"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美留和 (釧網本線) 1978

biruwa_06-Edit.jpg

航空機で道内入りし、専ら貸し自動車で巡られる諸兄には無縁の話しであるが、列車と徒歩の鉄道屋に、最近の道内は動きにくくて仕方がない。
要因は何といっても夜行急行の廃止による長距離移動の制約である。それの宿代わりはさておいても、夜間移動に加えて、未明から早朝に南稚内や生田原に網走、音別や釧路に降り立てたはずが、前日の撮影行動時間を削って午後から夕刻の特急列車を選ばねばならなくなった。必然に現地への投宿も余儀なくされる。せっかくに全道全線のオープンチケットを利用しても、かつての均一周遊乗車券の時代のごとくに、それを存分に活用するなど端から諦めるしかない。代替に夜行バスなど選択すれば、それこそ余分な負担になってしまう。
一般の用務客としても、札幌から旭川や帯広あたりならまだしも、釧路に函館ともなれば朝の特急では午前中を車内で浪費するのだから、夜行需要など低下のしようも無かろうと思えるのだけれど、現実には夜間移動は嫌われて、旅客は前泊を選択するか、自家用車もしくは当日朝の航空機へと逸走したのだった。
旧い鉄道屋は、早起きして遠い飛行場を目指すくらいなら、前日夜から車内で一杯やり乍ら過ごす方が余程マシと考えるのだが、もはや少数派と云うことである。結局のところ、泣く泣く夜行バス料金を別払いしたり、夕刻の斜光線に後ろ髪を引かれつつ特急の客となるしかなくなった。

もうひとつには、釧網本線の使命だったはずの太平洋岸とオホーツク岸との回廊機能の喪失である。
単行の気動車に場違いな観光列車ばかりとなった、この線を撮る気は全くに失せているのだが、ならばと、朝方で「用事」の終わってしまう石北線から日中を潰しての根室線方面への抜け道としようにも網走で足止めされる。勿論、年間の多くの期間で日中のスジの1本が緑-川湯温泉間を直通することは承知しているけれど、所詮に定期運行では無い。キハ54形内燃車の優れた動力性能を以てして、現行の各駅停車はかつての急行列車並みの所要時分で釧網間を到達すると云うに、使えぬのでは話しにならない。
意図的なダイヤ編成には違いないから、先に書いた「喪失」は「放棄」とするべきなのだろう。
釧路への速達には、結局のところ北見からの都市間バスに頼らざるを得ず、ここでも鉄道のオープンチケットが無駄になる。

一面に霧氷の朝を往く604D<大雪6号>。この釧路からの札幌行き急行はキロ26を含む5両組成で釧網本線を走破していた。<しれとこ2号>を併結した釧路-標茶間なら7両編成を組む堂々の幹線列車だった。
阿寒湖に摩周湖の内水面を控えた美留和付近は、放出される水蒸気に冷え込めば霧氷の生成され易い区間とは、以前にも書いた。

[Data] NikonF2A+AiNikkor28mm/F2.8 1/250sec@f11 O56filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopCC on Mac.

関連記事

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2015/10/06(火) 22:24:23 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/839-4b696064
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。