"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

塩狩 (宗谷本線) 1976

shiokari_06-Edit.jpg

その冬、まだ年も明けてまもない頃だった。塩狩の待合室で朝から夜までの一日を過ごしたことがある。
旭川での小雪模様は宗谷線を北上する程に激しい降雪となって、降り立った塩狩は沿線に立っても視界の取れない程だったのである。177で聴いた天気予報(当時の情報収集はそんなものだ)は一帯の悪天を告げていたし、列車本数も少なく、国道を往くバスの利用も考えたけれど、なにより何処へ移動するにせよ時間が中途半端だったものだから、仕方なく駅から離れない撮影に切替えて、その日は休養日とも決め込んだのだった。

駅を出ればその日の撮影予定をこなすまでフィールドで過ごすのが日常の中で、たまたま撮影地点が駅からさほど離れず、長い列車間隔に時間を持て余せば、線路の無いところへは往かない鉄道屋なので駅に戻り待合室で過ごしていた。
駅が当たり前に駅であった時代、冬の季節にはストーブの焚かれた待合室に腰掛けて、降り積む雪を眺め窓や扉の風雪に軋むを感じ、海沿いの駅ならば遠く海鳴りを、風鳴りを聴いた。夏には夏で、開け放たれた窓を吹き抜ける風速に佇み、うるさい程の野鳥の囀りに耳を傾けるのは至福の時間でもあった。
北浜に鬼鹿、細岡、門静、銀山、抜海、猿払、北母子里と思い出す駅はいくらでもある。

塩狩は樹林帯に囲まれて外界から隔絶されていたから、列車の通り過ぎてしまえば深々と積む雪の静寂に駅務室で事務を取る駅員のペン先の走る音すら聞こえた。ストーブの薬缶の湯気をぼんやりと眺め続けるには時を忘れる。
尽きぬ降雪にも列車は定刻にやって来る。下りの蘭留出発を告げる電鈴が鳴り、開けられたラッチ扉からの冷気に我に帰るけれど、これを待つ旅客はいない。簡素な松飾りの駅。
列車は345D、幌延行き。

[Data] NikonF2A+AiNikkor50mm/F1.8 1/125sec@f8 Y48 Filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR4 on Mac.


関連記事

コメント

雪の日

こんにちは。
リンクの掲載ありがとうございました。
当方にも掲載させて頂きました。今後とも、宜しくお願い致します。
雪の日の静けさは、独特な安らぎと緊張感、両方を感じさせますが、特に北海道の乾いた雪の美しさは、旅していると、その行き先の遠さを実感させてくれます。
峠の駅に降る雪、到着した気動車、何気ないようでその一場面が記憶に残る(自分にとって)大切な瞬間になったりする、旅の過程です。
走る列車が変わっても、駅に着いたときの安堵感は変わらず、今でも繰り返されているのだろうと思います。
今日も素敵なお写真を拝見させて頂き、ありがとうございました。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/

  • 2013/12/04(水) 10:47:58 |
  • URL |
  • 風旅記 #O7xVy9HA
  • [ 編集 ]

Re: 雪の日

こんばんは。

フィールドから駅に戻れば、そこにはストーブが焚かれているのは当たり前だったのですが、
昨今の待合室は深々と冷えるばかりで、古い鉄道屋には寂寞感の募るのが正直なところです。
雪の降り積む山間の小駅で、こんなふうに過ごせることは、もう二度とないでしょうね。
リンク、ありがとうございました。

  • 2013/12/05(木) 01:49:05 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/532-05fcbff0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad