"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大夕張炭山 (三菱大夕張炭礦大夕張鉄道) 1972

oyubari_02-Edit.jpg

幼少から十数年を暮らした北海道から内地に転じて、そこへは均一周遊券を手に通うようになった1970年代初頭とは、1962年の原油輸入自由化以来の炭礦閉山が、期せずしてその最終段階を迎えた時代であった。
年間5000万トンの出炭を確保しつつも低能率炭礦の整理と優良炭礦の保護育成を同時進行とするスクラップアンドビルドと呼ばれた石炭政策の破綻が明らかとなり、1968年12月25日に出された石炭鉱業審議会答申を受けての1969年1月の「今後の石炭政策について」の閣議決定、所謂「第四次石炭政策」は、石炭産業自体の縮小均衡を明示した歴史的転換点をなし、経営基盤の維持や累積債務に再建の困難な炭礦の漸次的撤退を誘導していた。
ところが、それに出炭規模の明示されないままでの閉山交付金の単価引上げに経営者の腰が浮いたところへ、「企業ぐるみ閉山」に対しての特別閉山交付金制度の新設が炭鉱労働者の動揺を呼び込んだ結果、ビルド鉱とされた優良鉱も含め閉山を雪崩状に誘発してしまったのだった。1969年度から1973年度までに、北星、茂尻、雄別、尺別、羽幌、奔別、夕張第二、美唄などの大規模炭礦を筆頭に実に58礦が失われ、道内炭礦は14礦を残すのみとなっていた。
それゆえ道内の運炭線がほぼ壊滅へと至ったのもこの時代である。国鉄線は運炭列車の皆無となっても線路は残ったけれど、地方鉄道や専用鉄道、専用線の多くは路線廃止へと向かった。
随分と前の記事でも告白したのだが、実のところそれらをほとんど撮っていない。ごく一部を除き蒸機鉄道であったから、勿論にいずれ撮るつもりではいたのものの、国有鉄道の本線系線区に大型機が健在であれば、どうしても眼を奪われたし、運炭線の多くは撮りたいロケイション恵まれずに後回しとしているうちに前述の雪崩閉山の事態を迎えたのである。

三菱大夕張炭礦大夕張鉄道には1972年の夏にロケハンのつもりで訪れ、明石町-千年町間の深い沢に架けられた5号(旭沢)橋梁の特徴あるトレッスル橋を確認していたのだが、乗って往復した列車を除けば日中に1本だけと云う当時のダイヤには撮り損ねてしまい、翌1973年11月の北部礦閉山、12月16日の南大夕張以北の廃止にはそれっきりとなった。大夕張炭山に所在の機関庫を訪ね、選炭場のホッパを見上げる構内を歩き回ってのカットが手元に残るのみである。

写真は、大夕張炭山の乗降場に一旦入線の後、入換に後退して往く混合4列車。次位のナハフ1には勝手を知る乗客らが既に乗り込んでいた。後位に石炭車を増結して再び乗降場に据付けられ発車を待つのである。
牽引のNo,3は、1937年度の専用鉄道から地方鉄道への変更申請に際しての自社発注機で、同年8月の日立製作所笠戸工場製である。当時にNo,2からNo,8まで7両が在籍した9600型の中で、同じく1941年自社新製のNo,4と共に切取形テンダに特徴があり、これに出会えただけでも満足したものだった。

[Data] NikonF photomicFTN+P-AutoNikkor5cm/F2 1/250sec@f5.6 Y48filter NeopanSSS Edit by PhotoshopCC on Mac.

[お詫び] 本業の多忙は4月にも持ち越してしまい更新の捗りません。ご容赦下さい。

関連記事

コメント

炭鉱鉄道

炭鉱鉄道は積年の憧れです。
特に湯口徹さんの写真にあるような昭和30年代の怪しい雰囲気は堪りませんね。
古典ボールドウィンにゲテモノ客車を連ねた「雄別の通勤列車」など、夢でもいいから出会えたらと思う位ですが・・・。

大夕張も縮小された後しか知りません。
大夕張炭山の先達の写真も機関車中心の写真が多く、こういった全体の佇まいが分かる写真は貴重です。
木張りのホームや素朴な木造建築が開拓地の様な炭山の雰囲気を伝えますね。

  • 2015/04/12(日) 10:54:05 |
  • URL |
  • 風太郎 #ORZvdv76
  • [ 編集 ]

Re: 炭鉱鉄道

この炭山駅の駅舎は近年まで廃屋となって現存していたみたいですね。
駅と云っても、ホッパに続くヤードの外れに所在の炭礦従業員向け乗降場が正解で、
質素な本屋の入口は幾本ものヤード線に面していたと記憶しています。
それなりの延長のホームを有していたに関わらず、本線有効長の関係からなのか、
機関車次位、清水沢方に組成の客車はホームを外れて停車していたのが運炭鉄道らしいと云いましょうか、
なんとも愉快な光景でした。

  • 2015/04/13(月) 00:22:55 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/793-8d4592e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。