"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

釧路 (根室本線) 1978

kushiro_10-Edit.jpg

釧路駅前を左手へ線路沿いの道路を進めば、程なく旧釧路川に架橋の旭橋に達し、そこから川上方に根室本線の釧路川橋梁を眺められた。駅至近のお手軽な位置でもあり、幾度も立っているのだけれど、その分だけ雨傘(釧路なら霧傘と云うべきか)だったり、時間的に動きのとれない場合の代替地だったりで、あまりまともな写真は残っていない。

1917年12月1日の釧路本線の厚岸までの延長に際して架橋の鉄道橋に対して、旭橋はずっと時代を下った戦後の、しかも高度成長期とされる時代にあたる1966年10月12日の開通である。この永き間、釧路川左岸から業務市街地へは1889年から所在の幣舞橋(最初の架橋時には愛北橋)もしくは1933年12月に架橋の久寿里橋まで迂回せねばならなかったから、当時の都市計画を閲覧したではないけれど、増大した市街地交通量には3本目の架橋を要したには違い無い。
戦後間も無い1947年の空中写真に農地の広がる左岸側の段丘上部は、1961年には宅地への転用が始まっていた様子が見て取れ、架橋直後の1967年となれば街路の整備が進み僅かばかりの畑作地を残すのみと成っている。旭橋により中心街へのアクセスが格段に向上した証左であろう。
その架橋位置は材木町の町名が示す通り川沿いには原木の野積場が続いていたところであるが、同じ1966年の9月1日には上流右岸の釧路村(当時)と跨る位置に釧路水面貯木場の供用が始まったこともあり、旭橋たもとの鉄道橋までのそれの移転した跡地河岸へは1967年には岸壁を伴った施設が建てられていた。そこには漁船の係留も見てはいるけれど、裏手には釧路臨港鉄道からの側線(専用線?)が引き込まれており、何らかの(おそらくは肥料関係の)工場だったと思うものの、施設名は失念している。岸壁が魚揚場では無かったのは確かである。鉄道橋の北側に接しては、戦前からの艀製作所である天寧造船所が健在で、そのせいか艀も多くが繋がれていたと記憶する。
釧路駅前から至近ながらのこの場末的河岸風景は、中小製造業が市街地に同居し都市河川が輸送路であった時代の当たり前の景観ながら、1967年5月25日付で成長する都市外縁の工業地域である西港に注ぐ新釧路川を釧路川とし、ここは旧釧路川と改められるなどの動きとも無関係では無かったようにも思える。前年には岩保木水門が完全に閉じられ、確かに釧路川とは分断された存在となっていた。

釧路川橋梁を渡るのは終着間近の混合444列車。
場末感をより一層に深めていたのが、鉄道橋直下の水面に朽ちるままに係留された木造の曳舟に筏だった。1967年の空中写真に認められず、70年夏に橋梁を通過した際には見ているから、その間に繋がれて放棄されたものだろう。
とは云え、写真の鉄道屋には格好の写材であり、旭橋に立つ度にそれを画角に取り込んでいたのが、この頃のネガに見て取れる。

旭橋はおよそ30年を経過した1995年に架け替えられ、その際に左岸の旧国道44号への接続ばかりでなく、緩やかな勾配にて城山の台地に取り付き、材木山の手トンネルでそこの住宅街に直接に達するところとなった。雑然とした工場や土場が全て取り払われた河岸は、北海道開発局による釧路川水系の治水事業を兼ねた河川整備計画(ふるさとの川整備事業)にて遊歩道の続く河岸公園化が進んでいる。
単行の気動車に趣味の悪い観光列車ばかりには、久しく此処に立っていないけれど、その無理矢理感溢れる余所往きの景観はとても居心地が悪そうだ。ただ、2001年4月5日に至って、ここが再び釧路川の名称を取り戻したことは喜ばしい。

[Data] NikonF2A+AiNikkor180mm/F2.8 1/500sec@f5.6-8 Y52 filter Tri-X(ISO320) Edit by LightroomCC on Mac.

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/864-13d893fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad