"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斜内 (興浜北線) 1981

shanai_04-Edit.jpg

午前3時に音威子府で下り<利尻>を凍てついたホームに降りれば、向かい側に天北線始発列車の据付けられているのは有り難かった。それには運用車送込みを兼ねた興浜北線直通北見枝幸行きが組成されて、6時には斜内へ到着する。誰もいない車内に駆け込み直ぐに睡眠の続きとしたものだった。

1月半ばの北オホーツク岸の朝は冬至をひと月程過ぎたとは云え、まだ夜明け(常用薄明)に至らない未明である。外が吹雪いていようものなら、そこにひとり気動車を降りるには勇気の要った。氷点下の冷気に照度の上がらない蛍光灯の薄暗い待合所に逃げ込んで風雪を凌ぐけれど、枝幸から折返して来る列車は7時なので、神威岬の燈台へ向けてはすぐにでも歩き出さねばならない。昨夜来の積雪に地吹雪の様相の国道を急ぐのも難儀には違いなかった。
けれど、そうでもしないと、この北辺のルーラル鉄道には撮影チャンスの確保が出来なかったのである。神威岬に列車のやって来るのは、この7時の上りの後には8時・9時と12時・13時に通過する一ヤマずつに15時半の下りの計6本、日没を過ぎた17時前のそれの折り返しはもう撮れない。
午前中の3本で切り上げ、11時の宗谷バスで浜頓別へ引揚げも出来たけれど、それから稚内方面に移動したとしても今度は撮るべき列車のなくて、結局は一日を斜内山道で過ごしたのだった。
とは云っても、訪れる度に風雪の吹き荒れた神威岬である。2度の3時間近いの空白には駅待合所までの避難も考えたものの、そこへ往復するのも面倒に思え、結局は風の岩陰に身を縮めてやり過ごすのを選んでいた。
長い列車間隔の暇つぶしにはならぬにせよ、持参の断熱シートを尻に敷いて座り込み、いつものように固形燃料で湯を沸かしてコーヒーをドリップすれば、それはそれで最高の贅沢に違いなかった。ただし、低温と回り込んで炎を乱す風には、燃料の浪費と引換えである。

夕刻の近づいてようやくに強風の治まった中を北見枝幸へと走り去るのは927D列車。スノウプラウの雪掻きでようやくに線路が現れた。
これの折り返しにて浜頓別へ戻るので、手早く機材を撤収せねばならない。
ここで、丸一日を風音と波涛の響きを聴いて過ごすと、帰りの夜行で眠ろうにも耳鳴りのして困ったものだった。

[Data] NikonF3HP+AiNikkor50mm/f1.4S 1/250sec@f5.6 Y48filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

追) この記事より、しばし予約投稿です。

関連記事

コメント

雪景色

こんばんは。
来たる冬が高山本線でのキハ40のラストチャンスとなります故、
私もこちらのようなカットを何としてもモノにしたいと狙っております。
因みにコロナビールが好物です。
(私は酒類が無くとも生きていける人間ですが・・・)

  • 2014/10/22(水) 21:57:47 |
  • URL |
  • 影鉄 #-
  • [ 編集 ]

神威岬

未明の4時過ぎに音威子府を発車する天北線は、「日本一早い始発列車」だったのではと思います。
確かに爆睡列車でもありましたね。

斜内に下りたのは私の時も厳寒期でしたから、目梨泊までの5km余りは生きた心地もせず、
くだんの岬に気付かぬまま通り過ぎてしまうという失態を演じて、
もうヤケクソで流氷越しに撮ったのを思い出します。

興浜北線は結局それ一回きりになりました。忘れ物を取りに行くように、もう1回リベンジの旅がしたかったですね。
神威岬でひとり過ごすという苦しくも贅沢な時間を、私も体験したかったです。

  • 2014/10/22(水) 22:58:41 |
  • URL |
  • 風太郎 #ORZvdv76
  • [ 編集 ]

Re: 雪景色

こんばんは、影鉄さん。

高山線も今頃は紅葉黄葉の盛りでしょうね。10月末ともなれば、雪の舞う日もあるはず。
東海会社の普通列車塗色は、引き絵だと雪景に同化してしまうのが難点です。
対して、かつての首都圏色は、モノクロには緑色に埋もれて困りモノでした。
なかなかに、都合良くは往かぬものです。

  • 2014/10/23(木) 00:39:40 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

Re: 神威岬

此処には、1980年前後に都合5回、それも冬ばかりに通いました。
それで一度も晴天には出会えず仕舞い。曇天は疎か、何時も風雪でした。
なので、私も心残りの地点になっています。
吹雪には線路際の低い岩を背にして縮こまっていたものです。

始発時刻の早さでは、福島発3時18分の盛岡行き、てのがありました。かつての上野から青森行きを区間分割した列車でしたが。

  • 2014/10/23(木) 01:06:31 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/708-81ff1e1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。