"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜頓別 (天北線) 1985

hama_tombetsu_05-Edit.jpg

旭川稚内間鉄道は1896年に成立の『北海道鉄道敷設法』(1896年5月14日法律第93号)第二条に規定の「石狩國旭川ヨリ北見國宗谷ニ至ル鐵道」を建設の根拠とし、この年7月の臨時北海道鉄道敷設部による調査をもとに早急に建設に着手すべき第一期線に組み入れられたものである。法定条文に経過地の記されないこれに対し、同敷設部は音威子府以北区間について「天塩川・サルペツ原野回り」と「頓別・猿払原野回り」の比較検討から、距離の短く且つ北見・天塩国境越えにも勾配の緩い前者の採用を前提に、名寄以北区間の工事を1909年9月に着工したのである。
しかしながら、この1900年代初頭は、道内における鉄道敷設の主導権が、それまでの大地主たる華族集団から当時に台頭しつつあった新興資本とその代弁者たる政治家・政党へと移行する時期と重なり、鉄道の誘致は各所において、巨大政党であった立憲政友会とそれに対立した同志会(後に憲政会)の地盤と利権確保の具とされ、この音威子府以北区間もその政争に巻き込まれるところとなった。ここで予定の天塩経由維持を主張したのは政友会であり、反政友会系の大同クラブ(同志会)が、頓別原野経由とする『北海道鉄道敷設法』改正案を提出した1912年2月の第28回帝国議会にて両者は厳しく対峙し、線形からも建設の容易さからも天塩経由の優位性は疑いの無いところではあったけれど、その激烈を極めた政争に鐵道院の正論の入り込む余地も既に無かったのである。
これは鐵道院総裁後藤新平の政治判断をして頓別回りにて決着するのだが、そこには同時期にやはり海岸線と山手線との争いの在った湧別原野網走間鉄道の政友会が主張する山手線採択と相互に裏取引の存在も囁かれるものの、確証は残されていない。
いずれにせよ、鉄道線路は、この頓別原野経由線と云い、常紋国境越えの山手線と云い、比較線のありながら難工事の想定される経路に建設せざるを得なくなるなど、最早鐵道院が自主判断で合理的に選定出来るものではなくなっていたのだった。

頓別原野線は、この決定を受けて同年10月に小頓別まで区間から順次着工したものの、そこの天北隧道が軟弱地質に加えての強い土圧に難行し、頓別川流域から猿払原野に続いた泥炭地への路盤構築にも難儀して稚内への到達は1922年11月1日にずれ込み、それは政友会の巻き返しにて着工された天塩回り線の全通に僅か4年を先行したに終わった。しかも、距離の長い上に宗谷丘陵越えに半径300メートル台の曲線に12.5パーミル勾配の連続する線形は、それに樺太連絡の幹線の地位を譲らざるを得ないものであった。
とは云え、開通した線路は頓別・猿払原野の開拓に資したには違いなく、中頓別町史や浜頓別町史には入植の促進による沿線駅周辺集落の発展と現在には想像も出来ない繁栄の様子が記録されている。

建設距離の短縮のためであろうか、常盤付近からクッチャロ湖西岸の通過を予定していた線路を当時の頓別集落に近づけ東岸経由とさせたのは、その一帯に土地を所有していた菅野栄助であった。菅野は用地の提供を申し出て、そこに浜頓別停車場が置かれた。そればかりか原野であったそこへの市街地形成にも私財を投じたと町史にある。浜頓別の駅名は頓別川流域原野の最も海岸寄りの所在から鉄道院の付名したものだが、やがては新市街と呼ばれていたその地名となり、後に町名とまでなった。なので、浜頓別市街は頓別市街よりも内陸に所在する。

写真は浜頓別に到着する303列車<天北>。
この日、上川地方大雨による80分の遅延は日没直後となって、7月とは云え露出の苦しいのは否めない。

[Data] NikonF3P+AiNikkor180mm/f2.8ED 1/30sec@f2.8 Fuji SC48filter Tri-X(IAO320) Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/698-7810262d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。