"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平糸 (標津線) 1976

hiraito_01-Edit.jpg

現在の別海町域での拓殖事業は1869年の根室開拓使西別出張所の開設に始まるが、この遥か奥地の火山灰台地である根釧原野への入植が本格化したのは、1910年に北海道庁(現在の組織とは全く異なる)が拓殖15カ年計画、所謂第一次拓殖計画を策定し実行して以降と云う。
時代のかなり下がるのは、未開地の調査や入植区画選定、道路開削などのインフラ整備が遅れたものなのだろうか。同計画に追加された植民軌道も1925年の厚床-中標津間への試験的敷設後の多くは1930年代の設置である。
以来、多くの入植者と、また冷涼な気候と痩せた土壌に多くの離農者を出しながら開墾は進められ、次には酪農を核と定めての開発に切替えられたものの、戦後に進められたパイロットファーム事業の恩恵に外れた零細農家も数多く、本多勝一氏の著書『北海道探検記』には1960年代に至っても電気の通じない粗末な木造家屋に住む開拓農家がルポルタージュされている。これを出版された79年に読み、札幌で白黒のテレビ番組に興じていた子供の頃に同じ北海道の東端でそのような生活の在ったことに衝撃を受けたものだった。
淘汰された農家の開拓地は、やがて放牧地へと転換されて行った。

1970年代の末に乗った標津線の車窓は、ミズナラやシラカンバの林を散在させて、どこまでも放牧地や牧草地が続いた。開拓され尽くした土地を見ていたことになる。原野の面影は台地に浅い谷を刻む水流の周辺のササやハルニレ群落に残されるだけだった。
けれど、それは原初景観を見るようにどこか茫漠としていて、停車する駅名を読んでいないと自分がどこを走っているのかわからなくなるのだった。今思えば、酪農地として在るなだらかな畦りの開墾と変転の歳月が霞の彼方から立ち現れるように車窓を過ぎるのをぼんやりと眺めていたことになる。
列車設定が5往復しか無いここへ幾度か通ったのは、そんな漠然とした風景に誘われてである。一日に一往復などの蒸機列車の記憶も新しい頃ゆえ、撮影効率も気にならなかったのだろう。牧草地が緑であるよりも、それの雪原を好んだ。

この日は、平糸の粗末な木造乗降台に降りて線路際を歩き、ミズナラの林を過ぎた所で牧草地に上った。撮影方向と位置を把握してからでないと、自分の足跡を撮ることになる。
列車は355D、中標津行き。

[Data] NikonF2A+AiNikkor28mm/f2.8 1/500sec@f8 Y48filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopLR4 on Mac.

関連記事

コメント

平糸

標津線も懐かしいです。結局撮ったのは1回きり、道東の夏特有の海霧の深い日でした。
地平線が霞むような大地をゆくキハ22の写真に触発されたのですが、
どこで撮ったものやら見当のつかぬまま平糸で降り、霧の中、地平線どころかどっちを向いているのかも分からなくなった思い出があります。

霧の向こうにもやっと映るキハ22という、出発前のイメージとずいぶんかけ離れた写真になりました。

  • 2013/11/02(土) 00:42:51 |
  • URL |
  • 風太郎 #ORZvdv76
  • [ 編集 ]

Re: 平糸

同じように、道東の霧には初めて訪れた根室線の厚岸で出会い、
以来、この方面へは夏の季節を避けていたものです。
標津線が冬ばかりたったのは、そのせいもありますが、
やはり、雪原と化した牧草地に風紋が描かれるばかりの寂漠とした光景に誘われたのでしょう。
当時のネガを見返すといつもは撮らない、心象風景のような画角ばかりです。

  • 2013/11/02(土) 11:10:53 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/509-d1bbc4b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。