"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白樺 (深名線) 1981

shirakaba_05-Edit.jpg

深名線の名寄-朱鞠内間は、白樺 (深名線) 1981 に記した通り、1928年に設立の雨龍電力株式会社による雨竜川の電源開発計画に始まる。この電力会社は内地資本たる王子財閥の事業子会社であり、王子製紙苫小牧工場への電力供給に加えての売電の営利事業は、軍部が膨張主義に独走を始めた時代に電力増強は国策そのものと捉えられ、1932年5月に成立の挙国一致内閣は、『鉄道敷設法』(1922年4月11日法律第37号-通称の新鉄道敷設法)に法定されながら放置されていた名寄-雨龍-羽幌間鉄道(同法別表143号)の建設を鉄道省に命じたのである。建設は電源開発計画の進行に組み入れられ、実質はほぼ雨龍電力株式会社の専用鉄道だったと見て良い。

朱鞠内-名寄間の全通は1941年10月10日と記録されるのだけれど、これはあくまで一般運輸営業の開始であり、1935年8月に着工の朱鞠内から宇津内の区間(西第一工区)は、宇津内から第二堰堤工事位置までの専用線と一体に1937年8月には竣功し、おそらくは朱鞠内場内から第一堰堤位置までの専用線も同時期には通じたと思われ、1937年11月に工事実施認可を得て12月より工事用通路などの準備工事に着手していた雨龍電力株式会社は、1938年の春から夏にこれを終え、直ちに堰堤排水路ならびに遮水壁基礎掘削や、連絡水路隧道、各竪坑横抗水槽、余水路ほかの排水路工事など基礎的工事に着工しているから、早速に建設資材運搬列車の運行されたのに違いない。
2400haあまりに及んだ湛水予定域の原生林の王子製紙による伐採も、積雪期を通じて行われ、1936年の融雪期を待って着工とされた宇津内から白樺の区間(西第二工区)も1938年4月に竣功すれば、すぐにも原木輸送に供されたはずである。

堰堤から発電設備に至る全ての工事竣功による湛水と発電開始の1943年度を勘案すれば、1941年の深名線全通開業とは電源開発関連の資材や伐採原木輸送の大方を完了してのことになる。つまりは国費で私企業に提供した線路を沿線開発目的に転用した訳である。
実際に白樺駅付近には鉄道官舎のほかにも居住区画の造成整備が行われ、造材関係者や開拓入植者が移り住み、ここに限らず沿線への開拓民には初期移民の子弟が多かったと云われている。1930年代ともなれば彼らの次男や三男が新たな土地を求めたのであろう。泥川流域の緩やかな傾斜地が開拓適地と見られ殖民区画も引かれていたのだけれど、その冷涼な気候には収穫の阻まれ、まもなくに全戸が離農と伝わる。
白樺集落の最多人口の12戸100人は、皮肉なことに全道に大きな被害をもたらした1954年の台風15号(洞爺丸台風として知られる)による雨龍山地の風倒木処理に賑わった1955年から翌年に掛けてのことであった。

ルーラル鉄道にあまり興味を持たぬながら、蒸機の去った後にも深名線の朱鞠内湖北岸区間には幾度か通っていた。二度の夏場を除けば全て積雪期ばかりを選んだのは、厚く氷結し深雪の雪原と化す湖面上にポジションを採れるゆえである。
1977年度より白樺は冬期間に営業の休止されており、北母子里に降りて、通路はそれしかない線路を積雪に足を取られながらも延々と歩いたものだった。
北母子里から6キロばかりを歩いた泥川橋梁近くの盛土区間。列車は944D、朱鞠内行き。

[Data] NikonF3HP+AiNikkor50mm/f1.4S 1/500sec@f8 Y48filter Tri-X(ISO320) Edit by LightroomCC on Mac.

関連記事

コメント

朱鞠内湖畔

冬の深名線、特に朱鞠内湖畔に憧れはあったものの、厳寒と歩く距離、人跡薄い心細さを考えれば躊躇せざるを得ませんでした。

Wonder+Graphicsさんの健脚と度胸には毎度恐れ入ります。

  • 2015/06/27(土) 22:31:48 |
  • URL |
  • 風太郎 #ORZvdv76
  • [ 編集 ]

Re: 朱鞠内湖畔

こんばんは。
道内の奥地を訪ねれば人家を見掛けないのは当たり前なので、
それを意識したことはありませんでした。
寒いのだけは確かで、ヤチダモやミズナラなど水分の多い樹木は
日中でも凍裂を起こし、パキーンと云う鋭い音の響いたものです。

  • 2015/06/28(日) 01:24:41 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/815-3ac60732
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。