"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細岡 (釧網本線) 1985

hosooka_08-Edit.jpg

蒸機の末期から飽きるほど通った釧網本線なのに、細々と残っていた中斜里着発の貨物列車が1996年に廃止されてからと云うもの、一度も撮っていない。1984年2月改正では混合列車(実質には客車列車だったけれど)が無くなり、86年11月改正で貨物の大半に優等列車まで喪失しては、前述の中斜里貨物を思い出したように撮るだけになっていたのだが、それすら失われての単行気動車ばかりには、あの沿線風景と云えども食指が動かないのである。
けれど、単なる旅行者としてならその後も幾度か全線を乗り通している。かつてに自分が立った位置を確認しながらの旅は、この四半世紀を越える歳月を感じさせる車窓でもあった。
降りる気にはなれない北浜の喧噪ぶりは論外として、沿線は極度に過疎が進行しているはずなのに網走近郊や斜里原野区間では建造物を煩わしく感ずるし、河川敷に樹木が大きく成長した猿間川橋梁では海別岳を背景に編成列車を捉えるのは既に困難だろう。
けれど、変容の著しいのは標茶から先、釧路湿原の区間と見える。一言で云えばハンノキの群落が増えた。釧路川へと流れ込む細い川筋はヤチダモが教えてくれるし、加えてはカエデやらヤナギの灌木だろうか。その樹林帯の確実な進出に、ヨシやスゲにコケ類の高層湿原群落の面積縮小が素人目にも見て取れる。これらは土砂堆積とそれにともなう乾燥化傾向を明らかに示していよう。

陸化型の湿原は、低層から中間、高層へと推移して、やがては陸地と化する。縄文海退による潟湖に発する釧路湿原は、まさに植生学の教科書どおりの「湿性遷移系列」の途上にあるには違いない。けれど、数千年を経ての泥炭の堆積により形成された湿原である。前に 植苗 (千歳線) 1970 で勇払原野のウトナイ湖周辺湿地についても書いたけれど、現在に我々はその何千年目かに訪れる陸化への最終遷移に偶然にも立ち会っている訳では無い。この50年にも満たぬ期間での景観の変容は人為的結果と云わざるを得ない。
それは、19世紀末期以来の湿原を囲む丘陵地の開墾にともなう土砂流失と、そこでの経済活動にて生じた栄養塩類の涵養水源への流入がもたらしたとされている。戦後に至っての湿原内河川河道の直線化では氾濫原が失われ、結果的に増した土砂流送量に堆積は進み、湿原内にも及んだ農地化が拍車を掛けたと云えそうだ。
薄暮の車窓など特に、かつても現在もただ茫漠たる湿原風景の過ぎ行くに見えるけれど、その景観は様変わりしたとして過言でない。

幾度も通った細岡の遠矢方、中丿沢川出口の陥入部をR=362M曲線の築堤で渡って往くのは3692列車。
此の頃には、後部の石灰石を積んだ無蓋車を中斜里で切り離しての北見行きであった。
背景の湿地を横切る中丿沢川の流路沿いには、たかだか30年を経た今にハンノキにヤチダモが密生するに至っている。土砂の堆積は、やはりこのような「入江」から進むものか、背後の丘陵地からはエゾイタヤやシナノキの樹林の進出が著しく、ヨシ原に最早湿地を湿原に足らしめる「湿原植生」の群落は存在しないだろう。
このように書いておきながらなのだが、実はここを含む達古武沼周辺地域でのハンノキ群落の面積は減少している。皮肉なことに、陸化したそこが農地へと転用され続けた結果である。
=参考資料=
釧路湿原達古武地域自然再生事業実施計画書(2005年環境省北海道環境事務所)

[Data] NikonF3P+AiNikkor180mm/F2.8ED 1/500sec@f5.6 FujiSC42filter Tri-X(ISO320) Edit by LightroomCC on Mac.

関連記事

コメント

釧網本線が通っていなかったら、
自然的なサイクルを地球規模的時間を
ゆっくりとかけて湿原の変化が
見られたのかもしれませんが…
そうなると、このような素晴らしい写真は
存在しなかったかもしれません。
人間にも自然にも都合がいい変化って
なかなか存在しないようです。
・・・みならいかのん

東鹿越の石灰石は、じゃがいも・てんさい何に使われたかわかりませんが、
自分らとしては、北見の玉ねぎ列車よりも身近に感じられました。
ときどき、液体を運ぶタンク車も
たくさん連結して走っていました。
(これは勘違いかもしれませんが)
・・・はじめっち

湿原の植生はよくわかんないけれど、
つるを観察していると、営巣場所が変わったり、
子育て成功率が変わったりするのが
わかりやすかったりするのだ。
仕方のないことなのでけど、
湿原は確実に乾いてきているのだ。
・・・つるみん

中斜里の猿間川から見る斜里岳が
キバがあってとてもかっこいいのです。
猿間川沿いは釧路湿原と同じで、
けっこう葭原があったりしたけれども
最近はすくなくなってきたのでんす。
山からの水は豊富なはずなのに、
やっぱし乾いてきているかもしれないです。
・・・ゆたか

  • 2016/03/28(月) 12:56:32 |
  • URL |
  • みならいかのん&はじめっち&つるみん&ゆたか #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

コメント、ありがとうございます。
砂糖に石灰石、とは何とも解らぬ組合せですが、消石灰+二酸化炭素による反応にて生ずる炭酸カルシウム(CaCO3)が、粗糖を煮込んだ汁から不純物を除去し精製するらしいです。で、その炭カルはどこへ往くのかとか、やはり良く解りません。
ともかくも東鹿越の石灰は、ほぼ全てが中斜里へ運ばれていましたね。この頃まで、中斜里着発の設定は無くて、釧網線貨物は全てが北見発着だったと記憶します。
タキやタサを連ねたタンカー列車も勿論ありました。釧網本線は釧路港とオホーツク岸を連絡する貨物の重要幹線だったのですがねぇ。

  • 2016/03/29(火) 23:28:31 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/854-13545538
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。