"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

豊浦 (室蘭本線) 2002

toyoura_23-Edit.jpg

以前にもここで触れたと覚えている。クロソイのことである。
北関東から北海道小樽に移り住んだ家族が、そこで出会った北の魚のひとつがそれであった。本人は幼少の時分のことゆえ、以下は全て後年の母からの聞き書である。
小樽駅に立ち昇る蒸機の煙を望む坂道の借家に落ち着いて早々に、ご近所から「煮付けにせよ」と頂いたのが最初らしい。些かスパルタンな背ビレ・胸ビレの魚体に慄きつつも調理してみれば上品な白身魚で、買い物に出た市場では、海水の滲みた魚箱に数尾がまとめて安価に売られ、そこでの惣菜魚と知る。事実、煮付けに限らず焼いても美味しく、加えてアラからは良い汁が出て、捨てるところが無かったと云う。
調べてみれば、このカサゴやメバルの仲間は北関東から三陸への太平洋岸も生息域としているから、那珂湊や平潟などの漁港にも水揚げは在ったと思うのだが、漁獲が極めて少なかったか、その姿が市場に嫌われて商業魚に成りえなかったのかも知れない。ともかく、この時代にクロソイは北海道の大衆魚であった。手稲町に転居してからも食卓には随分と上って、その魚体は目に焼き付いていた。

道内を去ってしまえば出会うことも無くなっていたクロソイへの再会は、1980年代半ばのこと、やはり道内の函館であった。連絡船深夜便までの時間つぶしに暖簾をくぐった、大門仲通あたりと記憶する横丁の呑み屋である。割烹着の女将から「珍しいっしょ」と供された「曹以のルイベ」は実に美味く、その夜はそればかりを肴に酒を舐めることになった。
帰京してからも、刺身で食らうソイが忘れられず近所の魚屋に相談すると、この当時でも築地市場までなら固定顧客向けに少量が活けで入荷していることが分かり、横浜市場経由で引いてくれた。この魚を不知だった当の魚屋も、試しに取引のある居酒屋に卸してみれば評判に気を良くしていた。美味いものは知れ渡るのが早いのか、1990年代初頭には道内産が安定して入荷するようになり、それには三陸地域からの養殖モノも加わるのだった。ただし、値段はやや高めで、道内の惣菜魚もここでは高級魚の扱いである。旬のはっきりしない魚なのだけれど、やはり冬を美しとしたい。

ソイの語源が「いそいお」(磯魚)の転訛と言われているように、それは岩礁域を住処とする。勿論噴火湾にも生息しているのだけれど、胆振管内でも太平洋岸の苫小牧漁協やいぶり中央漁協(登別)、室蘭漁協が知事免許による第2種共同漁業権に「あいなめ・かじか・めばる・そい刺し網」漁が含まれるに対して、噴火湾岸のいぶり噴火湾漁協のそれでは「あいなめ・かじか ・ほっけ刺し網」とあり、メバル・ソイが落ちている。つまり漁獲対象とされていないのである。湾内には岩礁域の少ないものか、生息固体数に差があるのだろうか。
けれど、おかげで噴火湾のクロソイは釣り魚である。磯に寄って来る夏場には「おかっぱり」でも30センチ級が釣れるらしいが、やはりシーズンは冬、噴火湾に乗り出す釣り船からなら60センチクラスが揚がる。刺身はこれくらいが旨い。

噴火湾を背景に貫気別川橋梁を挟む反向曲線区間を往くのは、8005列車<北斗星81号>。定期2往復よりB寝台車が2両少ない10両が基本編成だった。
豊浦定番の画角は幾度もの既出をお詫びする。
麓の畑作地からが精一杯だった俯瞰が、それに続く斜面の一斉伐採により一気に高度を稼げるようになった頃である。この日は橋梁を浅い角度に見る位置まで上っている。並行する道路を画角から外すためなのだが、今にみればここでの俯瞰には些か高度を稼ぎ過ぎと感ずる。
さっぽろ雪まつりの頃と云えば、豊浦沖の噴火湾は大物クロソイの釣果が期待出来るシーズンなのだが、そこへの釣り船は豊浦港にはおらず虻田港や八雲港から出港する。

[Data] NikonF5+AT-X300AF PRO 300mm/F2.8D 1/250sec@f5.6+2/3  C-PLfilter  Ektachrome Professional E100GX [ISO160 / 0.5EV push]  Edit by PhotoshopCC on Mac.

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/860-4a18b31b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad