"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢 (函館本線) 1975

kozawa_12-Edit.jpg

無人の原野に、まず鉄道の停車場が開かれ、その駅名が地名へと転化した事例は道内に多々ある。事情はやや異なるけれど、現在の岩内郡共和町小沢地区、即ち小沢駅周辺の集落地名もそのひとつではなかろうか。

旧小澤村の村名の由来は、sak-ru-pes-pe(サクルペシペ=夏道に沿って下る川の意、転じて夏の交通路を指す)の意訳からと云われているが、1939年に北海道鉄道局の発行した「北海道駅名の起源」の小澤駅の項には、「起源は詳らかでない」と記されている。いずれにせよ、幕末期には岩内平野の最奥に和人集落として小澤村は存在し、それは開拓使の時代にも引継がれて、1901年に行政区画としての岩内郡小澤村他一ヶ村の戸長役場が小澤村に開かれているけれど、その位置は国富とされ、当時にはそこが小澤村の中心集落だったと伺える。同年に小澤郵便局の置かれたのも国富地区であった。
けれど、1904年7月18日に稲穂嶺に隧道を穿って小澤村に達した北海道鉄道(初代)の停車場は、セトセ川の谷を下ると掘株川を遡って倶知安峠へと至る国富を経由しない線形に、ヤエニシベの三田農場下に用地を求め、駅名に村名からの小澤を名乗ったのだった。ここへの停車場の設置は、徳川幕府により1857年に御手作場の設けられるなど早くから和人の移住の進んだ岩内平野一帯や、1900年には一級町村となった岩内町との結節点としてのことであり、そこに集落の存在した訳では無かったと思われる。それは駅前集落として形成され、小澤村の字小澤と呼ばれたのは駅名からの派生であろう。駅による利便からは1905年には小澤郵便局も移転していた。

開駅時の小沢は、稲穂・倶知安の二つの峠の狭間での給水に欠かせぬ地点ではあったけれど、基本的には中間駅に過ぎず、規模は小さかっただろう。以前に 小沢 (函館本線) 1975 にも書いたけれど、それの拡張は1912年11月2日の岩内軽便線の接続を機に行われたと見える。1908年にはシマツケナイ川の谷筋に黒鉱を産出する国富鉱山が開発されており、翌1913年に同線国富からの専用線が稼働すれば、製品の出荷のみならず、周辺鉱山からその精錬施設への鉱石搬入拠点として機能したのだった。1980年代まで残ったマンサード屋根の大きな駅本屋は岩内線との乗継ぎ旅客に、多くの駅要員の詰めるに必要な規模だったのである。
けれども、集落経済を背景に立地した駅ではなかっただけに、近年に岩内線を失うほどに旅客・貨物の道路交通への流出の進み、加えての函館山線の幹線からの脱落に至っては忘れられた駅となった。

かつてには当たり前だった駅の光景。当務駅長に見送られ524Dの長万部行きが出発して往く。
重厚な駅本屋に旅客跨線橋、有効長のある乗降場と上屋には、ここは間違いなく主要駅だった。

[Data] NikonF photomicFTN+AutoNikkor50mm/F1.8 1/250sec@f5.6 Y48filter Tri-X(ISO400) Edit by LightroomCC on Mac.

関連記事

コメント

小沢

集落の中に駅が出来るのではなく、駅の周りに集落が出来たのですね。
今や枯れても駅の佇まいは、まさにひとつの集落を作るだけの「要衝」の趣がありました。
岩内も海産の拠点として結構な賑わいがあったのでしょうし、乗り換えの活気が目に浮かびます。

写真は倶知安方面ですね。
風景はあまり変わらずとも、やはり人の手が入った駅は重みが違います。

  • 2015/06/07(日) 23:09:00 |
  • URL |
  • 風太郎 #ORZvdv76
  • [ 編集 ]

Re: 小沢

当初の函樽鉄道計画は、目名峠を避けて黒松内から寿都で日本海岸に抜け雷電岬を北上し岩内を経由して稲穂峠へと至るものでした。これによれば、順当に国富集落に「小澤駅」の置かれていたものと思います。
しかしながら、これに倶知安原野の地主たちが猛反発し、ルートを倶知安経由に変えさせたのです。倶知安から余市川の谷へは、今に言う国道363号線に類似の経路に改めたものの、今度は岩内側が納得せず、結局には倶知安峠で堀株川を下ることになり、稲穂峠とオタモイの峠2箇所で済んだはずの山越えは、4箇所を要することとなってしまったのでした。これが、その後の函館山線の命運をを決したとして過言でありません。
この計画変更で、線形上に最も岩内に、国富に近い位置として選ばれたのが現小沢駅ですから、当然にそこに集落はなかった訳です。
広い待合室に、大きな石炭ストーヴ、弘済会の売店は大駅の風情でした。あの鉄道風景に間に合ったことは幸いと、つくづくに思う次第です。

  • 2015/06/09(火) 14:41:20 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/808-55d96f9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。