"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

長万部 (室蘭本線) 1995

oshamambe_22-Edit.jpg

写万部山の南斜面を水源にオタモイ山を巻くように流れて噴火湾に注ぐ小河川がオタモイ川である。現在、旧旭浜信号場の先で線路と直行するそれは、両岸ばかりか川底もコンクリートで固められた直線の水路そのものに見える。
それもそのはずで、オタモイ川は1950年代に進められた静狩原野の農地化、即ち泥炭地の乾燥化に際して右オタモイ川や左オタモイ川にナイベコシナイ川などの支川と共に排水路に用いられ、開発道路に併行した上記の区間はその際に掘削された放水路なのである。
かつての静狩原野とは長万部川から静狩川まで沿岸に10キロあまりに続く、総面積の600から800ヘクタールと云われる高層湿原であった。このあたり、静狩 (室蘭本線) 2010 に書いている。
ここへ流れ出たオタモイ川は蛇行しつつ海岸線を目指すものの、そこの砂丘に阻まれて旧旭浜信号場裏手から現在の10号農道付近まで2キロほどの長さに沼地を形成した上で、これも煩雑な蛇行を繰りながら西流し、やがては長万部川の河口付近まで達していたのだった。

そして、1923年12月10日に長万部から静狩までを開通した長輪線は、起点2キロから3キロ間の反向曲線の途中でオタモイ川に架橋していた。先の記事で、この反向曲線を「湿原を避けて海岸寄りに進路を遷移するための線形」と書いたが、正しくは静狩側から湿原の只中を回避し海岸寄りを進んだ線路が、オタモイ川の流路に往くてを阻まれ、これを渡河するために選ばれた線形とすべきだろう。
室蘭本線と改められ複線化された現在にも残る線形であり、この付近も泥炭地の農地化は進んだのけれど橋梁前後の流路だけは手つかずで残されている。静狩湿原の太古の姿は、中心部の6ヘクタール程度を残すのみとされているけれど、これも加えて良さそうに見える。湿原水位の低下に狭められたとは云え、低湿地に蛇行を繰返す原始河川の姿である。

この反向曲線を通過する本州からの下り寝台特急群に対し、3月と10月半ばの数日間だけ最良の光線が得られたとは以前の記事 長万部 (室蘭本線) 2003 に書いた。
10月の半ばと云うのは道南地域の紅葉黄葉には少しばかり早く、かといって常紋の峠あたりは盛を過ぎる中途半端な時期ゆえ、ここでの渡道は結局、長万部への連泊となっていた。それでもコンテに描いたような光線に出会えたのは数える程も無かった。
写真は、この情景をポジで撮り始めた頃の習作。日出方位が100度を越える10月21日はタイミングとしては、やはり少しばかり遅いのである。それとカメラ位置が高過ぎて、同じく光線を受ける通信線柱が目立ってしまった。列車は6時37分の通過だった6003列車<北斗星3号>。
試用してみたPanther100(PRP)は、FujiのVelviaに対抗したフィルムだけあって、こんな光線に使うと色乗りが執拗に過ぎた。

さて、ここに残されたオタモイ川旧流路が現在に何と呼ばれるものか。長万部川放水路建設にて分断され、しかもそこで水門にて仕切られてしまった、か細い水流には北海道開発局の資料に準用河川としての記載も無かった。長万部川水系にも現オタモイ川水系にも属さぬそれは、おそらくは河川に扱われていないのだろう。

[Data] NikonF4s+AiNikkorED300mm/F2.8S 1/500sec@8 NON filter PRP Edit by PhotoshopCC on Mac.

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/846-5a5f0696
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad