"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

上興部 (名寄本線) 1969

kami_okoppe_03-Edit.jpg

ここに蒸機の走る専用線の在ることは承知していた。国土地理院の地形図にも北へ分岐して往く鉄道記号が描かれていたし、書架から探し得ていないのだが、当時の「鉄道ファン」誌に、小石の藤田炭礦宗谷礦業所、豊富の日曹炭坑天塩砿業所と共に紹介記事が掲載されていたのである。そこには、運転は国鉄に委託して自社機は持たない、と在ったから本線機の入換え運転とも理解していた。北海道農材工業上興部石灰砿業所の専用線である。

1967年の初めての遠征で上興部に降り立つと、下りホームの後側直ぐに分岐が見えて、駅に聞いて運転は午前中に2回と知れた。けれどその日は運休と付け加えられて落胆したのだった。
上興部集落の北、右山・左山の石灰岩の大露頭による地域振興策として北海道庁(*1)が石灰工場の設置を計画・着工したのは1934年と記録されている。既に名寄本線は全通していたから製品搬出の専用線も翌1935年4月の操業開始より稼働したものと思う。
露頭を崩す発破の轟音が響き渡り、上興部は西興部村の役場が所在した瀬戸牛(*2)を上回る集落へと発展したと云う。駅も機関車駐泊設備に転車台(*3)や多くの貨物側線に積卸線を持った沿岸の興部を上回る拠点であった。永く同駅の名物駅弁であった「やまべ寿し」も当初はここで販売の開始されたものであったから、貨物ばかりでなく旅客輸送にも賑わったのだろう。
1960年代末に見た駅は、弁当販売こそ興部へ移転していたけれど、待合室では弘済会の売店も開かれ、駅務室にも多くの職員が詰め、貨車の屯する構内は活気に溢れていたものだった。
石灰工場は、1916年に道庁直轄から外郭組織の北海道興農公社に移管され、戦後に公社解体にて1947年5月5日に設立の北海道農材工業の経営となっていた。ここでの生産物は、土壌の酸性化を防ぐ炭酸カルシウム肥料と岩粉であった。

翌1968年に再び上興部を訪れ、午前の貨物列車撮影を早々に切り上げて駅に戻り、専用線での運転を待った。
それは、1690列車を重連で牽いて峠に向かった前補機が、一の橋から単行661列車にて戻ると構内掛数人がデッキに乗込み、そのまま逆向き運転で専用線に入るものだった。ほぼ本線と直角方向に向きを変えるR300の急曲線には、15km/hの制限が付けられていて実に緩慢な運転に見えた。
ほどなく財源を牽いて戻って来たところが写真である。ワム・ワラの有蓋車を8両も連ねていたから結構な出荷量が在ったことになる。この組成を側線に置くと機関車は再び単行で工場へと向かい、しばらくしてそのまま戻って来た。その訳は、専用線を工場へと辿って知れた。工場内にはY字分岐器を介して2線が引込まれており、積込場は右側の線路に面している。ここから積車を引き出した後には、左線路の空車を右線路に入換えねばならず、その仕事に往復したのであった。
この空車貨車の逆向きでの押込みは朝に行われ、工場へ上り勾配のこの専用線では唯一の力行運転列車だけれど、それはあまり絵にはならなかった。

この専用線は1982年11月15日ダイヤ改正を以て廃止され、製品の出荷は自動車輸送に切替えられた。線内に発する貨物はほぽこの扱いだけになっていたはずだから、それは国鉄側の申し入れによるものだったろう。
上興部石灰砿業所は、その後に露頭を崩し尽くして地下採掘となり、コストの増大と資源枯渇にて2001年9月末までに採掘を取りやめ、工場のみは他所からの原料供給にて稼働を続けたが、それも2006年8月31日を以て操業を停止した。
.......................................................................................................
(*1) 1886年から1947年まで存在した内務省直轄の地方行政機関。
(*2) 現在の西興部。村名に合わせて1945年に改称。
(*3) 1920年10月25日の上興部までの開通に際して、名寄機関庫上興部分庫として開設。1929年の分庫廃止の後に駐泊所として存続。

[Data] NikomatFTN+AutoNikkor5cm/F2 1/250sec@f4 Y48filter NeopanSS Edit by PhotoshopCS4 on Mac.


Website "カメラ 万年筆" Updateのお知らせ (2013-11-13)

本当に久し振りで、Chronicle に記事を追加しました。
道内旅行の「宿」にかかわる覚書きです。
放りっぱなしだった、FC2Blogからの記事移植も再開しています。写真のRemaster中。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/516-42341783
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad