"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩谷 (函館本線) 1986

shioya_04-Edit.jpg

小沢 (函館本線) 1984 から続く

青函連絡船の深夜便と継送となる<北海>は、キハ183系運転となっていた14Dが1984年2月1日改正にてキハ80系に戻され、以降11・14Dの上下ともに1967年の設定以来の姿が復活していたのだが、特急列車の編成短縮とその捻出分にて増発の行われた1985年3月14日改正において、それに従い食堂車を含む3両を減じての6両組成化がなされた。
この際には、函館運転所における同じく80系運用の継続した<おおとり>の183系<オホーツク>と編成順位と乗降場位置を極力整合化する措置によるキロ80の方転に関連して、それは北側先頭のキハ82の次位に当たる5号車に組み込まれた。特別車の5号車組成は、同改正で道内の(特別車を組成する)全特急列車に統一されたものであった。
この組成変更により、本改正にて183系の6両組成に置替られた13・12Dと全区間で乗降扉位置が揃うことにもなっていた。詳しくは、Websiteの記事に書いている。
この編成は、札幌での長い間合いに同改正にて新設の札幌-帯広間33・38D<おおぞら3・8号>(正確には下り33Dは改正前5023Dからの承継)に運用されたのだが、札幌からの逆編成は1・2号車の自由席車と5号車の特別車が183系による<おおぞら>と組成順位が同一ともなり、さらにはその2往復とは乗降扉位置も合致して、その実に良く考えられた運用と編成の組成には当時の担当者に敬意を表したくなる。

とは云え、その食堂車も無く短くなった編成は、系列の末期を、そして函館山線の最後を感じさせて寂しさも禁じ得ないものではあった。付言すれば、キハ82の前頭にも及んだ絵入りの列車名板は、どうにも不似合いに感じられたのだった。183系のロール式愛称幕ではそのデザインに違和感を覚えなかったから、前頭部形状のデザイン自体がそれを想定していなかったゆえとしか思えなかった。

写真は、通票授受に塩谷をゆっくりと通過しオタモイ峠に再加速する11D<北海1号>。
最早、本州連絡特急の貫禄は失われていた。

[Data] NikonF3P+AiNikkor105mm/F1.8S 1/500sec@f4 Fuji SC48 filter Tri-X(ISO320) Edit by PhotoshopCS3 on Mac.
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/470-578599c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。