"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川湯 (釧網本線) 1977

kawayu_04-Edit.jpg

御料地とは皇室の所領を指しての言葉と云う。そして、皇室を存立足らしめる天皇制は、徳川幕府より政権委譲(断じて「維新」などでは無い)を得た薩長政権が唐突に持ち出し、民衆の支配に利用した根拠の曖昧な装置である。そればかりでは無い。これは土地の収奪と隔離にも用いられた。勿論に為政者の利権確保のためである。

薩長政権は、先住民が全く預かり知らぬ間にアイヌモシリ全土の領有を宣言し、すべての土地を官有地とした。その上で、この独裁政権は、1872年の『地所規則』に『北海道土地売貸規則』に始まり、1886年に『北海道土地払下規則』を、1897年には『北海道国有未開地処分法』(旧法)と矢継ぎ早に制定し、それこそ勝手に地積処分を行った。その過程で支配階級による広大な土地所有制が確立して行ったのである。
独裁には、所詮は同じ穴の狢であり支配階級内での権力闘争に過ぎなかったのだけれど、やがて議会開催を求める自由民権運動を生ずる。強権的弾圧で対抗するも、その高揚に抗しきれぬと見るや懐柔にて沈静化を図った政権側は、1889年に非民主的な『大日本帝國憲法』の制定に漕ぎ付けると、翌1890年に第一回総選挙を施行し帝國議会の開催を受け入れた。
しかしながら、政権基盤であった国有財産への議会の関与を嫌った薩長政権は、これに先立ってそれらの皇室財産への編入を画策し隔離・温存を図ったのだった。官営に発する銀行や商社など国有企業の株式は皇室への献上を以て政府資産から切り離され、官有地・官有林は大規模に御料地への編入が行われたのである。この結果、1873年度末に約193万円だった皇室財産は1889年には975万円にまで増加したと記録される。これは大財閥と呼ばれた三井・岩崎・住友の各新興資本の合計総額を遥かに上回るものであった。
当時に釧路国川上郡熊牛村に属した熊牛・弟子屈・美留和・跡佐登原野においても植民区画の引かれていた578万坪を除く2000万坪と云う広大な官有地が1897年に皇室財産へと編入、御料地・御料林とされた。(数字出典は弟子屈町史だが、やや疑問が残る)
それは阿寒湖・摩周湖を含んで、1923年に成立した弟子屈村は村域の大半が御料地と云う特異な自治体となったのだった。そして皇室財産の観光地に、鉄道省は1936年の川湯停車場本屋の改築に際して、それに相応しい洒落た山小屋風意匠とし、果たして利用を想定したものか内部には貴賓室をも設けた。道内駅として現在までも唯一の事例である。

凍てついた川湯の下り乗降場。列車は混合636列車の網走行きである。行き違いも無いのに、ここで10分ばかりを停車する。
釧網線の客車はウェバストヒータ装備にてスチームの上がらないのが物足りないけれど、静まり返った中に低く唸るそれの動作音と微かな石油臭も、二度と帰らない鉄道情景だろう。
19時前はまだ宵の口に過ぎないが、日没の早い道東なら早くも深夜の趣ではあった。シャッタを開け放って絞り込んだレンズに夜を吸い込ませるのはモノクロームの、それも銀塩の領域と思う。

今に続く保守勢力の権力基盤は、天皇制を隠れ蓑にした姑息な収奪により築かれた。蝦夷地に限れば侵略と略奪と云うことである。とは云え、当の天皇自身もまた加担した罪は免れ得ない。被災地見舞い好きな千代田区在住の好好爺夫妻は極めて真っ当なリベラルに見えるのだが、曾祖父の行状をどう振り返っているものか、興味深い。

[Data] NikonF2A+AiNikkor50mm/F2 bulb@f8 NONfilter Tri-X(ISO320) Edit by LightroomCC on Mac.

関連記事

コメント

空気が澄んでいそうなのだ

自分らには難しいことはよくわかりませんが、
「自由民権運動」にしてもリンカーンの「奴隷解放宣言」にしても、
権力闘争や戦争に有利に働くように権力者が画策するものなんですね。
・・・選挙考えなきゃみならいかのん

旭川近郊や増毛信砂に
「御料地」があったのは知っていましたが、
弟子屈にもあったんですね。勉強不足道東に住んでて灯台下暗しです。
川湯の貴賓室、あれは皇室仕様だったんですね、来たとは聞いたことはありませんでしたが・・・
・・・地方になんのためとは思ってはいたんですがはじめっち

混合列車には乗ったことはないけれど、白と黒の世界に
着雪・着氷してない客車と超新星爆発したかの如くの電灯の明かりが
なんともも寒々冷え冷えに感じるのんす。
スチームのぼんないほうが寒そうす。
・・・写真のなんたるかとか技法とかはまったくわかんないのんすがゆたか

あたいはむずかしいことはよくわからないけれど、
むかしうちに「シャッタースピード」AとかBとかいうカメラがあったのだ。
・・・さわらせてもらえなかったのだつるみん

  • 2016/06/30(木) 15:08:07 |
  • URL |
  • みならいかのん&はじまっち&ゆたか&つるみん #-
  • [ 編集 ]

Re: 空気が澄んでいそうなのだ

御料林の大半は、戦後の日本国憲法下で国有財産に戻されたのですが、弟子屈町の広大な山林は何故かリスト漏れしてしまい、2001年まで宮内庁すら認識していない「御料地」でありました。これが発覚して、宮内庁はあわてて返還しようとしたものの受け手がおらず、未だに国有林でも道有でも町有でもなく、国が管理しながらも所有者がいないと云う不思議な土地となっています。その後解決したのかも知れませんが。

貴賓室が皇族の利用を想定したものかは、些か怪しいと思っていますが、戦後のことながら天皇裕仁が立ち寄っています。

  • 2016/07/04(月) 00:17:47 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/868-3e8cf94b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。