"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

北浜 (釧網本線) 1971

kitahama_09-Edit.jpg

鉄道と云うものは程度の差こそあれ、敷設計画に際しては政治路線である。この釧網本線には斜里(現知床斜里)付近の線形に、それは端的に見て取れる。

この北海道の太平洋岸とオホーツク岸とを短絡する鉄道の建設は、「北海道ニ必要ナル鐵道」を定めた『北海道鉄道敷設法』(1896年5月13日法律第93号)の第二条に規定の旭川-十勝太-厚岸-網走間鉄道を根拠としていた。同法第一条に基づき予定線を調査した「北海道官設鉄道調書」(1896年)によれば、その北見国側の想定経路は標茶から本鉄道に転用予定の釧路鉄道を辿って跡佐登に至り、硫黄山を経て釧路・北見国境を4箇所の隧道と4箇所の橋梁にて越え止別川の流域を下るものとされ、これは現在の国道391号線に近似の経路と推定される。敷設計画が沿線地域への入植の遅れから見送られる中で調査の行われた1910年の「北海道北部線路調査報告概要」では、北見国側での経路がより具体的に示され、それは止別から濤沸湖南岸・藻琴経由とされていた。当時にヤンペツとされた地域は内陸部に至るものと思われ、これは国境から網走への最短経路としたものだろう。
いずれにせよ、当時の斜里村小清水近郊を通過する経路であり、これに対して小清水ではそれを集落に近づけ停車場を設置させる請願が行われた。1917年に制定の『北海道拓殖鉄道建設費利子支出ニ関スル法律』(1917年7月21日法律第10号)を背景に拓殖計画へ網走-斜里間鉄道が追加されると、それを小清水にて分岐の支線とするよう陳情もなされて、鐵道院もこれらには一応の同意を与えたのだった。この時点で鐵道院の計画した経路は小清水村水上付近から小清水集落を経由して古樋でオホーツク岸に達し、北浜、藻琴を経て網走に至るものであったが、小清水より稲富(現網走市稲富)を経て呼人にて網走線に接続する経路も比較線として保持していた。また、水上以南では止別川流域から札鶴川の谷へと遷移する現道道805号線の経路も検討された模様で、この時期までの線路選定作業において、これにより国境越え区間を隧道の1箇所に減じられることの判明していたものと思われる。現行の釧北トンネルである。
この小清水村通過案に対して、1919年に小清水村を分村していた斜里村では製材業者らが中心となって、網走-斜里間鉄道と厚岸-網走間鉄道の一体建設の協力な運動を展開し、同じ斜里郡内とは云え、自治体ばかりでなく地域住民を巻き込んだ激しい誘致競争を繰り広げたのである。その詳細は省くけれど、最終的には斜里に大農場を所有していた三井財閥の政治力により斜里側の請願が通り、釧網本線は斜里付近にて凡そ270度を転回する不自然な線形となったのだった。政治路線の所以である。
もっとも、鐵道院〜鉄道省が大幅な迂回となるこれを容認したのは、上記の釧北トンネル経由線により迂回経路に関わる建設費増加を相殺可能との判断も働いたものと思われる。小清水村には恨みのトンネルだったことになる。

釧網本線には、この他にも標茶までの経路を巡る釧路町と厚岸町(ともに当時)経由の、それぞれの経過地自治体を巻き込んだ争いも存在した。これについては改めて別項を立てたい。

北浜後背の丘陵からオホーツク海を背景に抜くのは好きな画角だった。
鐵道院が稲富経由案も検討していた頃に、藻琴村内での内陸と沿岸での誘致争いはなかったのだろうか。この線路が小清水から稲富を通り呼人に接続していれば実現しなかった景観でもある。
列車は、混合635列車。

[Data] NikonF PhotomicFTN+P-AutoNikkor50mm/F2 1/125sec@f5.6 Y48 filter   Tri-X(ISO400)  Edit by PhotoshopLR5 on Mac.

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/627-4de554e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad