"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯の川 (函館市交通局・湯の川線) 1977

hakodate_siden_04-Edit.jpg

「蝦夷拾遺」に記録された徳川幕府による1785年から86年の調べで、上湯川村と下湯川村には300人余りの人々が暮らしていたと在る。それが和人なのか先住民族なのかの記載は無い。江戸期に集落を指し示していた「村」は、開拓使の時代となって1869年に渡島国亀田郡に組み込まれて引き継がれ、1879年には行政区画としての上・下湯川村が成立して下湯川村に戸長役場が置かれた。当時に道南の拠点に発展しつつあった函館区に隣接し、その市街地から東に6キロあまりを離れた郊外であった。
現在の湯川に対する先住民による yu-pet(ユペッ=温泉川の意)の地名とおりに、下湯川村には温泉の自然湧出していたと云い、1885年には高温の湯脈の掘り当てられ、翌年12月に湯川村温泉(浴場?)が開場、以後源泉の掘削の続いて1890年代に至れば温泉旅館に別荘などの温泉街が形成され、当時には湯川沿いを湯川温泉、松倉川より海岸側を根崎温泉としていた様子である。1887年には函館市街と結ぶ新道も開通して温泉街は活況を呈したのではあるが、徒歩ないし人力車や馬車に頼らざるを得ない交通に加え、物資輸送に往来した荷重の在る馬車の増加を想定していない道路は、融雪期や長雨の季節ともなれば、それこそ「馬体没する」悪路と化し、次第には温泉客の遠のくところとなっていた。
これには湯川側から函館湯川間鉄道の敷設運動の起こり、それは紆余曲折の末に亀田から函館連絡を優先した亀函馬車鉄道として1895年に設立登記され、1897年に函館市街区間の一部を先行開業、同じく函館-湯川間の蒸機鉄道を計画していた函湯鉄道(後に函館鉄道)と合併後の1898年に亀田までと共に湯川までの路線を開業したのだった。本社を置いた東川町(現在の函館市役所東側付近)から延長の線路は前記の新道上に敷設された。
この亀函馬車鉄道を改めた函館馬車鉄道の開通は、湯川温泉復興の起爆剤となり保養温泉としての地位確立に寄与し、1911年10月1日付での函館水電への買収にともなう電気鉄道への転換を経て、1943年11月1日の函館市による経営へと繋がるのだった。
松風町を起点に湯の川まで6キロの函館市役所交通局湯の川線の開業日は、その電気運転が実現した1913年6月29日が採られている。

写真は終点湯の川停留所に進入して来る710型の711。
1985年の国鉄五稜郭車両所での車体更新を経て、2009年度末の廃車まで50年を生き延びた車両のオリジナル当時の姿、と云うことになる。
この湯の川終点は、ほぼ函館馬車鉄道開業の湯川の位置と思われるのだが、戦後の1949年6月13日付にて温泉入口停留所からの区間が一旦廃止され、1959年9月2日に再延長となったものである。その際には温泉入口を改めた湯川を湯の川温泉とし、ここを湯の川と、共に「の」入り名称が採用された。函館市の住居表示は湯川のままであるから、これは温泉街側の表記に合わせたものであろう。

[Data] NikonF2A+AiNikkor50mm/F2 1/250sec.@f8 Y48filter Tri-X(ISO320) Edit by LightroomCC on Mac.

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/801-1ebc1c30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。