"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

厚賀 (日高本線) 1986

atsuga_05-Edit.jpg

厚賀に降りて駅前を見遣れば、集落を貫く道路が線路に併行している。駅入口から東側が道道208号比宇厚賀停車場線、西側が日高町道5号線とされるこの道は、元には室蘭市から浦河町に至る国道235号線の構成区間であった。今は住民の生活道路であり両側に住宅やら商店が続き(多くは廃業状態ではある)、駅正面には広い敷地の製材工場が立地するのだけれど、これが国道に指定される以前、仮定県道南海岸線であった時代の地図を閲覧すると、その南側直下まで痩せた海浜の海岸線が迫っているのが見て取れる。
現状は人工的に埋め立てられたのでは無い。昨年の隣接海岸での線路路盤流失が記憶に新しいとおり、波浪災害に悩まされて来た地域にかかわらず汀線が遠のくとは不思議な気もするが、これは漂砂の堆積にて形成された土地なのである。切っ掛けは厚別川河口西側に築港の厚賀漁港であった。

日高地域の沿岸は、単調な海岸線に沿って段丘や砂丘が発達した浸食には極めて脆弱な地形を示し、加えて太平洋へと流入する中小河川の多数には砂の供給源に事欠かず、大量の漂砂が海中に存在している。そして、北西から南東方向への海岸線には冬期の季節風も春から夏期に三陸沖から根室沖へと北上する低気圧の呼び込む南風も、海岸線に併行方向の沿岸流を生じさせるところとなっている。ここでは、西向きのそれが東向きに卓越して古より河川河口には西側に大きな砂州の発達が見られた。
そのような沿岸に築港のための防波堤のごとき突起物を置けば、そこを始点に堆砂現象を生ずるのは自明の理であり、その港湾は漂砂流入に依る埋没に悩むことになった。1948年に着工された厚賀漁港も例外ではなく、漂砂流入阻止から港左岸の防波堤(南防波堤)中途から沖合へと湾曲した防砂堤を設けた。それは水深の浅い側に堆積を進め、先端側には堆積させずに浸食すら期待するものであったが、その意図に反して防砂堤を延伸しても構内埋没は避け得ず、都度に左岸の汀線は前進して、1960年代末までには現在に見る埋立地の如き陸地を生むに至ったのだった。そればかりではない、砂の供給を絶たれた右岸側は一層の浸食が誘起され、清畠との間で線路も道路も内陸移設を余儀なくされたのは、このためであった。
日高本線の不通を呼び込んだ大狩部側での路盤流失も、元はと云えば厚賀と同時期の節婦漁港の築造により、新冠川や静内川からの大量の土砂が、右岸にあたるこの海岸に供給されなくなり次第に汀線の後退したゆえであろう。北海道旅客鉄道や北海道は、語らずとも天災としている様子だが、節婦港を掘割にしなかった謂わば人災である。

さて、かように僅か20年程で出現した新たな土地は当然に国有地と思われるのだが、そこには個人の住宅ばかりか、先に述べた通り工場まで立地している。その所有権の変遷とは如何なものなのだろうか。
延長297メートルの厚別川橋梁を往くのは、704D<えりも4号>。たかが3両組成とは云え、ここでは急行型が急行らしく見える、札幌から直通の堂々たる優等列車だった。
今は写真のとおり海中を渡るような橋梁ではあるが、厚賀漁港の築造前には沖合に大きく砂州が発達して河口は駅の南方あたりに位置し、橋脚も大半が砂地に埋もれて、確かに「河」への架橋であった。写真中央に見えるコンクリート張りの水路がかつての厚別川流路の名残であり、今は美鈴川の放水路を成す。橋梁から彼方厚賀漁港防波堤までが、漂砂の堆積にて出現した土地である。

[Data] NikonF3P+AiNikkor50mm/F1.4S 1/500sec@f5.6-8 Fuji SC52filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopCC on Mac.

関連記事

コメント

自然を御すること

驚くべき博識には感嘆するばかりです。
厚賀漁港辺りは行った時に撮りましたが、そんな来歴があったとは。
理詰めに考えれば予測できる事とはいえ、
目の前にすぐ見れるものには関心が湧きますが、
長い間に少しづつ形を変えていくものまで想像が及ばないのが実情でしょうね。
自然を御していくのは難しいもの、
そしてその自然とギリギリにせめぎあっているのが日高本線なのでしょうね。
祈る復活。

  • 2016/02/08(月) 21:07:46 |
  • URL |
  • 風太郎 #ORZvdv76
  • [ 編集 ]

Re: 自然を御すること

日高地域に限らず、平坦な海岸線の多い北海道においての漂砂対策とは、拓殖初期からの課題と見え、CiNiiあたりを検索しますと多くの学術論文がヒットします。当初はそれにより河口が定まらない大河川の治水上からと伺えますが、小規模港築港の時代となれば埋没に悩まされてのことと読めます。数々の研究の積み重ねにて、有効な対策の立案がようやくに近年のこととも知れます。とは云え、港湾の保全が図られただけで、堆積と裏腹の侵食には護岸強化しか選択肢の無いようです。
日高本線確保の抜本策は内陸移設となりましょうが、それには北海道旅客鉄道が復旧に試算する38億円では済みますまい。皮肉なことなのですが、日高本線中、鉄道省が内陸に建設した浦河以東区間の日高海岸は、基礎岩盤が露呈するほど浸食が極限まで進んで安定しているそうです。

  • 2016/02/09(火) 16:50:56 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

また恐縮ですが

聞き忘れましたが、この時代、大狩部側の線路を見下ろすアングルは得られなかったのでしょうか。
牧草地として古くから拓かれていたお立ち台のように見えましたが。

  • 2016/02/10(水) 01:06:19 |
  • URL |
  • 風太郎 #ORZvdv76
  • [ 編集 ]

Re: また恐縮ですが

勿論撮っています。
この立ち位置は牧草地外れから少し下がった斜面ですが、振り返って20メートルほど往けば件の画角です。
厚賀-大狩部 (日高本線) 1984 でサイト内検索を掛けていただければ。

  • 2016/02/10(水) 10:46:06 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/850-bb192df0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad