"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常紋信号場-金華 (石北本線) 1983

jomon_15-Edit.jpg

北見市留辺蘂町字金華の人口は、2010年国勢調査のデータによれば5世帯10人と在る。この統計調査での金華地区とは、奔無加川とその支流流域すべての約33平方キロであり、奔無加川奥地の上金華集落はとうの昔に消滅し、常紋への細道(それでも、かつての北見湧別間道路である)分岐周辺の数戸も人の住む気配は無いから、これは金華駅前集落の居住者と云うことになろう。
最近には随分と解体・整理の進んだ様子ではあるが、1990年代末頃で既に廃屋ばかりの眼についた駅前集落の荒れた有様を思えば、未だに居住者のあること自体、不思議な気がしてしまう。

金華の集落形成は1914年10月5日の湧別軽便線留辺蕊-下生田原間開業に際しての奔無加停車場設置による。それまでは、金華はもとより奔無加の地名すらないポンムカ(=小さい方のムカ川)の下る原生林の谷だったのである。
当時の鉄道院には、名寄線との接続構想は持たれていたにせよ、留辺蕊湧別間鉄道を将来の道央連絡幹線とする意識は希薄であり、1906年に北海道庁長官に着任した河島醇が仕掛けた道内統一組織であった「北海道鉄道期成会」の住民を巻き込んでの鉄道敷設促進運動に渋々に応じた結果とも云える特殊軌間軽便線を想えば、道庁の意向の強く働いた拓殖拠点としての開設だったろう。1915年から1916年と記録される上金華への愛媛団体35戸の入植も、この停車場の在ってこそである。

肝心の停車場周辺への定住も進んだ様子で、奔無華特別教授場(後の金華小学校)は1918年に開設されている。ただし、このあたりは奔無加川の谷が狭く耕作地の確保が困難だったから、その住民の大半は造材従事者と家族だったと思われる。米軍が1848年に撮影した空中写真に見える川沿いや山林地緩斜面の耕作地は、戦後の「緊急開拓事業実施要領」(1945年11月5日閣議決定)に基ずく入植者により開かれたものだろう。今は全てが野に還っている。

常紋へと幾度も通った1980年半ばまでなら、駅前には商店も開かれ、東側へと鉄道官舎が建ち並び、その背後に民家の続くそれなりの集落を成していた金華は、道内に幾多と存在した先例と同様に消滅の道を辿りつつある。2010年10月現在に、そこに暮らす5世帯10人の方々の年齢構成を見れば、ご他聞に漏れず高齢者と見受けられる。おそらくは、先の林業関係者の御子孫か開拓入植者ご本人なのではあるまいか。
自動車交通の発達した今なら留辺蕊市街地から然程に離れるでは無いから、ご家族の行き来があれば生活に困るで無し、集落の最後を見届けられる覚悟とも思える。5年を経て、つい先頃の国勢調査の結果は如何なるものだったろうか。
それを見越したように、100年余りの歴史を刻んだ停車場には廃止の報道が為された。

堂々の9両組成で峠を上る32D<オホーツク2号>。
特急列車の貫禄とは、やはり編成長からもたらされるものと思う。
夕刻の様相は冬至も近い時期のこと。バッグや三脚の水滴は早くもしっかりと凍りつき、とっぷりと暮れた道を金華へと急いだものだった。

[Data] NikonF3P+AiNikkor105mm/F1.8S 1/60sec@f4 NON filter Tri-X(ISO320) Edit by LightroomCC on Mac.

関連記事

コメント

こんにちは
ついこの間 金華駅に行きましたよ
16時台に来る列車に乗って 網走に住む息子がひさしぶりに帰ってきました
金華終着なので白滝から金華に迎えに来てと言う、いかにもテツ息子らしい要求だったけれども(笑) いっしょに殉難碑に手を合わせることができたのでよかったです
もう16時は日が山に陰って暗かったです 寂しさは増しましたが駅前の集落の3軒ぐらいの煙突から暖房の煙が出ていました ほんと、もう3軒ぐらいしかひとの気配がない・・・常紋入口に一軒あったかな 愛媛団体入植の碑だけが峠の途中にありました あとはどこもみんな木材の伐採あとがみられるばかりです
ただ 残っているどの家にもBSアンテナがあり、立派な4WDのおっきい車が何台もあり たぶん駅の利用はなくとも何にも生活には困ってないのでしょうね
 
常紋トンネル殉難碑に手を合わせてから帰路に着きましたが 碑の周辺はいつ行っても草刈りがされ お供えの花や酒があり すがすがしい気持ちになりました 管理されてるのは住人の方なのかJRの関係者なのか・・・駅はなくなってもここに来る機会は何度もつくろうと思います

  • 2015/10/15(木) 23:38:10 |
  • URL |
  • Jam #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんばんは。
お返事、遅くなりまして申し訳ございません。

煙突から煙の立ち昇るとは、2015年国勢調査でも集落消滅は免れたと云うことですね。
その留辺蘂市街地がすぐそこまで迫りつつある地勢を思えば、その郊外のようなものかも知れません。

駅の廃止に運行の削減が小出しに公表されておりますが、これは表裏一体でして、
それを勘案すれば、当然ながら信号場の廃止に停車場の棒線化も含まれているはず。
金華は信号場として残ることも無さそうな気がします。

  • 2015/10/19(月) 22:26:53 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/841-6b00744e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。