"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上野幌-西の里信号場 (千歳線) 2002

kami_nopporo_15-Edit.jpg

新札幌 (千歳線) 2001 から続く

千歳新線は当初目標とした1971年度(*1)に遅れたものの、1972年にはほぼ全区間で軌道敷設を終えていた。
新線区間への道床の突き固めや試験運転に供する車両の入線は、線路の繋がった白石構内からや1969年には敷設されていた北広島からの(将来の)下り線を使って行われた。このため、前述した起点19K200M付近の切替(仮接続)地点には、新線の上下線を分ける分岐器も仮設されていた。

こうして迎えた1973年9月9日の切替工事は、苗穂-北広島間ばかりでなく、札幌貨物ターミナルの構内も含む函館本線の札幌-厚別間を支障する規模となり、午前6時から18時20分まで日中およそ12時間を費やして施工された。
この間、一時的に信号現示を停止した工事区間は長距離優等列車など必要最小限の列車を手信号にて運転するに留められ、札幌発着列車には工事区間を通過しない列車も含めて小樽-滝川の区間で下り44本、上り37本、札幌から千歳の区間の下り12本、上り14本、さらには札沼線の上下7本に区間ないし全区間の運休が事前に措置された。貨物列車にも大幅な運休を生じたはずだが、これの詳細な記録は閲覧していない。
趣味的には、104<ニセコ>の所定で停車の無い手稲始発、401D<狩勝1号>の江別始発が興味深い。401Dの運用編成は前夜に岩見沢あて送込まれたと聞いた。
小樽駅-札幌駅-岩見沢駅(一部滝川駅)間と札幌駅-千歳駅間には区間便を含む多くの列車代行バスが運行され、これには国鉄バスばかりでなく民間バス会社も動員された。

千歳線では、札幌6時02分の722D苫小牧行きがキハ2219ほか3両編成に惜別のヘッドマークを掲出して運行した後に、6202D<すずらん1号>、22D<北斗1号>の上り2本を運転、札幌に8時57分到着の1D<おおぞら1号>の通過を最後に線路を切替え、上りは札幌10時20分発の8D<北斗2号>、下りは千歳10時16分の213D<ちとせ2号>より新線の使用を開始した。
この日、新札幌では札幌15時40分発のこの日のみを客車運行とした208<すずらん5号>を臨時停車させての開通記念式典が挙行された。但し、これに客扱いはなく、それの初列車は18時46分の1231D札幌行きであった。

この工事には既設の札幌貨物ターミナルから函館本線厚別方、千歳線新札幌方への通路線設置を含んでおり、同駅は白石からの函館線貨物支線の終端駅から函館・千歳両線の中間駅となった。共にCTC制御は未整備に付き、白石・厚別・上野幌の各駅は札幌貨物ターミナル構内に設けられた制御所からのRC制御とされた(*2)。これは、白石駅の運転扱い施設であり、これに関連して白石駅下り場内信号機から厚別駅場内信号機までと新札幌駅至近に置かれた上り第一場内信号機までが運転上の白石駅場内とされ、それは札幌貨物ターミナル構内を含んで延長5キロにも及ぶ。
なお、1968年10月1日のそれの開設時に開通の白石からの貨物支線は、線路は通路線として残るものの戸籍上は本線に編入となって消滅した。
(この項 北広島 (千歳線) 1988 に続く- 参考文献はシリーズの最後に記載する)
.........................................................................................................
(*1) 1972年春期ダイヤ改正での供用を想定していた。
(*2) 1981年3月5日の千歳線CTC施行の際に上野幌は中央制御所に移管。

写真は、椴山の起点17キロ付近R=800M曲線での5774列車。札幌貨物ターミナルから苫小牧(貨物)行きの高速貨物C列車である。
既出の画角を、晩秋編にてご容赦頂きたい。

[Data] NikonF5+AiAFNikkor ED180mm/F2.8D 1/160sec@f5 Fuji LBA2filter Ektachrome Professional E100SW [ISO160/0.5EVpush] Edit by PhotoshopLR4 on Mac.

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/505-432857fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。