"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

北浜 (釧網本線) 1972

kitahama_06-Edit.jpg

江戸時代中期の流行に「参籠」がある。本来社寺に一定の期間宿泊しての祈願、これを「籠り」と云うのだが、この信仰行為を、自分の名や居住地を墨書きした札を神社仏閣の建造物に貼付けて納礼することにより代替した参詣・参拝形態である。これに用いられた札が千社札であり、単に貼札とも呼ばれた。
この民間信仰は日本人の血脈に永く残り、現在でも見事に貼札の貼られた社寺を見かける。しかしながら、現代ではこれが一種の願掛け祈願と物見遊山ついでに混合され、個人の持ち物などを観光地に存置する行為が行われるようになった。
けれど、これを鉄道の駅舎に見るとは思わなかった。例を幾つか知るが、ひとつはこの北浜駅である。

いつ頃から始まったものかは知らないけれど、主には名刺、使用した切符、メッセイジカードの類いの貼付けは明らかに参籠信仰に願掛奉納を混同した流れにある。Web上に掲げられた写真などで、その惨状(敢えて惨状と書く)を見てはいたが、そこに走る観光列車への乗車での久し振りの訪問に目の当たりにすれば、自分の足跡を示す一種のマーキング行為に過ぎないと知りつつも圧倒的な数で壁面に天井を埋め尽くす紙片の一枚一枚が、何やら怨念の隠った祈願の護符に見えてしまい、その様相には鬼気迫る妖気すら感じさせるのだった。
このルーラル線区の車窓を活かした観光路線化は、北浜 (釧網本線) 1968 にも書いたけれど、それが線区経営に寄与して線路が維持されるならば推進すべきには違いない。その過程で駅の存在が注目され、そして駅自体が観光資源となるも流れであろう。
けれど、古い本屋の今に残るルーラル線区の停車場であればこそなら、それを鉄道が輸送の主体を担った時代に復元し、駅員を模した人員を置いての観光フロント化が本筋であろう。列車のやって来る限りにそこは輸送業の施設である。喫茶店やら展望台やら護符の待合室などはいらぬのである。
1970年代から80年代に幾度となくこの駅を訪れ、海鳴りに風音を聴き乍ら待合室のベンチで時間を過ごし、時には顔見知りの駅員氏に茶を馳走になっていた身には、記憶も鮮やかなだけに惨憺たる現況には言葉も無い。

最近に、列車の来なくなった「駅」の信じ難い報道にも接した。旧広尾線幸福駅の「改築」である。ここは無人駅であったから駅本屋では無く単なる待合所なのだが、護符にまみれて観光地化していた建物を老朽化により建替えたと云うのである。元の駅舎を転用した観光施設(自治体にすればそうなのであろう)の建替えと云えばそれまでだけれど、どうにもおかしい。どうしても腑に落ちないのである。注目された、その幸福駅の駅舎であったからこそが(観光客目当てとは云え)「保存」の意義だったのではないのか。これも笑えない冗談に思える。
もっとも、観光客だけはお構い無しにやって来て「お札」を置いてゆくのだろう。液晶モニタまで設備された新築でのご利益とは如何なものか。他人事ながら案ずる。

北浜と云えば、これも定番画角だったと思う。国道244号線が拡幅されて撮り難くなってしまっている。
列車は、混合634列車。

[Data] NikonFphotomicFTN+AutoNikkor5cm/F1.8 1/250sec@f2.8 Nonfilter NeopanSSS Edit by PhtoshopLR4 on Mac.
関連記事

コメント

こんにちは

あんな、天井にまでいっぱいのあのお札 それだけでもめまいがしてましたのに、あれはまだいいほうだったですよ
中国映画のロケ地になったとかいうころからもっとひどくて、大きな観光バスが何台も何台もきて、中国の観光客が多数訪れ、けっか、 今この駅にたくさんの中国語の看板(撮影マナーをまもれ、線路に入るな、ゴミを捨てるななどが書かれてるらしい)が設置されてて ちょっと何だか・・・とにかく・・・なんで?という、そんな気もちになりますね

駅の喫茶店のごはんは昔から好きなのですが 日中来る気にならず、ヒトの来ない夜ここにきてカレーをいただいたとき、お店のおかみさんが「この駅の向こうの浜で鮭釣りをしてる人が、鮭をつってもたまごだけ取り出して身を捨てっぱなしにするから、こんなとこにまで熊がでてきたのよ」とも話してくれました

なんだか私にはもう心穏やかな場所ではなくなってしまったような北浜です
 

  • 2014/01/30(木) 10:01:57 |
  • URL |
  • Jam #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんばんは。
『非誠勿擾』ですね。フィルムは見ていませんが、北海道ブームを巻き起こしたとか。
中国人観光客は、北浜の「護符」に何やら勘違いして帰ったような気もします。
旧駅長事務室を喫茶店に改装して、せっかくに人がいるのですから、
石炭ストーブを置いて火のお世話もお願いして、待合室は昔の姿のままに出来ぬものでしょうか。
本当に、あの「護符」だけは止めて頂きたい。

  • 2014/01/31(金) 00:23:17 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/569-32774768
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad