"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

植苗-沼ノ端 (千歳線) 1990

uenae_03-Edit.jpg

室蘭本線の複線に千歳線上り線(下り列車運転線)が並走するここは、20メートル近い線路路盤幅が取られ、撮影にも乗って通過しても気持ちの良い区間である。
1892年8月1日に北海道炭礦鉄道が、沼ノ端(当時には未開業)で内陸に進路を取った直線の線路を寂寞とした湿地帯に敷設し、ここは国有化後の1920年9月1日に早くも複線使用が開始されている。
1926年8月21日に(2代)北海道鉄道が札幌線として開業し、戦時買収にて国鉄線となった千歳線は永く単線鉄道であったのだが、その線増計画は、函館/室蘭本線とともに本州-道央地区連絡の輸送力増強として「第三次長期計画」にて予算化され、植苗-沼ノ端間については、室蘭本線を上方で交差して東側を大きく迂回している既設線に対して、植苗から直進、曲線の盛土を構築して室蘭本線に並び、その長万部起点148K500M付近から沼ノ端までの約5キロを西側への腹付けとする別線線増とされた。
1966年に着工して、1969年9月25日の既設線を下り線(上り列車運転線)、新設線を上り線(下り列車運転線)とした複線運転の開始により、ここでの3複線区間が出現したのである。なお、旧北海道鉄道線である下り線に存在した曲線の改良は1967年と1968年に施工済みであった。

先ほど「直線の線路」と書いたが、腹付けされた千歳線は完全な直線ではない。途中、ウトナイ湖から流出する勇払川(この位置での公式の河川名称は美々川)への架橋に際して、室蘭本線のそれと線路中心間隔を空けるための緩い曲線が橋梁前後に存在する。その後に、開通時に完全な直線であった室蘭本線もまた、この勇払川橋梁の架け替えを下流側の新橋梁とした関係にて曲線を生ずるに至っている。何れも、ここでの高速運転を阻害するものでは無い。なお、勇払川の水流部を渡河するのみだった旧橋梁に対し、新橋梁は千歳線橋梁と同じく避溢部をも越える312Mの延長となった。

70年代までの灌木の疎らに遥かヨシ原の広がるばかりでウトナイ湖を見通した景観は、それの乾燥化とともにハンノキにヤチダモの樹林にすっかり姿を変えてしまい、今ここを地形図の記号に従い湿原とするのは憚られる。
それでも、線路だけは彼方まで視野に在って、列車を視認してからシャッターまでの時間経過に些か冗長な撮影になる。
列車は、1列車<北斗星1号>。
これの10分後には8001が、さらに20分を置いて3列車の通過する、今思えば贅沢な時間帯なのだが、場所を移動する訳にも往かず少しばかりもったいないことになっていた。

[Data] NikonF4s+AiNikkor105mm/F1.8S 1/500sec@f5.6 Fuji SC52filter Tri-X(ISO320) Edit by CaptureOne5 on Mac.

Website "カメラ 万年筆" Updateのお知らせ (2013-10-09)

Reference に、読み物「青函連絡船 私的覚書き」を公開しています。
ここのブログでの連絡船関連記事をまとめたものですが、大幅に加筆修正し、写真・図版も多数追加しています。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/468-e192c769
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad