"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

門静 (根室本線) 1980

monshizu_08-Edit.jpg

根室本線の末端区間に残存した客車普通列車 441・444(1980年10月改正より441・442)列車は、1982年11月15日改正まで札幌運転区(当時)受持の運用番[札1]によるスハフ44-スハ45の2両で運転されていた。それは寝台車7両にスロ54の[札附1]を伴う札幌-釧路間417・418列車<狩勝>と共通運用であり、早朝に釧路駅1番線に到着した417列車からは、その基準駅寄り(道内では函館が基準駅)に組成の[札1]が前位に連結の[北東航21]のオユ10、[北東航1]のマニ36ないし60(後にマニ50)と共に切り離され、滝川方に引上げの上2番線に転線、441列車に仕立てられており、444列車の釧路着後には釧路操車場で[札附1]編成と連結する構内作業が行われていたのである。

これは、夜行<狩勝>の前身である<まりも>が、かつて根室着発で運転されていたことに由来する。
1949年9月15日のダイヤ改正にて設定の函館-釧路間急行列車は、翌1950年10月1日改正にて札幌以遠夜行区間の準急運転を廃して全区間が急行となり、1951年4月1日付で<まりも>の愛称名が与えられると、1952年9月1日からは釧路-根室間が普通列車にて延長されたのだった。手元の1956年11月19日改正時刻表には函館-根室間の全行程で21時間余りを要する運転とある。
ただし、食堂車を組成し1954年10月改正より2等寝台車(マロネロ38、後にマロネ29)を、1956年5月からは3等寝台車(ナハネ10)も連結した列車だったのだが、それらは全て釧路止まりであり、根室行きの客車行先標を掲げたのは編成中の2等車(オロ35・スロ52など)を含む座席車の4両ないし5両であった。
当時に<まりも>は基準駅寄りから優等寝台車-寝台車-優等座席車-食堂車-座席車とする編成順序の原則に忠実に組成されており、函館方に連結された上野発着の荷物車に郵便荷物車の航送車も根室まで延長された関係からも、釧路では編成から根室行きを抜き出しての再組成、上りならその逆の入換作業を伴うことになった。根室着発の車両は旅客乗車のままで構内を引き回されたのである。
列車としての函館-根室間運転は下りが1960年10月改正で、上りも翌1961年10月改正で釧路打切りとなるのだが、これは設定上に普通列車区間が分離されたに過ぎず、客車運用は繋がっていて実質には何ら変わることの無く、昼行区間の函館-札幌間を<ていね>として分離した1965年10月改正以降も同様に、基準寄りから[オユ10-マニ36(60)-寝台車7両-スロ54-スハ45-スハフ44]とされた12両から抜き出された[オユ10-マニ36(60)-スハ45-スハフ44]の組成が441・444列車として根室に達したのだった。444は時刻が立替られてしまったのだが、441では引続き乗り通しが可能であった。運用が函館客貨車区から札幌運転区持ちとなりスハ45-スハフ44に[札1]、寝台車組成に[札附1]の運用番の与えられたのも同改正からのことである。
根室線系統急行の愛称が<狩勝>に統一されて以降の1973年10月改正で、[札附1]の根室方に組成の[札1]を基準寄り側に変更(同時に[札附1]のスロ54もその基準寄りとした)、郵便・荷物車の次位として釧路での組成変更の入換を解消したのが冒頭に記した姿であった。

写真は、南岸低気圧のもたらした激しい降雪の厚岸湾岸を往く442列車。門静の疎らな集落の背後に見えるはずの画角の既出はお詫びする。
後追いの後部はスハ45である。前記のごとく[札1]の[札附1]前位側連結によりスハフ44が荷物車次位となったためであり、これには尾灯を装備したスハ45が限定運用されていた。
付記すれば、1981年10月改正で再び<まりも>に戻されたこの運用に14系座席車の投入された1982年11月改正以降も、航送車の連結には釧路客貨車区に持替として客車運用の存続し、[釧2]の運用番にて同区のスハ45やスハフ44、オハ47、スハフ42が使用された。運用を失った札幌区からの転入は無く、[釧1]の421・422列車の編成減車による捻出分の充当であった。

[Data] NikonF2A+AiNikkor50mm/F1.4 1/250sec@f2.8 Fuji SC56 filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopCC on Mac.

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/776-a8255e95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。