"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上野幌-西の里信号場 (千歳線) 2008

kami_nopporo_13-Edit.jpg

上野幌 (千歳線) 1988 の続きである。

千歳線の苗穂-上野幌間線増にて比較検討されたのは、現在線への腹付け案の他、全区間に複線の別線設置と現在線を活用しつつ単線の別線を建設する計画案であった。
札幌市が事業主体となった大谷地流通センターの中核を成す流通業務団地に国鉄が大規模貨物施設と貨車操車場の建設(*1)を決定した1960年代初頭より、単複は別としても上り本州方面への輸送順路構成から千歳線を白石から厚別地区通過に付替えとする構想は部内では既定方針と思われる。
それゆえ、この貨物施設への出入りの利便性と、市街地化が進行中にて用地確保が困難で、また東札幌前後の速度の低下を避けれない曲線の残る腹付け案は、あくまで建設費と効果の比較対象であろう。但し、当時の財務状況からは最も建設費の低廉なこれも無視は出来なかった。折衷案となる別線単線は現在線利用の荷主・旅客への段階的説得材料に残された感もあるけれど、新設線と現在線の両線に上下列車が運転されて線路容量は160回程度までの拡大に留まるものの、貨物施設との順路も構成されるそれの最も低廉な建設費に部内でも決定に逡巡した模様が伺え、既設線を残存して将来に立体交差化を求められた際の費用までも勘案されたと聞く。
最終的には、既設線上の東札幌の貨物扱いと月寒の専用線を当面維持として複線別線を採用したものである。

厚別川橋梁から右転して既設線の上野幌に至る当初計画線形の東回りへの変更は、この当時に札幌市が厚別地区南部所在の陸上自衛隊の厚別弾薬支廠(北海道地区補給処厚別弾薬支処)の移転跡地を取得したことによる(*2)。当初に宅地開発を想定していたここに国鉄との協議により駅を誘致したのである。当時の計画に下野幌と仮称されていた現新札幌が計画に組み入れられたのは1965年頃と推定され、時間を要した。1959年からのひばりが丘団地、1962年からの下野幌第一団地に、続く同第二・第三団地など周辺でも軒並み進行する住宅地開発を背景に国鉄にとっても魅力的な市場であったに違いないのだが、当時の国鉄の置かれた状況や内部での労使問題などから逡巡したものだろう。決定は厚別地区を縦断する線路用地の買収に得られる札幌市当局の協力も考慮してのことと思われる。
札幌市が開発計画を商業地と変更し「厚別副都心構想」を掲げたのは、この誘致成功を受けてのことである。

この区間は1967年2月に路盤工事の認可申請がなされ、翌月に認可を受けて着工した。同時に上野幌からの既認可区間をこれに接続する計画変更(*3)も行われ、野幌川の谷を上った大曲川との合流点付近に旅客駅を設けてここに上野幌の移設が盛り込まれたのだった。
(この項 上野幌-北広島 (千歳線) 1990 に続く- 参考文献はシリーズの最後に記載する)
..........................................................................................
(*1) 上野幌-北広島 (千歳線) 1988 記事脚注(*8)を参照
(*2) 弾薬庫の移転は1964年に始まり、1969年3月1日付にて同処は廃止された。この東回りへの変更が当初より上野幌の移設を伴った計画であったかは分からない。団地中心部の後の新札幌と団地南部に位置することになる既設上野幌の併存も検討された時期も在ろうと推定したが、確証は得られなかった。それでもR=800を維持した線形での既設上野幌接続は可能に見える。
(*3) 正確には1965年2月に工事認可を得た上野幌-沼ノ端間の工事計画の一部変更である。

写真は、椴山への坂を上る8010列車<カシオペア>。
撮影方向が西を向いて午後から夕刻には季節毎の光線を楽しめたここには、幾度も足を運んだものだった。残念ながら、今では手前側の樹木が成長してしまい同じ画角を取れなくなっている。

[Data] NikonF5+AiAFNikkor ED180mm/F2.8D 1/500sec@f5.6 Non filter Ektachrome Professional E100GX [ISO160/0.5EVpush] Edit by PhotoshopLR4 on Mac.
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/522-bf3815bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。