"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美留和 (釧網本線) 1977

biruwa_04-Edit.jpg

車内販売の廃止が続いている。
些か旧聞に属しようが、東海旅客鉃道は2013年3月改正時を以て在来線の全ての列車からそれを放逐し、西日本旅客鉄道も2014年秋に北陸線系統特急列車の管内区間での終了を告知しているから、これにて2003年からの四国旅客鉃道管内、2009年の山陰地区での廃止を含めて東海・北陸から中国・四国に至る広大な車販空白域を生ずることになる。ここに残るは、観光路線の紀勢線系統と四国旅客鉃道管内列車の丸亀から観音寺・琴平への運転時分の僅か20分ばかり区間の、それも一部列車のみである。
首都圏に住んで東京や上野、新宿から特急列車に乗れば大半には車販が同乗するが、それは最早特殊事例に属するやも知れない。
駅や市中飲食サーヴィス施設の充実による利用減を事由としたそれは、国鉄の分割・民営化以降に事業の収益源として業者を閉め出して関連会社による営業として置き乍らの身勝手とも写るが、関西圏から山陰・四国への鉄道利用減少は覆うべくも無いのである。同様の事業形態を採った北海道や九州旅客鉄道は健闘しているとすべきだろう。
かつて幹線優等列車には必須の旅客サーヴィスであり、地方線区のそれはもとより一部線区では普通列車にすら事例の在った事を思えば隔世の感を強くする。

当事者には失礼な話なのだが、時効であろうから書いてしまえば、車販女性の制服(日本食堂と記憶)には幹線特急と急行では差異があり、それは特急の方が高級感の在ったのは当然としても、中身の方即ち人間の方の容姿にも微妙な差の感じられ、営業所にてそれとなくの選抜を思わせた。ここにも特急組があったのだろう。
幹線列車は彼女らが大きめの車販ワゴンを二人一組で担当し、前後で牽き、押しながらのそれを鉄道屋は前機・後機などと呼んでいたものだったが、地方線区の急行となれば一人での担当が多く、これは単機牽引であった。そしてその牽引機は確実に車齢の上だったように思え、米坂線の普通列車で出会った単機はC57と9600くらいの差は在ったと書いておく。

70年代始めまでの優等列車は多くの乗客で混雑していたから、車販を装って途中から乗り込む闇業者も存在した。非冷房の車内に夏場のアイスキャンディやらアイスクリーム売りの多かったと記憶する。これには国鉄の構内営業許可を得た業者も存在して客の側からでは区別の付け難い。大抵は男性の売り子で、短区間の停車駅間を狙って慌ただしく商売し逃走するのである。腕に覚えの在る車掌が拘束して車掌室に閉じ込め鉄道公安官に引き渡した例の在ったとも聞くが、多くは乗客への万が一の危害を考慮して車内放送にて購入注意の呼びかけに留めていた。買い手の方も「国鉄の保証しない商品」などと放送されると手を出さなくなり、売り手のこそこそとデッキに引上げる姿を見たこともある。

この釧網本線に設定の急行列車にも、勿論車販嬢は乗っていた。3両編成以上なら中間組成車運転台の助士席側を車販基地にしていたけれど、ここでの2両組成ではデッキに在庫を置いての休憩場所も無い乗務だった。
冷え込んだ朝に霧氷の樹林を往く北見から釧路への611D<しれとこ2号>。
先頭のキハ22は斜里からの増結車である。その作業に斜里へは13分の停車が組まれていた。釧路機関区への帰区回送を兼ねての運用だったろう。

[Data] NikonF2A+AiNikkor28mm/F2.8 1/500sec@f5.6 O56 filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

関連記事

コメント

車販秘史

普通列車に車販とは驚きました。
Wonder+Graphicsさんの「語り」からは専門誌ですら触れないような鉄道秘史を知る事が出来ます。
ヤミ車販もへええ、ですね。私の叔父が子供の頃(昭和20年代)、列車内で買ったアイスクリームで赤痢になり死にかけた話を聞きましたが、やはりいかがわしいモノだったのでしょうか。

道東の冬らしい見事な青空と霧氷です。濃紺と純白、そして国鉄色。
鮮やかな色彩のコントラストまで見えるようです。

  • 2014/06/28(土) 20:25:04 |
  • URL |
  • 風太郎 #ORZvdv76
  • [ 編集 ]

Re: 車販秘史

その頃には、性能の良い保冷容器もありませんでしたから、長時間持ち歩けば傷みもしたでしょうね。
車内販売は、本来に国鉄が手がけるべきを、その専門性から外部業者に委託としたものでしたから、
衛生管理を含めて厳しく監督していました。
ですから、その網をくぐり抜ける違法業者には手を焼いたことでしょう。
冬場なら、みかんやりんご売りも居ました。
結構な商売になったのは、当時の乗客は長い乗車に良く飲み食いもしたと云うことですね。
米坂線普通列車の車販は、日食新潟ではなくて地元業者だったと思います。

  • 2014/06/30(月) 00:40:59 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/656-51a28686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。