"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

南稚内 (宗谷本線) 1972

minami_wakkanai_11-Edit.jpg

南稚内で直進する天北線から右に大きく旋回した宗谷本線は、エノシコノナイ川が煩雑に曲流を繰返す露出した周氷河地形を日本海岸へと向かう。けれど、熊笹の低湿地の細い流れは車窓に確認することは出来ない。降雪が降り積もって、ようやくに川筋が露となる程度である。客車急行となった<宗谷>に通った頃のこと、ポジションを探して雪原を歩き、それにすら気がつかずに雪を踏み抜いた足元の水流に慌てたこともある。
川、と云っても小川ほどなのだが、それらしくなるのは稚内高校のグラウンドからこまどりのスキー場下あたりからのことだったけれど、周囲が宅地に開発された今には流路が改変されてしまい、つい上流の原始河川然とした流れとは一変する。道の管理する二級河川としての指定区間もこれより下流とされ、上流側は河川扱いされていない。
かつての天北線路盤を転用した市道と交差するあたりからは、流路こそ変わらぬものの、周囲の市街地には護岸に囲まれ水路と化し、さらにかつての河口からの埋立地内は三方をコンクリートに固められた単なる直線水路である。
それでも故郷の水が呼ぶものか、秋口には鮭がそこを遡上する。建て込んだ住宅の中の三面の水路を遡る鮭の図と云うのは、何やら飛騨古川や津和野あたりの用水路に泳ぐ鯉と重なって何とも切ない。産卵場所はスキー場下からさらに上流の細い流れと思われるが、残念ながらその時期に覗き込んだことは無い。

エノシコマナイとは先住民による「川と川の間の川」の意であり、稚内丘陵からオホーツク海側に流れ出るクサンル川とウェンナイ川に挟まれた水流を指している。和人は、これに犬師駒内の字を当てたのだが、鉄道省は「犬獅駒内」を採用して、今も第一と第二の犬獅駒内川橋梁にその名を残している。

写真は、かの高名な利尻富士の標柱の建つ旭川起点251K096M地点に達した1396列車。稚内を昼に出る音威子府への解結貨物列車だった。
13年後の 抜海-南稚内 (宗谷本線) 1985 と全く同じポジションである。ハエタタキこそ無くなっているが、大火に焼失した樹木が寒冷に再生しない景観は全くに変化が無い。そればかりか、さらに30年後のつい先日の撮影でも同じ光景を眼にして来た。列車がいなければ、何時の時代の撮影か判別出来ぬだろう。
かつて中間線路班が置かれていたと推定される標柱位置の裸地が痛々しいが、ここの笹の植生は現在にも完全には回復していない。此の地点が抜海-南稚内間での宗谷丘陵のサミットであり、エノシコマナイ川の水源のひとつは、カーブに消えて往く線路のすぐ先あたりになる。

[Data] NikonF+AutoNikkor135mm/F2.8 1/250sec@f8 Y48filter NeopanSSS Edit by LightroomCC on Mac.

関連記事

コメント

十数年前に通学で毎日通りましたが、その頃と全く変わりませんね。
むしろ昔のほうが、街は賑やかだったのかもしれません。

  • 2016/03/12(土) 20:57:02 |
  • URL |
  • shut‐in #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

コメント、ありがとうございます。
通学、と申しますと豊富方面から稚内高校あたりへと云うことでしょうか。
南駅の周辺では、下り夜行急行の朝駆けにグランドホテル(だったか?)に泊まったり、朝方の呑み屋の閉店まで粘ったりで、
それなりの飲食街が在ったように覚えていますが、つい先日の十数年振りの再訪では、確かに寂しくなってしまっていましたね。
けれど、市街地は確実に拡張していて、稚内高校がすっかりと住宅街に囲まれている様には驚かされます。

  • 2016/03/13(日) 00:59:22 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/852-94925702
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad