"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

浜頓別 (天北線) 1985

hama_tombetsu_04-Edit.jpg

1970年代の後半に毎年のように通った興浜北線へは、札幌からの夜行<利尻>を午前3時の音威子府に降りて、一時間後に連絡する天北線列車に乗っていた。これは北見枝幸行きを併結していたから、それに乗ればまだ薄明の斜内に直通出来たのだった。けれど、長旅に深夜の起床も辛くなったものか、一度だけ浜頓別に泊まっている。駅前の浜頓ホテルである。
塩狩で一日を撮り終えての移動は23時の到着で、寝るだけの宿の一階フロントから2階への階段壁面に架けられた北オホーツクの油絵が見事で思わず見入った覚えが在る。ホテルでは無く旅館と承知していたけれど、予約の電話では洋室か和室かを問われ、洋室と答えていたそれにはバス付のツインルームが用意されていた。ツインルームは閑散期ゆえの便宜ではあろうが、道内では都市部のビジネスホテルでもまだまだバス無しが一般的だったこの時代に、それの設備には驚いたものだった。ここには駅前商人宿ばかりでなく観光需要も存在したのだろう。

80年代半ばに、思いもかけない天北線客車急行の運行で、ここへは再び足を運ぶことになった。けれど、それには朝の<宗谷>を稚内で捉えてからでも十分に間に合ったから、浜頓別に宿泊することはなかった。食事に寄った浜頓ホテルの食堂メニューには惹かれるものがあって(勿論酒の肴に)、ここを拠点にした天北線撮影も目論んではいたのだが、実行の機会の無いままに線路自体が消え失せた。

下りの<天北>は陽の短い季節には天北線に入ると日没を迎えてしまうから浜頓別でのバルブとして、上りを撮り終えればそこに移動して待っていた。
写真は風雪の中を稚内から到着した726D、音威子府行き。ここで15分程停まる。
この頃には、経費節減とやらでホームの蛍光灯は消灯されており、構内はほの暗くて駅の活気も感じられない。ここは興浜北線ホームへの通路だったのだが、この7月に廃止されてその先は雪に埋もれるばかりだった。

[Data] NikonF3P+AiNikkor50mm/F1.4S  1/125sec@f8 Non filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR4 on Mac.
関連記事

コメント

今年は、Wonder+Graphics様とお知り合いになれて、本当に嬉しかったです。
いろいろたくさんお世話になりました。ありがとうございます。

どうか良いお年をお迎えください。

  • 2013/12/31(火) 12:53:32 |
  • URL |
  • うめじろう #-
  • [ 編集 ]

浜頓別

音威子府を4時過ぎに出る天北線に乗って興浜北線は私も経験あります。
眠気で浜頓別の様子など全く記憶がありませんが。
通過点でしかなかった駅々も、もっとじっくり撮っておけばと悔やまれます。
今年も楽しませていただきました。
また来年もよろしくお願いいたします。

  • 2013/12/31(火) 20:30:54 |
  • URL |
  • 風太郎 #ORZvdv76
  • [ 編集 ]

Re: うめじろうさん。こちらこそ。

こちらこそです。
私の撮らないようなカットを色々と見せていただきました。
最近、狩勝ネタの少なくてすみません。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

  • 2013/12/31(火) 20:43:00 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

Re: 浜頓別

その日の興浜北線運用車の送込みを兼ねた運転でした。
下り<利尻>の到着時には既にホームに据付けられて、そのままに接続するのがありがたかった。
夜明け前だし、私も爆睡して乗っていたものです。
起き抜けの斜内の寒かったこと。

本年もありがとうございました。
こちらこそ、来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

  • 2013/12/31(火) 20:52:31 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

こんばんは。
昨晩、音威子府駅舎の中にある天北線に関する展示物見てきました。ちょっと前までは線路があったんですね、40号線沿いも自動車専用道路なるものが途切れ途切れで作られて景観を損ねています。今日は例年より雪が少なかったです、今晩から降るようですが。また来年も楽しみに記事を拝見させていただきます。

  • 2013/12/31(火) 22:20:00 |
  • URL |
  • taisho100nen #xsUmrm7U
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんばんは。

てか、年を跨いでしまいました。
本年も、宜しくお願い申し上げます。
音威子府も本当に小さな駅になってしまいました。
都市部と異なり、余剰用地が活用されることのありませんから、
空疎な景観の広がるばかりです。
浜頓別にしろ、バスターミナルが造られたても使われる用地の僅かゆえ、
ここも市街地中心に穴の空いた様相ですね。
寂しい光景です。

  • 2014/01/01(水) 23:26:01 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/577-67bcd26f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad