"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

有珠-長和 (室蘭本線) 1995

usu_14-Edit.jpg

アルトリ岬は、地形図で確認し現地で眺める限りに陸繋島だろう。そして、標高27メートル余りの島の部分は7000年から8000年前と推定される、有珠成層火山の水蒸気爆発を引金にした山体崩壊にともなう岩屑なだれ、後に云う「善光寺岩屑なだれ」で運ばれた岩塊そのものである。
山体の岩盤は細かく破砕されることなく巨大な岩塊のままに崩落し、大量の土砂とともに押し流されて、その麓に幾つもの小山の連なる地形を形成した。それぞれの小山は学術的にも文字通り「流れ山」と呼ばれる。岩屑なだれは噴火湾にまで流れ込み、アルトリ岬とその先に見える岩礁も巨大岩石の一部であるから、もっとも遠くまで到達した岩塊と云えようか。ちなみに、以前にも書いたけれど、エントモ岬の成因も同様である。
その地質を調べると成層火山のどの部位を構成していた岩盤であるかが判別出来ると云うから、その方面の研究者達はとっくに承知なのだが、崩落のシミュレイションには意見の分かれるところであるらしい。

流山が幾つもの起伏を成す、この岩屑なだれによる堆積物は数十メートルの厚さにて入江川左岸から東は長流川付近にまで達しており、静狩に始まる山塊が噴火湾へと落込む急崖の区間を隧道の連続する10パーミルで上り下りしながら、ようやくに洞爺に達した室蘭本線は、この丘陵地の西崖を再び10パーミル勾配で上り、流れ山を縫ってエントモ岬へと下る線形を採っている。最近につとに高名な地点である起点45キロから46キロ付近の反向曲線を見下ろす立ち位置が流れ山そのものなことや、長和の水田地帯を俯瞰する畑作地の丘が岩屑雪崩の達した東端だと(但し、そこの急崖は長流川の浸食によるもの)、いったい如何ほどの撮影者が意識しているかは知らぬが、ここでの変化に富んだ画角やその立ち位置は、太古の有珠火山崩落の恩恵なのである。

流れ山の谷を下り海岸線へと達した列車は、8007列車<エルム>。
アルトリ岬の写り込むカットを探したのだけれど、これ以上の画角では撮っておらず、ご容赦いただきたい。海岸線を辿れば、その先がアルトリ岬である。
アルトリ(ar-utor)とは、本来にはこの海岸に対する先住民の呼称で、「向こう側」の意は現在の有珠海岸に対して岬の反対側の浜を指したものであろう。岬自体はイショキショキと呼ばれたと云うが、それは和名ではアリスイなるキツツキ科の鳥の名であり、樹木も無い(かつても無かったであろう)岬に、果たしてそれが生息していたものか。
画角右の丘陵地も岩屑なだれの到達先端ではあろうが、急崖の斜面は後の海食の結果と思う。
余談ながら、このアルトリ海岸は1988年に「恋人海岸」と命名され、その標識も建てられている。駅名まで変えてしまった三陸町の小石浜(→恋し浜)もそうだけれど、此の手の見え透いた地名変更は必ずや禍根を残す。

[Data] NikonF3P+AiNikkor105mm/F1.8S 1/500sec@f8 FujiSC48 filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopCC on Mac.

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/844-444f5f6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad