"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

志撫子仮乗降場 (湧網線) 1977

shibushi-Edit.jpg

常盤仮乗降場 (天北線) 1985 にも書いた通り、北海道における鉄道景観の重要な一部を成すところとなった「仮乗降場」は、1954年に旭川鉄道管理局の第二代局長を任ぜられた斉藤治平を無くして生まれなかったとして過言ではない。「国鉄自動車経営論」の著作の在るとおり、地域交通に通じていた斉藤は赴任直後より多くの開拓地を抱えた管内の巡視から、始まりつつ在った「ディーゼルカー」の配備を背景に、それをバスのごとく頻繁に停車させることを考えたのである。
1954年11月半ばの網走方面巡視には、前年に全通を果たしたばかりの湧網線も通過し、沿線首長からの陳情も受けたことだろう。1955年12月25日と記録される遠軽機関区に新製配置のキハ10000形(後のキハ02形)-9両による同線客貨分離に際して、新たに線内6箇所の乗降場が置かれ、志撫子仮乗降場はそのひとつであった。

設置には既存停車場からの距離も勘案されたであろうが、ここに限ればその中湧別起点15K290Mの地点は、隣接の計呂地まで僅かに1240メートルしか離れていなかった。当時に付近にはサロマ湖での漁業者ら数軒からなる集落が所在したのではあるが、これは志撫子川の谷底を7キロ余り遡るまで散在していた本来の志撫子部落(当時の呼称)への利便を図ってのことであった。計呂地までの1キロを余計に歩かせず、気動車の加減速に優れた特徴を活かした短距離間での停留所設置は、斉藤治平の真骨頂と云えよう。
気動車1両分程度の粗末な板張乗降台の設備ではあったにせよ部落の利便に貢献したに違いなく、住民らの手により仮乗降場には例の無いような、ほぼ乗降台の長さに等しい待合施設が造られていた。住民(もしくは旧住民)の方によると思われる年表-志撫子郷土史には1957年10月18日の建築と記録されている。1964年7月17日の項で、これも乗降場にはあまり例を聞かない便所を設置したとの記述も見える。
ここには1977年の冬に始めて降り、翌冬にも再訪したのだけれど、寒冷にフィルムの折れてしまうアクシデントに、結局はその翌年と3年を続けて通ったのだった。

写真はサロマ湖畔を芭露へと走り去って往く924D、中湧別行き。
米粒ほどの単行気動車はご容赦いただきたい。この湖面に突き出した簡素な桟橋を画角にしようとすれば、どうしても広角の選択になってしまうのである。前述の年表によれば、この漁業施設も志撫子の住民が1972年4月に設置したものと云う。その延長は湖上200メートル程は在ったと記憶する。

[Data] NikonF2A+AiNikkor28mm/F2.8 1/250sec.@f5.6-8 O56 filter Tri-X(ISO320) Edit by LightroomCC on Mac.

関連記事

コメント

こんにちは

何年か前に志撫子と計呂地のとあるところで植樹をしました 主催は地元漁協婦人部と農協で それは漁のための植樹でした まだまだ樹が育ち地を固めるには日が浅いですが 毎年行われていたこの植樹が海を豊かにすることを願い行動する、いきのいいおばちゃんたちを記憶しています  
人口少ない集落ながら湧網線沿線住人はぜんぜん元気だったのですけれどもね 廃線された今となってはどうもこうもないんですが つくづくもったいない思いです
郷土史を書かれているお方は私の知人の知人で湧別の漁師さんです 毎年流氷の素晴らしいお写真を撮られております    

  • 2015/05/05(火) 17:26:32 |
  • URL |
  • Jam #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんばんは、Jamさん。
そうでしたか、WebSiteの署名は「昭和の小漁師」となっておりましたが、
現役の漁師さんでしたか。
同じSiteの計呂地郷土史もそうですが、実に詳細な記述には、おそらく集落の誰もが持っていたであろう、
共同体意識を強く感じます。
学校や鉄道は、そのような意識の拠り所でも在ったでしょうに、それの失われた今、
何が代替したものか。
つくづくに奪うばかりの日本の国家権力機構です。

  • 2015/05/05(火) 22:58:48 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/798-85a9a622
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad