"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

塩狩 (宗谷本線) 1986

shiokari_07-Edit.jpg

鉄道での塩狩越えは然程に大きな峠では無い。その最高所は塩狩より300メートル程起点よりの28K130Mに在って、その施工基面高の260メートル余りは、蘭留との比高で凡そ80メートル、和寒とでも120メートル程度に過ぎない。しかも、この和寒方は起点32K903Mから35K347Mまでの2.5キロの連続を含め20パーミルが断続的に介在するにせよ、ほぼ直線的に上ってしまう。山間らしい区間は蘭留山の裾を巻いて230メートルの等高線に達するあたりから塩狩構内までの2キロ足らずに過ぎないのだけれど、そこは機関車が積雪を踏み締るように上って来る、雰囲気のある峠道であった。針葉樹を屈曲する線路なら、常紋越えも奥白滝からの石北トンネル区間も似たようなものだが、これと云った足場の無いにかかわらず塩狩へは冬場に随分と通った。
積雪期と云うのは、それをかき分けて往けば夏場に到達出来ない位置にも立てたからだが、ここは小さな峠に似合った開放感からか、写り込む背景との距離感が絶妙だったのである。なので線路際の雪山の上からでも楽しめた。加えて、1985年3月改正以降なら客車急行が昼間に通過し、客車の普通列車にコンテナ貨物(夜間・早朝で撮れなかった)、キハ56/27の気動車急行も健在だった。それは、紛れも無く幹線の姿でもあった。

写真は、20パーミルの雪道を確かめながらゆっくりと上って来る321列車。
このカットを見ていて、抜海 (宗谷本線) 1984 への書き漏らしに気がついた。1984年2月改正でマニ50(マニ36)+スユニ50+オハフ51の3両組成に改められた321・324列車は、1985年3月改正にて[北東航6]のマニ50が[旭荷1]のスユニ50に置替られた際に、護送便となった[旭郵1]をこれに統合してスユニ50+オハフ51と云う2両組成になっていたのである。写真でのオハフ51の2両は何らかの都合での増結であろう。気動車化されるひと月程前の撮影である。

最近のことと思うが、塩狩構内近くに「塩狩峠」と表記した標柱が建てられた。地名としての峠名称は古くからの人馬の交通路へ付名が通例であり、鉄道のものでは無い。しかも、記された標高274メートルとは国道40号線での最高地点と思われ、そもそもそこに建てられるべき標柱とは思えない。

[Data] NikonF3P+AiNikkor105mm/F1.8S 1/500sec@f5.6 Fuji SC52 filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopCC on Mac.

関連記事

コメント

ということは……

1986年2月の撮影でしょうか。ちょっと気になったので、調べてみました。
当時の旭川配置だとオハフ51形54〜60のいずれかになりますが、それはさておき、321・324レが旭2のオハフ1両(+スユニ)運用、旭川〜名寄間の323・322レが旭1のオハフ3両運用でしたし、なんらかの事象で旭1運用が入ったのかもしれませんね。たしか、この冬は雪害が多かったようにも記憶してますし。

  • 2014/05/10(土) 19:59:58 |
  • URL |
  • F-1N #SFo5/nok
  • [ 編集 ]

Re: ということは……

コメントありがとう御座います。
旭川客貨車区の51形客車は、1981年の12月にオハ-5両/オハフ-6両の新製配置されたもので、同月中に宗谷線の323・322列車と函館線の小樽-旭川間運用に投入されました。これは82年11月15日改正でも引き継がれます。
84年2月1日改正では、函館線運用を岩見沢区と札幌転区に移管して非電化区間運用に専念、321・324と石北線の客車運用が置替られました。短編成(1両単位)運用の増加に、323・322の減車分のオハ-1両を岩見沢区に転出した他は、同区や函館所、札幌転区がオハフばかり9両を迎え入れ、オハ-4両/オハフ-15両の配置となりました。
これによる[旭1][旭2][旭3]の運用での需給はオハ-3両/オハフ-12両の使用にて、3両の予備を確保したオハフは波動輸送にも用いられたと考えたのです。
或は、この頃には[旭3]の1両2組を[旭2]に統合していたのでしょうか。それでもオハフは14両使用となって予備を持てることにはなりますね。

  • 2014/05/11(日) 18:50:16 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

増結だったのですね

まぎらわしいことを書いてしまい、すみません。思い過ごしでした。
旭アサ新製配置分をすっかり忘れており、石北運用の旭3も当時はそのまま変わっていません。まぎれもなく増結だったのでしょうね。
コメントは残るでしょうから、あとで見る方の誤解なきよう、件のオハフ51形15両の車番を記しておきます。オハフ51 22, 23, 37〜42, 54〜60

  • 2014/05/12(月) 23:19:10 |
  • URL |
  • F-1N #SFo5/nok
  • [ 編集 ]

Re: 増結だったのですね

捕捉をありがとうございます。
そうですか、[旭3]の統合は有りませんでしたか。
となると、おそらくは沿線の小中学校のスキー教室とかの団体対応だったのでしょうね。

  • 2014/05/13(火) 00:55:51 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

こんにちは

塩狩駅先日行きましたが
塩狩峠 という標柱?気づきませんでした・・・というか、駅近くにも道路にも店先にもとにかく「塩狩峠」の文字があちこちにありまして 自分の意識下から遠のけてしまったようです(^^;) 
駅構内そのものはさくら咲く前でしたので静かでした

  • 2014/05/14(水) 09:42:44 |
  • URL |
  • Jam #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんばんは。

記事は拝見いたしておりました。
駅は、やはり要員が詰めてこその感を強くします。
しかも、やって来るのが単行気動車と云うのが何とも。

件の標柱は長野政雄氏殉職碑の隣です。記事の写真にも写り込んでいましたよ。

  • 2014/05/14(水) 23:29:29 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/641-5804ac01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad