"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

森 (函館本線) 1989

mori_08-Edit.jpg

門静 (根室本線) 1980 で函館-根室間急行<まりも>のことを書いた。小樽回りの函館-札幌間に1986年10月31日まで運転された<ニセコ>は、1965年10月1日改正を以てそれを札幌にて分割した一方であり、一旦は<ていね>と付された愛称を1968年10月1日改正にて改めたものであった。
この列車名は1962年2月1日から運転の札幌-倶知安間の線内準急に用いられたのだが、ニセイコアンヌプリ(Nisey-ko-an-nupuri)の南麓斜面一帯を指したニセイコアンの地名が、1910年代に始まるこの地でのスキーの歴史とともにアイヌ言葉本来の音節を無視したニセコと略されて、1964年には狩太町を改めた町名ともなり、狩太駅も1968年4月1日付でニセコ駅と改称されれば、本州連絡列車には札幌近郊の山名より相応しいとされたのだろう。
一定の年齢以上の方々には長万部-小樽間をC62重連の牽いた急行としても高名だが、その撮影には自らも参入しながらも1960年代を札幌に暮らした古い鉄道屋としては、それは<まりも>に<ていね>だと云う気がしてならなかった。DD51の牽くようになってからは、スロ62の組成されこそすれ普通列車とあまり変わらぬ姿に印象の薄く、<ニセコ>と聞けば寧ろ1981年2月に14系座席車に置替られてからの整った編成美を思い出す。
青20号にクリーム10号の帯を引いた幅1485ミリの固定窓の連続する車体は、確かに特急車の風格だったのである。だいぶ草臥れたとは云え、その片鱗は今の<はまなす>にも伺える。
蒸機以来にはあまり撮ることのなくなっていたのだが、山形以北をDD51が牽いた<つばさ51号>を撮りそびれていた身としては、その再来にも思えたのだった。
けれど、本州連絡列車の重責の下、7両の組成に航送郵便車・荷物車の3両を連結した堂々とした姿は僅か2年足らずのことで、1982年11月改正からは没落の始まってしまう。この辺りのことは 七飯 (函館本線) 1983 で書いている。

1986年11月1日の改正では遂に廃止に至るも、発表された運行図表にはほぼ同じ時刻にて8101・8102の予定臨時列車のスジが引かれていた。それは<ニセコ>の多客臨としての存続と見て取れたのだが、同年12月24日の運転初日に現れた編成は、キハ56/27系列内燃動車による3両組成であった。1987年の春臨に夏臨、そしてそれ以降にも14系客車の運用を待ったものの叶うこと無く、1993年夏臨期設定を以て運転を終了し、翌1994年3月改正ダイヤではスジ自体も消滅したのだった。

真夏の西陽を受けて森駅2番ホームに停まるのは8101D<ニセコ>。この多客臨時列車は、特急街道と化していた函館本線に在って時代遅れの非冷房車に乗客も疎らと記憶する。優等列車には違いないのに臨時列車ゆえなのか、それを退避する砂原線からの普通列車645Dに1番ホームを譲っての2番着発は、かつての幹線急行の落日を示す印象的なシーンでもある。

[Data] NikonF4s+AiNikkor50mm/F1.4S 1/500sec@f5.6 Fuji SC48filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

関連記事

コメント

おはようございます。
急行型が急行列車として走る姿は、臨時列車であったとしてもいいものですね。
この当時でも時代遅れの車両だったのだろうと思いますし、既にノスタルジーを感じさせる列車だったのだろうと思いますが、一時代前の鉄道の風景を思い返すには充分な光景です。
森駅にはここ数年で何度か訪ねる機会がありました。
ちょうど車両からの発火を発端とした減便の時期には、遅れてやってきた特急列車が、リゾート列車用の3両編成で、ぎゅうぎゅう詰めの移動だったことが最近の一番の記憶です。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

  • 2015/02/20(金) 09:31:11 |
  • URL |
  • 風旅記 #O7xVy9HA
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは、風旅記さん。
道内に数多在った遜色急行を想えば、堂々の正統派にも見えますが、かつてには14両組成で本線を駆け抜けた姿を知る身としては落日急行以外の何物でもありませんでした。
それが、ニセコの列車名標を掲げるのですから尚更です。

  • 2015/02/23(月) 17:52:51 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/778-101889dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad