"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌 (函館本線) 1998

sapporo_21-Edit.jpg

1988年3月ダイヤ改正における設定当初の<北斗星>系統列車の所定編成は、電源/荷物車とも最大11両組成であった。青森運転所で上野/大阪-青森間系統に運用していた24系25形-78両に電車から転用の6両を加えた84両による札幌所と尾久区の計6組運用と云う車両需給と、当時に輸送力列車と位置づけられた6003・6004列車を含めての需要想定からのことであろうが、もうひとつの制約条件も存在していた。札幌の着発線および乗降場の有効長である。
当時に高架化工事の末期に在った札幌は1958年に構内改良を行って以来の地平駅設備であり、客車側に電磁自動空気ブレーキの装備されるとは云え、制動力から過走余裕を考慮せねばならない機関車牽引の全長273メートル余りの列車扱いには、運転取扱基準規程から線路有効長が316から346メートルの1・2・5番線は用い得ず( *1)、それぞれ488メートル、434メートルである3番線と4番線に限定され、所定着発線を旅客車14から15両を収容する300メートルの乗降場有効長を持っていた前者としても、異常時には250メートルに留まる後者に着発することも考慮すれば、これに収まる編成組成を要したのである。
さらには、当時の<北斗星>は札幌所と尾久区では道内区間で編成が方転しており、機関車停止位置を同一とした上で、10両の旅客車が乗降場に収容されることも考慮されたものと思われる。
しかしながら、運転開始の間もなくから施行された1列車への函館からのスハフ14連結、また夏季繁忙期に度々行われたB寝台車の増結による12両組成での運転には、4番線入線に備えての上下列車での停止位置調整を要したものと思う。
.............................................................................................................................
( *1) 6・7番はもとより300メートル以下、8・9番線に至っては100メートル台だった

翻って、<北斗星>運転開始の年11月に第一次開業を迎えた高架駅は、1978年5月に国鉄が策定した基本計画では5面10線とされた乗降場の内、1番線から6番線までに接する第一から第三乗降場の3面は280メートルの有効長を、7番から10番線までの第四、第五乗降場は260メートルを確保する設計であった。つまりは全てが旅客車12両から13両の長編成に対応する設備を予定していたのである。
ところが、その後の輸送需要や情勢の変化により1985年3月に設計が見直され、第三乗降場のみを280メートルに据え置いた他は、全て230メートルに短縮されてしまう。同乗降場が存置されたのは、5面10線の中央に位置して函館線と千歳線のそれぞれの上下線に対し進出・進入ともに本線支障の少なく、長編成列車の出入りには支障時分を最小に出来るためである。もちろん、将来の本州北海道間直通寝台列車を想定してのことだったろう。

<北斗星>は、その想定どおりに第三乗降場の5番線を所定の着発線としていた。長い有効長に苗穂方へ突き出した機関車の停止位置に隣接ホームからの照明の届かぬのは好ましく、到着列車の前照灯の反射光を用いた演出が楽しめた。しかも、それの着番線、即ちは進入ルートの別を選ぶことで角度を工夫出来たのだった。
静かに発車を待つ重連の機関車は6004列車の牽引機。設定から10年、乗車率に陰りの見え、6003・6004/5・6列車では編成の季節減車も施行されていた頃である。その入線にカメラを向ける者も皆無だった。
これは千歳上り線から2番線に到着する列車による反射光。

ところで、この5番線の線路有効長は乗降場の桑園方・苗穂方共に4番線との両渡線の存在により335メートルに制約された。けれど、6番線との同時着発には、それらを鎖錠することで運転取扱基準規程上の過走余裕を確保し、その場合の実質的有効長は600メートルに達する。

[Data] NikonF5+AiNikkorED300mm/F2.8S Bulb@f4 Fuji CC10M filter Kodachrome 200 Professional(PKL) Edit by PhotoshopCC on Mac.

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/828-f6b28269
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。