"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倶知安 (函館本線) 1982

kutchan_21-Edit.jpg

そこには18時05分が定刻の倶知安発車に夕刻が近づけば三々五々写真屋達が集まり始めるのだった。勿論、C11の逆向き運転の観光列車でもC62が短い編成を牽いた展示運転でも無く、それの重連が本州連絡急行<ニセコ>の仕業に就いていた頃の北四線踏切の話しである。
集合と云っても、せいぜい10人を超える程度は近年の狂乱の比では無かったものの、定番の画角を得られる位置は限られて、皆が踏切取付道の盛土中程で団子のようになって撮っていたものだった。なので、この画角を一度押さえてしまえば他の位置を選びたいところではあったけれど、前に出る訳には往かずに些かもどかしかったのである。
それの叶うのは、71年9月にC62が三重連運転などと云う愚挙の果てに走り去り、さらに2年を経て山線蒸機が終焉を迎え、そこが静寂を取り戻してからのことだった。

もともとに蒸機は身近に過ぎて、近代車両に惹かれていたくらいだったのでその喪失感は薄弱で、寧ろひとりきりで自由に画角を選べるのが喜ばしく、幾度かそこに立ったのだった。<ニセコ>はメインの被写体に変わりはなかったものの、優等列車の風格が失われつつあった時代に、客車急行の重連牽引であることとスロ62組成を除けば遠目には普通列車と大差の無い姿に次第に飽きてしまい、忘れた撮影地にはなっていた。
その復活は、ここでも編成の14形座席車系列への置替である。特急寝台の設定が無かった道内で機関車次位に深い丸屋根こそ続かぬにせよ、それを彷彿とさせる姿は十分に魅力的だったのである。1972年製の新系列客車には旧型客車編成の重厚さの失われたとの評も聞いたが、こと<ニセコ>に関しては列車に風格を与えたと思える。比すべき列車の無かった道内で気動車特急に匹敵する設備を得、加えて重連の機関車の牽引が寄与したと云うべきか。

この頃、無人となった農家の残されたここの農地には毎年に麦が育てられていた。馬鈴薯の輪作作物とは知っても、どちらがどちらのための地力回復作物なのかは知識のないのだけれど、完全な輪作では無かったように覚えている。
真狩山を背に峠へと向かう101列車<ニセコ>は定番の画角ではあるが、真狩山に架かる雲に麦の植列を意識したタテ使いにはだいぶ踏切寄りに立っている。
小麦は秋蒔きで、後ひと月程にてそれこそ小麦色に染まり収穫を迎える。

[Data] NikonF2A+AiNikkor105mm/f1.8S 1/250sec@f5.6 Y52filter Tri-X(ISO320) Edit by LightroomCC on Mac.

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/787-f22b48ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。