"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北浜 (釧網本線) 1981

kitahama_11-Edit.jpg

鉄道を真っ当に撮り始めてから、最も多く降り立った駅は北浜だと記憶する。すべての記録を精査したではないが、間違いないだろう。札幌在住時に近所の北大生にお供を頼んでの最初の遠征旅行で目的地として以来、内地から道内へと向かうようになっても必ずスケジュールに組込み、ひとつの旅で2度3度と訪ねたことも在った。
道内では此処と日高本線に数例を見るだけの海原を画角背景に出来た濤沸川橋梁が存在したにせよ、他にはこれと云った立ち位置の無いにかかわらずの訪問は、そこでの基本形と云えるその画角で最良と思えるカットを初回訪問の、しかも最初のシャッタで押さえてしまっていたので、それを超えることを無意識にも自分に強いていたからだろう。→ 北浜 (釧網本線) 1967
とは云え、やはり北辺の沿岸のロケイションに気候、空気感、何より駅の佇まいに魅せられてのことにも違いなく、そこでの旅の禁欲を破っての至福の時間については前にも書いたので繰返さない。

橋梁撮影の基本形ばかりでなく、その周辺や網走方の波打ち際、それを見下ろした海岸段丘上など然程遠く無いところに幾つもの立ち位置の見つかるのも、徒歩の鉄道屋としては有り難いことだった。後には、市街地後背の段丘からそれを前景にオホーツクを眺めた画角に執心し、それこそ季節を変え、時間を変えてそこに立ったのだけれども、これもコンテに思い描いたような絵の撮れぬままに終わっている。
1984年2月改正で、既に実体は単なる客車列車だったとは云え機関車の牽く混合列車が一斉に気動車に置替られ、1985年3月改正に至って撮影可能な貨物列車も2本にまで減ってしまえば、翌86年の秋までにここでの撮影を止めてしまったからである。釧網線自体の貨物列車運行は1997年春まで維持されたのだが、それも釧路方から中斜里までであり、単行やせいぜい2両組成の気動車の往来には、撮る気の失せたのが正直なところであった。

鉄道を失った市街や集落の衰退して往く様を目撃することは確かにあるのだが、一方で滅び往くは鉄道ばかりと云う事例も数多である。ここもそのひとつでは無いかと思える。1984年2月改正での要員引揚をきっかけとして始まった駅自体の観光資源化は幾多の人々の努力の実を結び、テレビドラマや中国映画の撮影地として情報のマスに流れれば、今や観光バスの定番立寄地ともなり、それとは無縁の市街地も網走市の郊外域として然程に寂れるでも無い。網走方面が4車線に拡幅された国道244号線とは裏腹に、駅へは一日に数本の単行気動車が申し訳なさそうに着発するのみなのである。
これの無くなっても誰も困りそうになく、怨念の籠ったかのような「お札」に占拠された待合室は、そのままに「観光地」に存続するのではあるまいか。個人的には、二度と訪れたくも無い場所に成り下がった。

10メートルを上った程度の牧草地の外れから濤沸川橋梁を眺める。列車は混合634列車、網走行き。

[Data] NikonF3HP+AiNikkor50mm/f1.4S 1/500sec@f5.6 Y48filter Tri-X(ISO320) Edit by LightroomCC on Mac.

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/826-ba6a69e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。