"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

蘭島 (函館本線) 1986

ranshima_02-Edit.jpg

手稲の新興住宅地に暮らした頃、家族での海水浴と云えば祖父祖母の元へ帰省した折のことばかりで、至近だった日本海岸、石狩湾岸での記憶は無い。当時の家族アルバムを手繰ってみても、大洗や磯浜、鮎川のキャプションが付された写真は収められるが、道内のものは見当たらない。内地生まれの両親には、当地での海水浴など考えられもしなかったのだろう。唯一の記憶は家族のそれでは無い子供会の海水浴で、行先は蘭島海岸だった。

古来から日本人も海水に浴することは在ったろうが、それは禊など神事に属することに限られ、日光浴を兼ねた健康増進や余暇の楽しみとしての習慣は江戸期末期の開港以来に外国人によりもたらされたのだった。とは云え、薩長政権の時代となってもしばらくは彼らの奇異な習慣と見られていた様子であり、居留地からの行動制限内の横浜富岡海岸や片瀬海岸、神戸なら須磨海岸などが海水浴場に利用されるも、ほぼ外国人専用であったらしい。
1880年代に至ると、外国人と接する機会の多い上流階級や医師、一部文化人などの日本人が続き、「海水浴場」を名乗る海岸が各地に出現し始め、やがては1890年代を通じて一般化して往くのである。
道内における発祥は開港場函館に隣接の七重浜や開拓使本庁が置かれた札幌至近の銭函海岸とされており、お雇い外国人が利用を始め日本人が続いたものである。
遠浅で砂浜の風光明媚な蘭島海岸が海水浴場を名乗るのは1903年夏のことと記録され、それは道内における嚆矢となっている。蘭島の停車場自体は1902年12月10日に開かれていたが、平坦な線形から離れ小島的に開業した然別-蘭島間の1駅であり、それは翌夏を前にした1903年6月28日だった小樽中央への延伸に満を持したと云うことなのだろう。それには銭函や朝里浜を越えて札幌方面からの海水浴客を運んできたのである。
戸数200ばかりの漁村だった蘭島村(当時)の観光地としての発展は鉄道を抜きには考えられない。当初に徒歩連絡だった北海道炭礦鉄道の小樽と北海道鉄道の小樽中央の間、2キロばかりが、1905年8月1日に接続されれば尚更として良い。両鉄道の国有化を経て、鐵道院から鉄道省の時代に蘭島海岸は海水浴ばかりでなく、観光地・保養地に活況を迎え、多くの名士たちが別荘を構えたと云う。

戦前に訪れた、この隆盛期における海水浴臨時列車の運転については調べ得ていないが、記憶する1960年代以降なら、それらは基本的に余市着発で設定されていた。かつてに豊漁の続いたニシンなど海産物積出に整備された同駅設備の活用である。ただし、牽いて行った機関車が逆向きで築港区へ戻るのを目撃していたから、転車台は遠に使用を停止していたものと思う。勿論に蘭島着発列車も存在して、これには貨物列車の退避用だった中線が客車留置に用いられた。
蘭島での子供会海水浴は1965年のことである。帰路に乗車の臨時列車は満員の乗客を乗せた11両の客車を2両のD51が牽いた。この長大編成は函館本線が幹線ゆえの輸送力と云えよう。

通票の授受に本線を速度を落として通過して往く11D<北海1号>。
山線優等列車最末期の姿で、キハ80系編成と云えど食堂車の組成されない姿に、もはや特別急行の威厳は感じられなかった。夏期輸送の増結で2両目もキハ82である。これも特急らしからぬ編成には違い無い。
上り本線での行き違い退避は142Dの長万部行き。これに乗車してのスナップは、小沢に降りて102列車を押さえる前の駄賃だった。

[Data] NikonF3P+AiNikkor105mm/F1.8S  1/250sec@f5.6-8  Fuji SC-52 filter  Tri-X(ISO320) Edit by LightroomCC on Mac.



関連記事

コメント

こんにちは

記事を拝見して思い出が一気によみがえってきましたねえ
私も海水浴と言えば蘭島でした
小樽や石狩はあまりにも人が多くしかもとにかく浜が汚く海もごみが浮いていて全く好きになれませんでしたが蘭島は別 こどもごころに駅を降りてからものすごくテンションが上がって海水浴場までの浮輪や大きなビーチボールやイカ焼きやすいかを売ってるお店が並ぶ道のりが夏休みだぞ!と言いつつ笑ってるように見えたものです 
それになぜかここの海の温度が暖かくて海につかるのが嫌ではなかったことを記憶しています  家族での海の思い出は それこそ七重浜での一族での海遊びと(泳がない)日高の海岸での潮干狩り(泳がない)のほうが多いですけれどもね なんせ冷たくて・・・ 
写真一枚から思い出がぶわっとよみがえる、写真に残すということとっても大事に思えてきます

  • 2016/07/19(火) 10:21:09 |
  • URL |
  • Jam #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは

同感です。蘭島の駅から海岸までの沿道の賑わいは内地のよく知る海水浴場と同じでした。
海岸風景も極めて内地的だったものの、違和感を覚えたのも確かで、帰りのころになって気が付いたものです。松林が無いと。
蘭島のホームは帰り客で溢れ、今に思えばオハ62あたりを連ねただろう臨時列車は、それはもう満員すし詰めでした。

  • 2016/07/20(水) 17:01:21 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

この汽車には「食堂車」ついてるはずだと思ったんですが…

学校の同級生が「桂岡」とかいうところに住んでいて、
「銭函とか『おしょろ』(忍子路のこと?)でうにとかつぶとか潜って食ってた。」と聞き、
道南の人方は海水浴よりも「漁」のほうが一般的なんだと思っていました。
・・・「密漁っぽいけど」とはいってましたがはじめっち

この汽車には「食堂車」がついてると思ったのですが、
もう連結してなかったんですね。
「オホーツク2号・7号?」とか「おおとり」とかで
サケやイクラが入ったおいしいめしを食べた記憶がありました。
・・・弁当の記憶間違いかもしれませんがみならいかのん

蘭島の駅から海岸までけっこう歩いたような気がするのんです。
むかしはけっこう列車を使って海水浴に来ていたんすね。
列車使えば、いっぱい遊んで酒も飲めて楽しく帰れるのに、
今時期どうしても小樽での女性3人が酒気帯びの無法者にひき殺された事件を思い出すのんです。
・・・蘭島の海岸ももちっと近ければいいのにゆたか

あたいはむずかしいことはよくわからないけれど、
タブレットをひっかける機械の前に駅員さんがよくいるのが不思議なのだ。
青い旗持ってたような気がしたけど、
北海道ではそうだけど、本州じゃそうじゃなかったりするの見たことあるし、
それよりも「運転手さんがタブレット受けるとこに駅員さんいたほうがいいんでないか?落としたら大変なのだ」と
思ったりするけど、きっとのっぴきならない理由があるとは思うのだ。
それよりも、ホームをつなぐ道が各駅停車の車にふさがれているけれど、
乗るときはどうするのかわからないのだ。
手開けできる客車と違ったりするのだ。
こんな広いホームなら道ふさぐことはないと思うのだ。
・・・疑問がたくさんなのですつるみん

  • 2016/07/21(木) 15:28:03 |
  • URL |
  • はじめっち&みならいかのん&ゆたか&つるみん #-
  • [ 編集 ]

Re: この汽車には「食堂車」ついてるはずだと思ったんですが…

この場合、対向の142D列車がおりますので、11Dが通票受器に投げた通票を列車通過後に直ちに取り出して確認、すぐに線路を横断して142D乗務員に渡す動作が必要。なので受器のそばで監視する訳です。停車場によっては授器側を監視する規定のところもありましたが。
この青函深夜便接続の重要列車は、にもかかわらず1985年3月改正で食堂車を外されてしまいました。この頃には札幌に到着すると、ホーム在線のまま<おおぞら>となって帯広を往復し、上り<北海>で函館に帰る運用でした。

  • 2016/07/25(月) 16:50:09 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

隔世の感

蘭島ですかあ。隔世の感。
先日行った時には待避線が残っていたかどうかも確かめませんでしたが、
まさに大幹線の風格があったんですね。

  • 2016/07/26(火) 23:08:53 |
  • URL |
  • 風太郎 #ORZvdv76
  • [ 編集 ]

Re: 隔世の感

中線は遠の昔に外されています。海水浴臨時が運転され無くなって、もう1990年には無かったと思います。
長い乗降場に当務駅長を認め、特急列車に対向列車と、こうして眺めてみると確かに幹線の途中駅でしたね。
ただし、この86年の夏には、貫禄を失った<北海>も然りながら、たった4両編成には補機の要らない<ニセコ>と、まさに籠絡寸前の有様。

  • 2016/07/27(水) 23:47:01 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/870-1ee9819f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad