"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

一抗 (日曹炭坑天塩砿業所専用鉄道) 1972

nisso_04-Edit.jpg

2013年3月29日の記事 一抗 (日曹炭坑天塩砿業所専用鉄道) 1972 に「この鉄道は転車台を持たなかったのではないだろうか」と書いた。実際に上り豊富行きの正向きに対して下りは逆向き運転であり、ポッパも所在したこの一抗の機関庫付近にも、その広い構内にもそれらしき設備を認めなかったことも推定事由だったのだが、訂正せねばならない。転車台は在ったのである。

但し、それはかつて睦町や新町と呼ばれた炭住街を通り過ぎた、三抗の構内だったと思しき位置である。Web上に数多在るその遺構の写真に見て取れる円形の浅いピットは、それ以外の築造物の可能性も無きにしも在らずだが、ほぼ転車台の遺構と考えて良いだろう。けれど、天塩砿業所三抗の開抗は1945年と記録されており、鉄道の一抗から1.4キロばかりの延伸がその際だとすれば、それ以降の設置と云うことになる。線路終端への設備に不思議は無いのだけれど、ならば1940年2月13日の開業以来に機関車転向をどこで行っていたかの疑問が残る。一抗構内から移設したものだろうか。
一方、豊富側の転車台は国有鉄道の構内に所在していた。天塩線の最終開業区間に含まれて終端駅だったことの無いそこへの設置を訝しくは思っていたのだけれど、これを国鉄機ばかりでなく日曹の機関車も使用したものだろう。設置時期は調べ得ないでいるけれど、この専用鉄道の開業に関連してのことならば合点が往く。或は、本屋から南側に離れた位置に社線豊富駅を設けての接続に、用地上の事由からそれを鉄道省より借用して日曹側が設けたものかも知れない。

1967年の坑内火災を切っ掛けに三抗を失なって線路の再び一抗までとなれば、転車台は移設されること無く放棄されたものと思われる。同時に豊富での転向も意味を成さずに中止され、以降に上り正向き、下りは逆向きの運転としたのだろう。開放型のままのキャブに乗務員の震えたのは、4度の冬だったと知れた。

最終運行翌日、有火のまま機関庫前に佇む9615。
テンダの向こう側に屋根の見えるのが給炭台、石炭の他点火に使われる薪も積み上げられていた。機関車後方に2線の庫があり、手前の建物が機関庫詰所である。
この時には自家用の貨車が留置されていた、一番手前の線路が、かつて三抗へと通じていた本線と思われる。

[Data] NikonFphotomicFTN+AutoNikkor5cm/F1.8 1/250sec@f8 Y48filter NeopanSSS Edit by PhtoshopLR5 on Mac.

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/667-bd386024
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad