"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

端野 (石北本線) 1973

tanno_02-Edit.jpg

1973年の秋の渡道で端野に降り立った経緯は前の記事に書いた。40年も前の旅の記憶は失われつつあるけれど、当日ですらはっきりしない運行予定には振り回され、情報の収集に鉄道電話を随分と掛けさせてもらったものだった。
端野で捉えた522列車も前夜の網走駅への問い合わせでは、網走-北見間運休との報が、517列車・夜行<大雪>で到着した早朝の北見駅に拠れば、乗務員の手配が付いたゆえに急遽運行が決まったとのことだった。かと云えば、運行と聞いて釧網線の緑で待っていた列車がいつになっても来ないので駅に戻ってみれば、斜里からの乗務員が結局確保できずに同駅で打ち切りと云うような破目に会いもした。蒸機末期のこの時期に渡道していた諸兄も多いはずで、同じようなご経験をされたものと思う。
携帯端末でのリアルタイムの情報収集など考えられもしないこの当時、遠い駅間まで歩くリスクには駅近辺や駅撮りばかりがネガに残る旅になった。

始めて降りるところの端野は、上り本線と下り本線とその外側に副本線(待避線)を有する教科書的配線で、駅本屋に接する上り乗降場には下り乗降場が島式であった。貨物施設は駅本屋上り方に隣接して上り本線から貨物積卸線1線が分岐、副本線からも油槽所と農業倉庫へと側線が分かれていた。この時、どの積卸線は疎か副本線も貨車で満線だったのは、貨物列車の運休にともなう滞留車の疎開だったろう。
前の記事に書き漏らした肝心の駅本屋は、1933年改築と記録される2代目本屋であり、その際のスナップから読み取れば、鉄道省工務局による「小停車場標準図」(1930年10月6日工達第875号)の五號型に準拠したと思われる規模に見え、1935年の「建設線建物設置基準」(1935年10月29日建工達第1282号)に当てはめれば1日あたり600人を越える利用を想定していたことになる。1930年の端野村は戸数1042戸に人口6430人と記録されており、鉄道がほぼ唯一の交通機関と考えれば、なるほど想定に近い需要は存在したのであろう。1975年でも1415戸・5568人を擁した端野町だが、道路交通への需要流失には勿論過剰な設備となっていた。
旅客に貨物を扱い、運転も担う当たり前の一般駅の、その広い待合室に弘済会の売店が所在したかには記憶が定かで無い。

調べてみての新たな発見は、調合漆喰の商品化に1920年代半ばを境に事例のなくなっていた木造総板張りの質素な駅舎が1933年に建てられていた事実であった。物資不足に陥った戦時下に幾つかの例は存在するのだが、それらを除けば道内最新の板張り駅舎であったろう。満州事変が勃発し、戦争へと傾斜する時代、それが建築費削減の事由だろうか。最新とは云え、築58年を迎えた1991年に端野町の公共施設との合築駅舎に建て替えられて消滅した。

写真は、端野を出発して往く522列車。
この当時には旭川で832列車と列番を変えながらも網走から小樽まで、日中の13時間を通す列車であった。北見まで標準勾配の6.8パーミルには発車から基本的に力行が続く。
前の記事に掲げたカットの前コマである。

[Data] NikonF photomicFTN+P-Auto  Nikkor50mm/F2  1/250sec@f5.6 Y52filter  Tri-X(ISO400) Edit by LightroomCC on Mac.

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/857-36716c25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。