"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生田原 (石北本線) 1975

ikutahara_04-Edit.jpg

石北本線の遠軽-北見間は、湧別軽便線として1912年から1915年にかけて順次延伸開業した区間である。この国有鉄道唯一の762ミリ軌間を含んだ線路の沿革については、以前に 常紋信号場 (石北本線) 1983 から3回に分けた記事に書いている。
ここに開業時に置かれた、安国(旧下生田原)、生田原(旧上生田原)、金華(旧奔無加)、相ノ内(旧上相ノ内)、東相ノ内(旧相ノ内)の各駅には、当時からの特徴的な配線構造が残されている。これは後に名寄本線に含まれた同軽便線出自の開盛(旧社名淵)、上湧別も同様であった。
これらには、行違いの上下本線が島式乗降場を挟みながらも、一方はそれを使用すること無く駅本屋に接しても設けられた乗降場で扱いを行う設備・配線が採用されていたのである。その本屋側本線が両側で乗降場に接するところが特徴的と云える。同様事例の多くを認めるものでは無いから、湧別軽便線に積極的に取り入れられた設計として良かろう。
けれど、それに至った思想背景は良く分からない。待避線を、この構造に依らない留辺蘂と遠軽、名寄線区間の中湧別の設備とした行違いの上下本線のみには島式で事足りたと思われる上、金華を除けば一方の本線外側には待避線としても用いられたであろう貨物着発線を持つのである。
道内での類例は函館本線の赤井川に一例のみ存在し、1904年開設のそこでは本屋側本線を上下で共用し、島式側を待避線に専用することで本線側運転列車による島式乗降場との通行遮断を回避していたのである。敷地上の事由から乗降場の千鳥配置の取れなかったゆえの措置と考えられる。けれど、この石北線各駅は千鳥状に近い配置となっており、本屋側に上下列車の着発したでもない。
事情ご存知の方のおいでなら、是非ご教授頂きたい「謎」のひとつである。

写真は生田原で対向列車を待つ521列車。
白滝方面や名寄線、湧網線などの撮影後、北見へ夜行<大雪>を迎えに往くのに、この列車には良く乗っていた。網走まで乗りたいところではあったが、北見で50分近く停車するものだから<大雪>の網走発車に間に合わず、それには北見で連結の回転車と云うことになっていた。
混合列車が主体であった石北線普通列車の中で札幌連絡(上りは小樽行き)の521・522列車は別格で、<大雪>とともに郵便・荷物輸送も担う重要な地位にあった。上川以遠釧路までの区間で蒸気暖房によるのもこの2列車に限られ、写真の情景は、この列車ならではだったのである。

[Data] NikonF2A+AiNikkor50mm/F1.8 Bulb@f11 NONFilter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

関連記事

コメント

521列車

こんばんは
滝川の実家から母方の祖父母の住む愛別へ向かう際に何度も乗車しました。
両親は旭川での長時間停車を嫌っていましたが、小学生の頃に妹と二人で愛別へ向かった際は乗り換えの心配が無いこの列車は貴重な存在でした。
何とも懐かしい列車です。

  • 2014/11/10(月) 22:13:11 |
  • URL |
  • kattsu-mqc #ElJgphU6
  • [ 編集 ]

Re: 521列車

こんにちは、いつもありがとう御座います。

愛別には急行が停まりませんので、必然的にこの列車の選択になったのでしょうね。
旭川を挟む区間での乗車経験はありませんが、そこでの下りで40分余り、上りなら1時間近くの停車には、
余程の鉄道好きでない限り嫌われて当然でしょう。
この頃、道内各線には列番の下二桁を21・22としたエースナンバーの普通列車が残存していて、
その他の線内列車とは格の違いを誇示していましたが、
特に石北線系統では、スハ32とは云えオハ62ばかりの中に在っては格差の歴然と見えたものです。

  • 2014/11/11(火) 13:30:59 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/750-9cd80569
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。