"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

静狩 (室蘭本線) 1994

shizukari_04-Edit.jpg

環境に負荷を与えなかった鉱山と云うものは存在しない。露天もしくは地中深くから採炭する石炭鉱山-炭坑なら付随する地上設備や多くの関係者の生活による自然破壊に留まるかも知れぬが、多くの非鉄金属鉱山は目的とする金属の精錬過程を要して、深刻な環境汚染を引き起こした事例に事欠かない。足尾銅山の鉱毒災害は永く記憶されるところである。
長万部村静狩に1917年5月から本格採掘の行われた(通称の)静狩金山も例外ではありえない。当初には産出した良鉱の遥か小坂鉱山等への売鉱を目的に稼行したものが、それを得るための採掘量の増加に比例して貯留する低品位鉱の処理に、1920年8月に処理能力10トン/日の小規模な青化製錬所が稼働すると青酸塩を含む鉱泥と処理排水、それに大量の鉱滓の生ずるところとなった。浸出水と排水は沈殿池に導かれたものの、そこからの溢水はそのままに静狩川に流されたのである。
1923年に静狩金山は個人経営から川崎造船の傘下に入り、その中央資本の下で生産の拡大の続いたであろうが、沿岸での魚介の斃死などの異変も既に発生していたと伺え、精錬施設の一日あたり40トン処理への能力向上を画策していた1930年に至り、漁民による被害申し立てにより北海道水産試験場が行った排水の水質検査の結果、それが強い青酸カリを含有すると認定されたのだった。これに対する事業者側の対応は、多くの同様事例に並んで、排水との因果関係を認めぬものの被害に鑑みて補償だけは行い、施設においては溢水の減少・浄化に努めると云う口約束であり、その後も度々生じた被害に1935年には漁民支援を名目に「静狩水産組合」を設立し、静狩川河口付近で漁をする零細漁民と、被害の及ばぬ噴火湾沖合に船を出す漁民との分断工作までも行っていた。
以前に、静狩 (室蘭本線) 2010 に書いた事例のごとくに、長万部村議会の議員らを始め行政の有力者への買収工作も相当に進めていたことも伺え、長万部町史が静狩金山への協力を示す公文書に一切の保存が無いと記すのは、その何よりの左証であろうか。
1933年に隣接の来馬・小鉾岸鉱山を所有していた住友合資会社との合併にて静狩金山会社が設立され、翌年には一日あたり350トンの処理が始まり、1937年に勃発したアジア戦争の戦時下となれば金属資源の増産は国策となり、それまで廃棄していた程の低品位鉱も精錬対象にそれは1000トンにまで引上げられるのである。1941年、1942年には期間を限って強制的な増産運動も行われ、その1942年3月の水産試験場による調査では海岸に打ち上げられた無数の魚体が確認され、静狩川には溢流した鉱泥が堆積して河口部でのそれは1メートルにも及び、調査官を以てして「其の暴状は何人と雛も許容出来ないであろう」とまで報告せしめている。

ここに見られるのは、武家社会の封建制を内在させたままに発足した新政府の国家主義と誤った近代国家観に支配された資本側の利益優先主義である。民衆を犠牲としたその構図は姑息として良い対応に至るまで冒頭に挙げた足尾鉱毒事件と相似形を成し、戦後の水俣湾沿岸や阿賀野川流域の水銀汚染にも引き継がれたものである。現在にも福島県住民に対する放射能低線量被爆に対する自民党政権そして東京電力の姿勢も寸分と違わない。
.....................................................................................................................................
-参考文献-
(北海道大学経済学研究論文) 静狩金山-北海道産金史研究- : 浅田政弘 1987年
長万部町史 : 長万部町史編纂委員会編 1977年

写真は、礼文華からの断崖をくぐり抜け静狩側の築堤を駆け降りる8002列車。
この区間、車窓は高度を下げながら左から右へと旋回し、航空機の着陸を思わせる。

[Data] NikonF3P+AiNikkor105mm/F1.8S 1/500sec@f5.6 Fuji SC52filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

関連記事

コメント

こんにちは

鴻ノ舞鉱山の関係者とくに鉱山街に住んでいた人たちは○友のことを絶対悪く言わないんです。閉山直後も今も続く高い保障のせいなんじゃないかって 悪く言ったらそこに住んでられないような空気がいまでもあるらしいと鉱山資料の保存にかかわった知人が申しておりました。こないだ慰霊祭が住○主催でありましたけど、それもありがたいありがたいって涙するそうです。
重い(高い)チカラで蓋をするようなことが何度も何度も起こるのはクニがぜんぜん成長してないってことなのかな・・・というか 蓋をする者がずっとそこに居座ってるせいなんでしょうね 

  • 2014/07/09(水) 11:44:22 |
  • URL |
  • Jam #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんばんは。

「チカラで蓋をするような者たち」とは日本の保守支配層とその意を受けた資本を指すのでしょうが、
この者どもは歴史に学ぶつもりのさらさら無いのに、「日本を取り戻す」などをスローガンに掲げます
その頭には「戦前の」の三文字が抜けていると云いますのに。
過去に学ばない「未来志向」などデマゴーグ以外の何モノでもありませんね。

  • 2014/07/10(木) 01:35:35 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/665-d3d93a8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad