のみの希少車だった。

[Data] NikonFphotomicFTN+AiNikkor28mm/F2.8 1/500sec@f5.6 Fuji SC52filter Tri-X(ISO320) Edit by LightroomCC on Mac.


関連記事

コメント

時代の流れ

ご無沙汰しております。
なかなか凄い調子の画ですね。列車の顔が写真とは思えない形相です。
私は、現役蒸気時代の転車台のある増毛を見ていますが、現在の棒線化された駅は、信じ難いものがあります。
増毛よりも、ずっと人口が多い松前や江差ですら鉄路が消えているわけですから、悲しいですが相応の成り行きともいえます。
ただ、北海道の鉄道環境が厳しいのは分かりますが、もう少しJR北には頑張ってもらいたいところです。
キハ40が古くなったから普通列車を削減するというのでは、誰も納得できません。道民も一様に怒っていました。
通学の生徒がいなくなったら廃駅、廃線とういのが近頃のお決まりの流れですが、それは言い換えれば成り行き任せということでしょう。
一方で、地域内輸送の役割が終わってしまったローカル線には、英国のように保存鉄道という仕組みもあって欲しいものです。
最期に突然ですが、お願いがあります。リンクさせていただいてよろしいでしょうか。よろしくお願いします。

  • 2016/08/03(水) 21:58:35 |
  • URL |
  • こあらま #hOB5kJ8s
  • [ 編集 ]

Re: 時代の流れ

こちらこそ、ご無沙汰です。
近年の留萠改め留萌本線には近づいていませんが、衛星写真などで確認しますと、増毛もそうでならば、留萌の変貌にも驚かされます。あの構内なぞ、知らぬ人には想像もつかぬでしょうね。
この末端区間の廃止後には、今度は留萌が棒線化されるだろうと思います。
時代の流れ、としてしまうには些か抵抗がございまして、国家骨格の基幹輸送網を決して財界の手に渡すべきではなかったのだと、つくづくに思う次第です。
リンクは、こちらこそよろしくお願いいたします。

  • 2016/08/06(土) 23:10:34 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

こんにちは

何か書きたい気持ちに襲われつつ何を言葉にしたらいいか最近全く分からなくなっています
みな一様に、国営ではなく民営の鉄道会社なのだから仕方のないこと、こんなことで騒ぐなんて今更であり30年前にわかってたことじゃないかと 決まりきった言葉をかけ捨てていくんですが 私にはどうも腑に落ちないままです そう言うひとはこの30年間何をしてきたんだろうなと 無知な私に教えてくれる人はいません
 
お写真まるで木版画のようですね 今までだってこんな冬にもきしゃは走ってきたのだし人だって風雪に黙って立つのが当たり前だったのに・・・

ずいぶん昔に増毛までは行きましたが今度行くとしたら廃線後少したってからかもしれません  

  • 2016/08/11(木) 08:56:31 |
  • URL |
  • Jam #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんばんは。しばし留守してまして、ご返事おそくなりました。

30年前からお判りの方でしたら、1986年に中曽根反動政権が仕掛けた衆参同日選挙で自民党などに投票していないはずですね。
今に、そのような言葉を吐かれる向きが、とても「お解り」だったとは、とても信じられませんね。
現在50歳以上の有権者は、実に愚かな選択をしたと言わざるを得ず、国民の財産を財界にタダでくれてやるとは、まさに売国的行為、気前良すぎです。

  • 2016/08/16(火) 23:03:25 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2016/11/19(土) 20:24:43 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/872-1ad5b48d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad