"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

猿払 (天北線) 1985

sarufutsu_05-Edit.jpg

天北線(当時の北見線)への気動車運行は1955年12月1日に音威子府-稚内間の混合列車1往復を置替えたのが始まりである。その秋に稚内機関区へも投入されたキハ48000(称号改正後のキハ11)が運用された。そして、年の明けた1956年2月26日には、それの増備とキハ10000(称号改正でキハ01)の配置を受けて、早くも貨客分離が実現していた。列車本数の少なさもあろうが、これは宗谷本線の名寄-稚内間に先駆けてのことだった。
この際に、混合列車から貨車を引継いだ蒸機の牽く貨物列車が幾本設定されたものかは解らぬが、手元に資料の残る1963年10月改正ダイヤには790から793列車の4本に、音威子府-浜頓別間の区間列車2本の計3往復が見て取れる。全線を通す4本は全て昼間の運転であり、この頃に小石-曲淵間の峠に立てば、その全てを異なる光線下で撮れたことになる。これの削減は1968年10月改正であり、沿線物流の道路輸送への移行は早い時期から始まっていたのだろう。
道北へと遠征を始めた頃の浜頓別以北での1往復運行は、貨物の3往復に加えてC55の旅客列車まで撮れた宗谷線に比すれば効率の悪いのは明らかであり、実は一度も撮っていない。蒸機の無くなってからも興浜北線へは通ったのに、天北線はキハ22の2両組成を恵北の丘から幕別原野に望む程度でお茶を濁していた。

そこへもたらされた1985年3月改正からの昼行客車急行の運転、<天北>の客車化のニュースは青天の霹靂として良かった。1972年の<白山>の電車化、特急格上げ以来に白昼を堂々と駆け抜ける客車による優等列車は新潟以北の<きたぐに>に、函館山線を重連の機関車で越えた<ニセコ>だけであり、それが<宗谷>と合わせ2往復も追加設定されるなど夢にも思わなかったから、鉄道雑誌に見つけた速報に機関車屋は驚喜したものだった。しかも、<天北>は優等列車牽引なら1968年10月改正での米原-田村間<日本海>以来のDE10が登壇と相成った。
かくして始まった天北線通いは、ポイントの探索からとなり、音威子府の北で天北峠を越えての頓別川流域よりも浜頓別から先のクッチャロ湖をはじめとする海跡湖が点在し沿岸湿原の続く猿払原野区間に惹かれ、中でもポロ沼を茫漠と遠望した情景が、世話になったそこの牧場主一家と共に印象に残っている。

写真は夏の日の猿払駅本屋。
それにしても旅心は無いのだな、と熟熟に思う。
鉄道の旅はそれはそれは随分としたのだけれど、車窓を肴に酒を舐めるのは旅情とは云わぬだろうし、写真を撮りに往く旅ならコンテの検討が先に立っていたし、仕事の移動に乗るならば着いてからの手順が気になった。鉄道屋だから汽車に乗ることこそ旅だと偏った理解はすれど、それを写真にするなぞ思いもしなかったのである。撮り切れずに断念した話しは 奥白滝-上白滝 (石北本線) 1977 にも書いた。
これも光線が気になったのが先行して、せいぜいに上りの到着に忙しい駅員氏を待合室越しに抜いた程度である。

[Data] NikonF3P+Distagon 28mm/F2.8 with Adaptor 1/250sec@f5.6 Fuji SC56filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopCC on Mac.

関連記事

コメント

こんにちは

猿払村から白滝に転居してこられた郵便局員さんの息子さんが私の次男と同い年で 仲良くしております
猿払村の小学校や保育園のほうがうんと人数が多く 白滝の子供の少なさに親子ともどもびっくりされていました
駅はなくなっても白滝よりはまだ未来がある そんな気にもなりました

猿払駅の駅舎は いかにも北海道風 
こういう形の駅舎がまたなくなるのかと
今まで思ってもみなかったことが現実に身近なものとなりはしましたが感傷に浸ることもなくただただ見守りたいと思いつつ 
最近の旧白滝駅を巡る喧騒にかなり疲れてしまっています 

  • 2016/01/11(月) 22:03:35 |
  • URL |
  • Jam #-
  • [ 編集 ]

天北線

昭和30年代の天北線、虎の子の10系気動車が足りず、キハが重い客車を牽いて走り、
峠にかかると9600の補機が付いたというお伽噺も耳にしますが、
そんな奇妙キテレツな列車、一度お目に掛かってみたかったものです。
モノの不足をマンパワーで補っていたという事でしょうか。
「天北」も1988年に撮りました。優等列車はあまり眼中に無いという変わりモノだったので、いい加減に過ぎる撮り方ですが。
それにしても酷寒の道北、歩き通して撮影とは昔でも尻込みしそうです。

  • 2016/01/12(火) 22:05:41 |
  • URL |
  • 風太郎 #ORZvdv76
  • [ 編集 ]

Re: 天北線

稚内機関区のキハ11は、まもなくに内地に転じてキハ12が入り、1957年度までにはキハ21に22と変転しています。同時期には客貨車区にはオハ60がいましたから、これをトレイラーにしたことは在ったかも知れませんね。
天北線の最急勾配は25パーミルなので、オハを牽いて登るには180PSエンジンの気動車2両が必要。且つ、これなら補機は要りません。蒸機が押したとすれば、積雪期の救援あたりではなかったのでしょうか。それはあり得ます。

件の牧場を冬に訪れますと、当然に牧草地は雪原な訳です。そこを渡って往くのは大変だろうと主が貸してくれたのがムシロでした。これを雪面に拡げて上を歩いて、回収しては、また前に拡げて。楽チンでした。

  • 2016/01/14(木) 00:33:51 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

駅名は猿払でも、猿払村の中心集落は鬼志別でしたので(今でも、そうです)、ここの駅前は既に寂しい限りでした。
猿払村に限れば、新聞に大々的報じられるところとなった、ここでの戦後緊急開拓入植政策の失敗を糊塗すべく、1960年代から70年代に政府が大量の資金を投入して酪農経営に誘導した成果でしょうか、どの牧場も大規模で豊かさを手にしていたように見えたものです。泥炭地の全てが農地と姿を変えれば、土地の広い方が勝ち、てことなのでしょうか。

駅への昇格を前提に設置された旧白滝乗降場が、駅になれなかったのも、そこでの戦後緊急開拓事業の失敗に起因するのですが、電波媒体の制作者どもとは、そんなことは知ろうともしないのですよ。ウケねらいのお涙話しは大好きなんですけどね。
それにしても、それを真に受ける俄鉄道愛好家の多さに呆れます。鉄道を語るなら、もっとお勉強して下さいまし。

  • 2016/01/14(木) 00:57:16 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

こんにちは。
猿払と読み、昔に読んだ本多勝一氏の『北海道探検記』を思い出しました。他の方のコメントへのご返信に書かれていますが、まさに政策の失敗そのものが見られた時期と、初期入植者の方々が離散した後の大規模農場の様子、それぞれをミクロから見た記述が記憶に残る本でした。著者に対しては様々ご意見があると思いますが、言葉通りに足で稼ぐ記者だったとは思います。
天北線廃止の代替バスも、一部の区間は廃止となり、デマンドタクシーによる輸送に代わると記事を読みました。
私にとっては、いまだ写真だけで触れた鉄道と地域となっています。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

  • 2016/01/19(火) 10:21:48 |
  • URL |
  • 風旅記 #O7xVy9HA
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんばんは、風旅記さん。
いつも、ありがとうございます。
以前に書きましたが、『北海道探検記』は私も若い頃に読みまして、札幌でテレビ放送の歌番組に夢中だった中学生の頃、同じ北海道の東端、根釧原野の開拓地では電燈すら灯らなかったと云う事実を初めて知り、衝撃を受けた一冊でした。
猿払原野の戦後入植についての記述も、緊急開拓事業実施要領が単なる余剰人口の収容策に過ぎなかった実態を知る切っ掛けとなっています。
天北線の幾つかの駅で貨物扱いが1960年代と云う早い時期に廃止されているのも、それの失敗と無縁ではないでしょうし、地域が急激に豊かさを獲得して行った1970年代とは既に道路交通の時代であったのが、この路線の不幸でありましょうか。
本多記者が連載を続ける週刊金曜日は愛読誌です。

  • 2016/01/21(木) 23:55:07 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/848-9aecce16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad