"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

木古内 (海峡線) 2008

kikonai_02-Edit.jpg

何度か通過したことのある過日の木古内構内の様子は、配線略図が手元に在って知れるのだが、江差・松前線列車の分割併合の僅かな合間に眺めただけには、実見の記憶はあまり定かでない。駅本屋に接した乗降場が不自然な程に幅の取られていたのと、幾本もの側線を擁した構内が印象に残る程度である。入場券を求めて窓口まで訪ね、アルミ製となっていた建て付けの悪い入口引き戸を抜けて駅前広場に出たのは覚えているが、肝心の本屋の記憶が無い。Webを手繰って写真を探し出してみれば、これと云った特徴の見られぬ安普請な姿には無理も無いと云うものだ。
略図に見る、本屋に接する1番線と島式乗降場を挟む2・3番線の配線は、3番だけが江差線としか繋がっていない。この当時のダイヤで木古内-江差間列車は始発・終着の1往復だけだったから、主には日中の函館との区間列車の折り返しに専用されたことだろう。大半だった江差方面と松前方面の併結列車は1・2番線に着発したことになる。
余談になるが、ここでの併結順位は、下りが松前行き前併結で、上りは江差発が後併結に統一されていた(上下は海峡線を基準に改められた現在とは逆である)。つまりは松前からの編成なら函館で折返して、今度は江差行きとなる循環運用が組まれており、運用距離を平準化する工夫だったと思う。
この当時にも、廃止された函館機関区木古内支区の検修庫が残され、数両の気動車が仕業を待っていたのは覚えている。

側線の並ぶ構内は1930年10月25日の開駅当時に、木古内が林業の拠点だったゆえである。構内北側には製材工場が進出し、檜山南端の山林から切り出された木材は構内に隣接する土場に集積、製材となって貨車積みされたのだった。木材とは勿論に「檜山」の由来ともなった原生林のヒノキであり、また戦後には拡大造林政策下にて急増したスギでも在った。和人の移住・定住が早かったこの地域で内地から持ち込まれたスギの造林は1800年代初頭までには始まっており、現在にも木古内町・知内町・福島町・松前町の人工林蓄積量は、スギが道内での主要な造林樹であるトドマツを上回っている。
1988年の海峡線開業に合わせての乗降場増設や青函トンネル関連の救援基地設置は、国内林業の衰退にトラック輸送への転移進展に遊休化していたこれら貨物設備や機関区用地を活用してのことであり、新幹線駅舎建設も同用地を転用してのことである。

木古内へ接続する海峡線には、駅手前に将来の新幹線線路との分岐を予定した線形が用意されていた。新幹線設備も建設された今、この分岐点は何と呼ばれるのだろう。運転上には新在ともに木古内の場内扱いであろうから、敢えて付名の必要はないのかもしれない。
その分岐線形を高架から降りてR=600の反向曲線で木古内構内へ向かうのは3099列車(現ダイヤでは99列車)。福岡タから遥々とした行路である。奥羽本線の矢立峠で待てば<あけぼの>の露払いのようにやって来た列車だが、ここでは夕空を背景に下り来る。
日本貨物鉄道が新製したED79 50番台のパノラミックウィンドウが5度傾斜した前頭形状は、ED93に貫通路を追設したED77901を思わせ、改造図面を使い回したような輪廻を面白く思ったものだった。

[Data] NikonF5+AiAFNikkor ED180mm/F2.8D 1/500sec@f5.6 NON filter Ektachrome Professional E100GX [ISO160/0.5EVpush] Edit by LightroomCC on Mac.

関連記事

コメント

こんにちは

海峡線もついこの間のことと思っていましたのに
もう新幹線が開業するなんて いかに自分が取り残されているかと思います
そのくせ江差線の存在がもうずっとずっと遠い過去のような気がして
木古内の地元の方々はもっともっと心騒がすことの連続なのかな いやそれよりももっともっとしっかししていてこの流れを見据えているのかもしれませんね 

  • 2016/02/19(金) 10:09:10 |
  • URL |
  • Jam #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんばんは。

白滝の駅にはポスターの一枚くらいは掲示されていそうですが、遥か彼方の出来事でしょうね。
新函館止りの北海道新幹線は、果たして東海道以来の新幹線神話のとおりに成功するものか。首都圏から函館に限らず道内各所へは早割やら特割の航空券の方が遥かに低廉なのですからね。
青函観光圏などと云ったところで青森函館間はそれぞれ「新」駅での列車待ちに乗継ぎで現行からの新幹線運行での短縮効果が減殺される有様。ブームが到来しても喜ぶのはターミナルが市街地により近いフェリーでしょうか。船旅も味わえますし。
木古内は、それこそ全国区の駅名に仲間入りするかも知れませんが、新幹線駅の利用者数では、将来に渡って「いわて沼宮内」・「奥津軽いまべつ」と並んで下位3駅を定位置としそうな気がします。

  • 2016/02/20(土) 23:48:42 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

こんにちは。
機関車も新しいものに変わり、青函トンネル開業時の車両は皆、いなくなりました。素敵なお写真、楽しませて頂きました。
もうすぐ、北海道新幹線の開業ですね。新幹線と在来線貨物列車の並存など、興味深いとも思いますし、技術力もあるのだろうと感じられる要素もありながら、根本的には、首都圏中心の発想だけに終始し、対局は札幌しか見ていない思考回路が残念でなりません。
市街の拡散が、時には住みづらさにつながることは百も承知のはず、対首都圏では航空利用が今後も多いことを考えれば、現在の函館駅に新幹線駅も設けて欲しかったと思います。その方が函館空港との連携も時間の面で優位です。
先日木古内駅を訪ねましたが、江差線・海峡線の改装された駅舎には既にJRのロゴはありませんでした。
新幹線駅は新しく確かに綺麗で、ただ周辺を区画整理しているのでしょう、本当に何も無くなってしまったこの新幹線駅を使うのは誰なのだろうと、疑問に感じざるを得ませんでした。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

  • 2016/03/19(土) 10:18:04 |
  • URL |
  • 風旅記 #O7xVy9HA
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんばんは、風旅記さん。

新函館の「函館ライナー」ホームは、将来の新幹線上り副本線の位置に重なって設けられていますね。
その線路を函館まで改軌すれば新幹線列車の函館乗入れも実現しますゆえ、札幌開業の暁に函館札幌間列車が函館本駅に着発するのは、関係部署では基本的認識なのかも知れません。
函札を1時間程で運転すると云うに新函館で乗換えの生ずるのは、都市間連絡として致命的欠陥でありましょうから。

  • 2016/03/29(火) 23:52:20 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/851-ae2af70b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad