"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

興部 (名寄本線) 1983

okoppe_01-Edit.jpg

1980年代半ばまでなら、ルーラル線区にも弁当の販売駅がまだまだ生き残っていた。日高本線の鵡川や静内に様似、留萌本線の留萌、根室本線末端区間の厚岸に厚床、釧網本線の弟子屈などである。そして、名寄本線の興部もそのひとつであった。
そこでの駅弁販売開始は1961年11月と歴史は浅く、それは米田弁当店の上興部からの移転によるものと記録される。

上興部へのほぼ最初の定住者だった米田久三郎が、アカダモが生い茂るばかりの原生林地帯だった植民区画上興部17線に私設駅逓を開いたのは1906年のことであった。オホーツク岸から天塩川最深部の内陸へと短絡する交通路上に天北峠を控えて位置したこの駅逓所は、1909年には官設駅逓に買上げられるなど拠点として繁盛した様子だが、久三郎の三男久作が管理人を務めた当時の1915年に上興部三等郵便局が開局すると逓送業務が無くなり、1921年10月5日の名寄線全通には、翌年1月に駅逓そのものが廃止されてしまう。
久作はそれを見越して1917年頃から澱粉工場を経営、駅逓廃止後には菓子舗を開店し、1925年には米田弁当部として上興部駅での弁当販売の構内営業に進出したのだった。函館桟橋-野付牛間直通1往復のほか、函館桟橋-稚内間急行接続の名寄-野付牛間1往復の長距離列車が経路とするなど、名寄本線が野付牛・網走連絡の幹線として機能していた時代である。名寄から先の汽車弁当は渚滑だけだったから、商機と見込んだものだろう。
冷蔵設備も無い中でのヤマベを用いた「やまべ寿司」は道内初の事例としてこの際に売り出されていたのだが、菓子舗を生かして「こくわもち」も製造・販売し、ともに評判を取ったと伝わる。前者は1972年に購入の150円の掛け紙が残るけれど、残念ながら後者には記憶が無い。久作の妻の郷里、石川県小松・松任地域に伝わるあんころ餅(圓八あんころ?)をヒントに製造したものと云うが、コクワを餡に仕立てられるはずも無くコクワ=サルナシの葉を用いた柏餅状の菓子だったのではなかろうか。
米田弁当部の興部移転は、1961年当時に計画されていた名寄線経由の札幌-紋別間急行が上興部に停車せぬことが明らかとなったゆえである。素早い経営判断と言うべきか、1962年5月1日の運転開始に先駆けて、そこでの構内営業を始めたのだった。同日には、その急行<紋別>ばかりでなく、旭川発着で名寄線を循環する準急<旭川>や興部-網走間の準急<天都>も設定され、ルーラル線区と化していた名寄本線の都市間連絡線への復帰が成っている。この当時、既に中長距離移動に優等列車利用が一般化し、供食需要はそれに頼らざるを得なかったのであろう。

興部上り乗降場に停まる628D、名寄行き。4両編成で到着し、825Dとして興浜南線に入る後部1両を残して発車して往く。
この時も、列車到着直前に携帯容器を下げて改札をすり抜る立売りの姿を認めていた。米田弁当部は列車ごとに調製して駅に運んでいたものと思う。やまべ寿司にこくわ餅は遠に製造をやめてしまい、幕の内弁当に、稲荷と巻物の寿司だけの販売と覚えている。
米田弁当部の構内営業からの撤退(廃業?)の時期は1985年の夏前と思われる。冒頭に掲げた各駅の多くも1986年には販売を終えており、同年11月改正における、そこを走る優等列車の廃止と運命を共にしたと云うことである。

[Data] NikonF3P+AiNikkor50mm/F1.8 1/250sec@f8 Fuji SC48 filter Tri-X(ISO320) Edit by LightroomCC on Mac.

関連記事

コメント

まさか「こくわもち」の話題が持ち上がるとはびっくりです!

1964年の道内版時刻表の中に、
たしかに「名物 こくわもち」という記載がありました。
こくわのお酒やコクワジャムなどは聞いたことはありましたから、
それを「あん」にみたてて、もち、あるいは白玉、きゅうひ?でまとめたものかなと
実は気にはなっていたお菓子の一つだったのです。
…興部のすし(300円)は食べたことがありましたはじめっち

上興部といえば石灰石なんかも採れて、人口も結構多かったのではないかという印象がありました。
優等列車が止まらない理由がなぜだったかはわかりませんが、
80年代前半でも、国道沿いに商店・旅館(その時は「だるま屋さん一軒だけでしたが)もそれなりにはありました。
のちに中学校そして小学校の閉校(はその結果ですが)により、
寂しくなっていってしまったみたいです。
こくわもちの元祖が上興部だったというのは初めて聞きました。ありがとうございます。
・・・こくわもちたべたいみならいかのん

昔、和寒や弟子屈にもお弁当が売っていたけれども、
給水・付け替えなんかでたくさん停まっていた時や、
優等列車が止まるかなんかで弁当とか売っていたのすね。
・・・小沢のすしやおもちもきっと同じ経緯かもすゆたか

あたいはむずかしいことはわかんないけれど、
やまめのおすしは塩と酢で占めたものはよく食べたのだ。
最近の駅弁は「甘露煮」が多いような気がするけども、
やっぱし長持ちするからなのかもしれないのだ。
・・・しっかり酢で〆たら頭からバリバリ食えるのだつるみん

  • 2016/07/04(月) 13:34:00 |
  • URL |
  • はじめっち&みならいかのん&ゆたか&つるみん #-
  • [ 編集 ]

Re: まさか「こくわもち」の話題が持ち上がるとはびっくりです!

「こくわもち」って、どんな和菓子だったのですかねえ。当時には興味がなかったので、終ぞ知りえませんでした。
興部での「すし」300円は、1980年頃ですね。今はコンビニにいくらでも売っているような中味でしたけど、この手の「すし」弁当は大抵の駅弁当販売駅には用意されていて、携帯にも程よいサイズだったので行動食には重宝しました。
名寄線の急行停車駅選定は、同じ村内で上興部と西興部が天秤にかけられ、役場所在地側が選ばれたと云うことでしょう。

  • 2016/07/10(日) 23:51:29 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/869-0ee553ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。