"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糠平 (士幌線) 1983

nukabira_08-Edit.jpg

音更川の上流域、先住民族によりユウウンナイと呼ばれた地域は太古からの広大な原生林に覆われ、彼らの狩猟・採集生活の場であった。
それを全くに顧みることの無かった新政府と開拓使は、拓殖拠点としての帯広市街地造営ための用材供給地をユウウンナイに求め、北海道集治監釧路分監の囚人を造材従事者に送込んだ。それは道路の開削から始められ、着手は1892年と記録されている。十勝分監の設置前のことで下帯広村に釧路分監帯広外役所が設けられ、囚人の移送されていたのである。刑期5年以上の重罪囚からそれを半ばまで服役した囚人から選ばれた彼らは、当初には十勝平野の農地開墾要員と考えられており、刑期終了後には農民としての定着を意図していたと云う。犯罪人とは云え、多くは西南戦争下での不平士族や思想犯であった。しかしながら、奥地に越冬しての造材作業への従事には、凶悪犯罪囚から選別の為されるようになるのだった。
年間を通しての伐採は冬季には山元に貯木され、造材は夏季に音更川を利用して流送の行われた。それらは全て分監築造の自家消費に回されたのだが、市街地構築の造材には、ここでも内地新興財閥たる王子木材が関わった。囚人労働は自家用材の伐採終了後には同財閥の伐採地への道路開削、そして造材に振向けられたと上士幌町史にはある。

少しばかり乱暴な物言いになるが、1922年の改正『鉄道敷設法』(1922年4月11日法律第37号)とは、1900年9月15日の伊藤博文による結党以来に、地方の大地主と新興資本を支持基盤に政権を担った立憲政友会による党利党略の集大成として良い。
この政党は、幹線鉄道国有化の実現した鉄道院による改軌計画を1912年に力づくにて頓挫させる一方、鉄道建設の規制を大幅に緩和した『軽便鉄道法』(1910年4月21日法律第57号)に、それに準拠した新線に利益を補償する『軽便鉄道補助法』(1911年3月23日法律第17号)までも制定して、新線建設を利益誘導の手段に用い、建設を希求する世論の沸騰を背景に法的根拠を与える「鉄道敷設法」の改正にまで至ったのである。同党に対抗した憲政会にせよ、同じ穴のムジナであり、鉄道の誘致に着工を巡っては私利私欲の熾烈な政争が繰り広げたのだった。全くに日本の保守政党と、それを支えた資本とは碌なものでは無い。

その碌で無さは、先の囚人労働を通じた搾取など一端に過ぎず、時の政権(これも伊藤博文内閣である)は1896年1月に拓殖を一元管理する北海道庁を成立させると、内地新興資本など「盛大な事業者」には未開墾地を無制限に、且つ無料での貸付けを定めた「北海道土地払下規則」(1896年6月29日閣令第16号)を制定、未開墾地には当然のごとくに広大な原生林の山林が含まれたのである。王子木材はこれにより、労せずして道内各所において山林地主となり、年間を通じての大量・定形の造材搬出には鉄道の建設を要求したのだった。
改正『鉄道敷設法』の別表に「 十勝國上士幌ヨリ石狩國「ルベシベ」ニ至ル鐵道」として法定された、上士幌からの延長線も、そのひとつである。1920年代後半の政友会と憲政会との政争の具とされて時間を浪費したものの、1934年に着工して1937年9月26日にユウンナイの糠平に、1939年11月28日には最奥地の十勝三股に達した。両駅の土場には造材の溢れたと記録され、それを満載した列車の行き交ったに違いなく、沿線住民には生活革命とも云える利便で生活の安定に寄与したのも確かではあるが、戦後に木材資源の枯渇とともに、資本はこれを打ち捨てるのだった。

透過層雲の雲底が湖面に接するような糠平湖岸を往く723D。隧道をひとつ越せば糠平に着く。
画角は既出で、糠平 (士幌線) 1978 の夏姿になる。
1955年の客貨分離以来の一日に5往復運転は、その内の1往復分には乗車するし夜間には撮れないから、撮影チャンスの2回から3回程度は効率の悪いこと、この上無かった。

[Data] NikonF3P+AiNikkor180mm/F2.8ED 1/250sec@f8 FujiSC56filter Tri-X(ISO320) Edit by LightroomCC on Mac.

関連記事

コメント

こんにちは

「開拓」事業にあたって「囚人を使うとお金は少なくて済むし死んでも犯罪者だから誰も悲しまないし何の問題もない」という報告書のようなモノを政府が受け取って「諾し!」とGOサイン出したという話をいろんな本で読みましたし 周辺市町村史にも書かれているのを読みました 
そう言う報告書を書いた者やGOサイン出した者が地元英雄として神社に祭られていたり(道東方面にはそう言うのないですが) あーもうなんて歪んでるんだろうと 地元民衆史を学ぶたびに思います 
その昔 十勝三股と白滝を結ぶ線路の計画も(当時まだ森林資源が豊富だった白滝の村会議員中心)あったと白滝村史に書いてありました 長男がそれ読んでずっこけました汗

  • 2015/05/28(木) 23:26:29 |
  • URL |
  • Jam #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは、Jamさん。
いつも、ありがとうございます。

時の太政官、金子賢太郎ですね。自由民権運動の弾圧に手を貸したのもコイツです。
そして、「北海道三県巡視復命書」での彼の建議を喜んで受け入れたのも参議だった伊藤博文です。
この伊藤ってのは、全くに保守反動のカスとしか云えません。
こんな輩が「偉人」とは恥ずかしい限りです。

  • 2015/05/31(日) 18:40:12 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/806-46016dd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。