"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

抜海 (宗谷本線) 1984

bakkai_02-Edit.jpg

宗谷本線の321・324列車をご記憶の向きは多かろうと思う。中でも機関車屋には外せない被写体だったはずである。その線内の259.4キロをほぼ日中の8時間弱にて走る設定には塩狩の峠でも、北辺の原野でも出会うことが出来た。

このスジが引かれたのは、浜頓別経由での旭川-稚内(現南稚内)間の全通、即ち稚内への鉄道の到達時点にまで遡れる。その全通にともなう1922年11月1日改正にて設定の小樽-稚内間11・12列車である。この列車は翌1923年5月1日に稚泊航路が開設されると、函館桟橋-稚内間1・2列車とされた。後世に樺太連絡急行と呼ばれることになる列車だが、急行区間は夜行運転となる滝川以南にて宗谷本線(当時には浜頓別経由)内は各駅に停車した。
そこまで遡らずとも、敗戦後まもない1945年11月20日改正ダイヤでの函館-稚内(桟橋)間の13・14列車が札幌以南を夜行区間として、宗谷本線内はほぽ同じスジで走っていた。宗谷線全通以来に継承された設定とも云えるが、稚内を朝に出る上りに、夕刻から夜間に帰着する下りは、その使命が輸送上不可欠な故とも云える。
1956年11月19日改正にて小樽-稚内間311・312列車とされ、321・322列車を経て1969年10月改正にて函館線内を分離、旭川-稚内間321・324列車となった。

そのような古は知らぬが、周遊券片手に宗谷方面へ遠征を始めた頃なら、旭川客貨車区のスハ32/スハフ32を所定に同区のスユニ60、隅田川客貨車区のマニ60ないし36を組成した4両編成を、旭川に数両の残ったC55が牽いていた。荷物車は配置区に見る通り、青函を渡る航送運用車である。
1974年に牽引機のDD51に置替られても、その編成組成が続いたが、1970年代の末に郵便荷物車がスユニ50に、航送荷物車がマニ50に置替られ、編成の旭川方が青色15号塗色車となった。80年以降に急行列車への14系投入にて余剰のスハ45/スハフ44が旭川区に転入してスハ32/スハフ32を淘汰すると、それらや121・122列車用だったスハ43 700番台/スハフ42 500番台が運用されるようになる。実見はしていないが、青色に揃った編成でも走ったことだろう。
その運転も長くは続かず、1984年2月改正で旅客車がオハフ51の1両に置替られてしまう。それでも気動車化のなされなかったのは、郵便・手小荷物輸送の使命故であり、この編成は3両組成ながら50形系列に揃って、それなりの編成美を見せてくれたのだった。
気動車置替は、ここでの郵便路線の廃止を待って、荷物輸送も<利尻>併結の航送運用車に統合の上1986年3月3日改正で行われ、北端に達する客車普通列車が消滅した。
輸送使命に忠実なスジであるから、以来四半世紀を経た2013年11月施行の現行ダイヤでも、名寄で分断されながらも同様時間帯の運転だけは残っている。

写真は、抜海南方での324列車。
積雪期なればこそ上れたここの丘からは幾度か撮っていたけれど、天候には恵まれなくて満足するカットは手元に残らなかった。
84年の1月はオハフ51に置替られる直前の記録である。タイトルバックもそうだけれど、C55牽引当時の姿は 南稚内 (宗谷本線) 1970 に在る。

[Data] NikonF3P+AiNikkor105mm/F1.8S 1/500sec@f5.6 Fuji SC48filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR4 on Mac.
関連記事

コメント

北辺の鈍行列車

こんばんは。

学生時代の渡道は、1981年夏と1984年冬の2回きりで、
一回目は見る物皆珍しく、乗り鉄だけで手一杯、
2回目は既に廃止が決まっていた地方交通線との惜別に手一杯、
共に大した写真が残っていないのが悔やまれます。

321列車は81年夏に兜沼付近で撮ったものが辛うじて残っていますが、84年は全く撮っていないようですね。
50系に変わった事も知りませんでした。
小荷物・郵便を各駅に下ろしていく、本当の生活列車でしたね。
そのルーツが「樺太連絡急行」まで遡るとは知りませんでした。

  • 2014/01/28(火) 23:22:37 |
  • URL |
  • 風太郎 #ORZvdv76
  • [ 編集 ]

Re: 北辺の鈍行列車

こんにちは。

この列車がオハフ51に置替られた時期は、<宗谷><天北>が客車運用でしたから
そればかり追いかけて、ほとんど撮っていません。
客車の1両とは単行気動車の輸送力と同等で、その当時からそれで事足りていたのですね。
この頃には、撮るより移動に321へ何度か乗っています。
マニ50-スユニ50-オハフ51は近代的編成でした。

  • 2014/01/29(水) 17:33:06 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/593-ddbbe3fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad