"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長万部 (室蘭本線) 2003

oshamambe_15-Edit.jpg

長万部から直進した室蘭本線は、1969年に架橋された新長万部川橋梁を渡ると起点2キロ付近からR=800の曲線で右に回り、続く3キロ付近までのR=600左曲線で海岸線と並行する。この区間の敷設当時に静狩で山塊に遮られるまで広がっていた海岸湿原(静狩原野)の軟弱地盤を避け、敢えて幾本もの小河川の形成した砂州上に経路を取ったものだろう。
この反向曲線区間が高名な地点とは随分と後になって知ったが、周囲には産廃集積場が存在するなど優れた景観を持つでも無いここは、その開けた風景の中でR=800にて内陸から海岸線を向くところが全てであろうか。その西南西から東北東方向の線路と海岸との位置関係は、噴火湾岸でここの曲線間に100メートル余りの直線部が唯一である。

上り列車には、山側に通信線柱を置いて海上の夕空を背景に抜けたから、17時過ぎにやって来る8002列車の定番ポイントにしていた。しかも、その時刻なら西からの低い光線に列車は半ばシルエットになってくれるのだった。
対しての下り列車だと、背景にその通信線柱を避けれず、機関車に角の生えた風の絵柄はあまり好ましいとは云い難く、普段は敬遠していたのだけれど、3月と10月の半ばだけは別であった。日出時刻が5時50分前後を推移し、その方位が90度から100度を越えるあたりとなるこの時期、ここを6時10分から30分前にかけて通過していた下り寝台特急群は、ほぼ80度方向の進路に正面を僅かに回った斜め前方からの低い光線を受けたのである。それは重連の機関車だけを画角に浮かび上がらせてくれる。
日出位置となる静狩峠から礼文華への山地との仰角を算出し、基準位置を太陽下辺とした机上の計算で、3月なら13日、10月なら15日を中心の一週間程度が適期と知れば、後は早暁からの天候次第ゆえ、これを目的にのみ数日を留保しての渡道もあった。それは秋の方が安定していたのは云うまでもない。
これの撮影に出ると、連泊の宿に東向きの部屋を押さえてもらい、未明に起床すれば東方の空を眺めて観察していたものだった。天空が秋晴れであっても水平線近くの低空に雲が生じていれば叶わないカットなのである。
しかも、低く赤い斜光ならば主役は赤いヘッドマークに限るけれど、その8001列車は隔日にしかやって来ないのだった。

[Data] NikonF5+AT-X300AF PRO 300mm/F2.8D 1/500sec@f4+1/2 Non filter Ektachrome Professional E100GX [ISO160 / 0.5EV push] Edit by CaptureOne5 on Mac.
関連記事

コメント

うーん

あまりにもすごい一枚です!
朝日だったのか・・・。

  • 2013/12/24(火) 12:13:04 |
  • URL |
  • マイオ #pcU4xDNY
  • [ 編集 ]

色彩の魔法

私も時間帯や光線状態は計算する方ですが、緻密かつ周到な計算、恐れ入ります。
Wonder+Graphicsさんの真骨頂ですね。
色彩の魔法に酔いしれました。

  • 2013/12/24(火) 22:26:29 |
  • URL |
  • 風太郎 #ORZvdv76
  • [ 編集 ]

遅い、朝日です。

ありがとうございます。
撮影の前には、しっかりとコンテを立てる性分なものですから、
いろいろと計算して現地に向かったものです。
もちろん、幾度もそこを見ていることもありますが。
このカットでは客車に陽を回さないのに気をつかい、
それは太陽が水平線がでは無く、山の端から顔を出すところがミソなのでした。

  • 2013/12/24(火) 22:29:13 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

色彩までは半分偶然

原版はリヴァーサルですから、発色の半分は銀粒子の化学反応の結果です。
経験で予測は立ちますが、現像を上げるまで分からないところもありまして。
ここでもハイライトが飛ばないように露出を切り詰めたものの、
これでシャドウ部にどれだけ赤味が乗るか、つまり濃度とせめぎ合いは掴めないのでした。
これは、コンテを立てて3年目に撮れたカットです。

  • 2013/12/24(火) 22:44:21 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

私もこちらのようなお写真を撮りたいです。
私はフィルムカメラは触ったこともありませんが、同じ絵を同じ条件で撮影する場合、露出設定も同じなのでしょうか。

  • 2014/03/26(水) 12:36:50 |
  • URL |
  • 影鉄です #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

影鉄さん。こんばんは。

ディジタル撮影でも同じか、と云うことかと思いますけれど、
RAWで撮っている限り、ハイライトさえ飛ばさぬようにしておけば、かなりいい加減な設定でも構わないでしょう。
画像ソフト上でいくらでも処理が可能ですし、ディジタルはそれが前提と思っています。
ポジフィルムは失敗の許されない感材でして、過去データに基づく事前の計算に経験と勘の世界です。
30年近く積み上げて来たそれを捨て去るに忍びなく、趣味写真は未だにフィルムでも撮っている次第です。

  • 2014/03/27(木) 02:41:44 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/570-a9f1c324
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。