"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名寄 (宗谷本線/名寄本線) 1980

nayoro_04-Edit.jpg

手稲の新興住宅地に暮らした家族が晴れて札幌市民となった頃だから、1967年か68年の冬だったと思う。札幌駅構内各所の分岐器から時折雪煙の上がるのに驚き、何事かと思った記憶が在る。構内に降りて近づく訳にも往かず、遠くから観察していると、列車の通過して進路の切り替わる度のことと知れた。推察は附いたのだが、念のためと4番/5番線ホームの苗穂方にあった輸送本部を訪ねて問えば、案の定、空気で分岐器の雪詰まりを吹き飛ばす装置であり、今冬からの設置には大変に役立っていると教えられた。引き続いて、道内各駅構内に多くが導入された「圧縮空気式分岐器除雪装置」の初見であった。

降雪地域において、分岐器の転撤部・轍叉部への雪詰まりによる不転換には、永らく人力に頼らざるを得なかったのだが、戦後に至り季節要員の不足と賃金の高騰には機械化の研究が行われ、1950年代半ばまでにはシーズ線ヒーターによる直接過熱式の電気融雪装置が上越線石打駅構内での試用を経て、東京や仙台、札幌の各鉄道管理局管内にて実用化され、国鉄本社においても「ポイントヒータ研究委員会」が各地での実績を元に1963年度に「電気融雪器標準仕様書」を策定していた。
しかしながら、当時には床板形も考案されていたものの、軌条に直接に設置する構造にかかわるメンテナンスや分岐器一組あたり2400から3400Wの電力消費に、本社内に設けられた「雪害対策分科会分岐器除雪専門部会」では、ガス赤外線式、蒸気式および圧縮空気式の各方式が検討されたのだった。前の二方式が湿雪ないし潤雪に応じ熱源を要するに対して、後者は寒冷地での乾雪を想定した空気式であり、謂わば掃雪装置とも云えるものであった。極寒地において、電熱式での融雪の再氷結や分岐部通過の振動で列車から落下した氷雪塊の詰まりなどの融雪には、より大きな熱源容量を要して、降雪を積雪のそばから吹き飛ばすのが有効と考えられたのである。

そして、1964年の基礎試験に続いて1965年1月からこれの実地検証の行われたのが、道内でも屈指の寒冷地域に位置し、構内に多数の分岐器の配された名寄駅であった。
初期装置は基本レイルとトングレイル間に埋め込まれたノズルからの5kg/㎤の圧縮空気噴射により、含水率0〜0.5%の積雪なら10センチでも20秒で完全な掃雪が確認されたけれど、少しでも含水率の高くなれば弱点を露呈していた。空気圧を7kg圧に向上、ノズルを大きくした改良型を次の降雪期に同じく名寄駅構内に設置し、10センチの湿雪でも35秒の噴射で除去を確認して実用化に至ったものである。

名寄が極寒ゆえに試験地に選ばれたのはこればかりではない。
将来の北海道新幹線車両設計の基礎データ収集のための試験列車が、1972年度より77年度まで冬期毎に運転されたのも旭川-名寄間であり、近年では281系強制振り子式気動車の試作車によるふた冬に渡る長期実用試験が記憶に新しい。

道道538号旭名寄線の名寄跨線道路橋から名寄構内の南端を見下ろす。
左端が南部引上線、その隣は名寄本線、旭川行き342Dの走り去るのが宗谷本線の上り本線であり、まもなくに隣接の下り本線に合流する。右端は深名線で、この先で分岐する天塩川製紙名寄工場への専用線と線路を共用していた。
引上線に見える分岐器には、もちろん圧縮空式分岐器除雪装置が付加されている。
この除雪装置の使用成績は実に良好であり、吹き上がる雪煙は高架となった札幌駅を含め、現在にも各所で見ることが出来る。おそらく将来もそうだろう。

[Data] NikonF2A+AiNikkor50mm/F1.4 1/15sec@f2.8 NON filter Tri-X(ISO320) Edit by LightroomCC on Mac.

関連記事

コメント

名寄構内

昼間ですがこの場所で撮った写真が残っております。
1980年代、北の要衝も線路以外は真っ暗でしたね。
その写真では保線区員がスコップでポイントに溜まった雪をかきだしています。
凍ってしまえば結局人の手なのでしょうね。
広い構内ゆえ、冬の苦労が偲ばれます。

  • 2015/08/31(月) 21:23:59 |
  • URL |
  • 風太郎 #ORZvdv76
  • [ 編集 ]

Re: 名寄構内

風太郎さん、こんばんは。

凍り付いた氷雪は、もう人手に頼る他にありませんね。
名寄盆地のような極寒地に電熱式では大容量のヒーターを要してしまい
開発は見送られたのでしょう。
FFヒーターによる温風式融雪装置の開発と普及は近年のことです。

  • 2015/09/01(火) 00:36:56 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/831-4f597343
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。