"Monochromeの北海道 1966-1996" そして Ektachromeの頃

沼ノ端-遠浅 (室蘭本線) 1974

numanohata_07-Edit.jpg

失われた鉄道景観のひとつに保線小屋がある。
それに類する建物は、保線管理室やら保線センターなどと名前を変えた現在でも、その事務所なり詰所として拠点駅の構内に所在するが、一部を除く小駅構内や停車場間の線路際にそれを見ることは無くなった。
正式には、鉄道管理局の現業機関である保線区の担当区間延長を幾つかの線路分区に分割し、これをさらに細分した線路班とされる業務遂行の最小組織の作業拠点としての詰所、それの事務室や休憩室、用具用品庫を収容した建築物である。
主には線路班担当区域の駅構内に置かれたのだが、駅間が長大距離の場合など区域内の適当な地点に駅が位置しなければ、それを駅間に設置して、これは中間線路班と区別された。また、これらに付属して休憩所兼用具用品のデポ施設が駅間に設置されることもあり、正式名称は知らぬが、これも保線小屋である。
古い鉄道写真屋ならば、ロケハンに線路を歩いた折にでも、そこへと招き入れられて茶なぞ馳走になった経験もあるだろう。寧ろこれを保線小屋と認識する向きが多いかもしれない。一例として、宗谷本線の旭川起点252K500Mに在ったそれは、鉄道屋には馴染みの深い。放棄された後のそこで夜を明かした経験をお持ちの方も多いはずである。

時期に依っても異なるであろう、この線路班が道内にどれほど存在していたかは知り得ない。停車場間の長いここにおいては中間線路班も多くを数えたものと思われる。
胆振線の新大滝-御園間に所在した尾路遠線路班や根室本線札内-止若(現幕別)間の稲士別線路班のように官舎も併設されて、職員・家族が居住した大規模な例もあった。そこには、家族の利便を図って乗降台が設備されて列車が停車していた。関係者のみの利用に付き道内時刻表にも記載の無かったのはご存知のことと思う。類推すれば石炭輸送の幹線-歌志内線砂川-文殊間の焼山線路班、池北線の上利別-大誉地間の笹森線路班、室蘭本線大岸-礼文間の豊住線路班に幌別-登別間の富浦線路班も同様と思われるのだが、確証は無い。これらは周辺に集落も存在したのだろう。早い時期に乗降施設は駅とされていた。他に、一時的にせよ信号所として列車停車に対応した例は、函館本線銭函-手稲間の星置線路班、滝川-砂川間の空知太線路班、室蘭本線苫小牧-沼ノ端間の一本松線路班がある。
職住近接が原則であった国鉄現業機関において、交通手段が鉄道に限られた時代ならば何れの中間線路班も官舎を伴っていたとも考えられる。線路班の構成人員は5名から15名程度とされていたから、それなりの用地を要したことだろう。

保線作業最小単位としての線路班は、大型機械の導入を伴う集約等により1970年代には廃止・統合が始まり、放棄された建物施設自体もやがて解体されて姿を消していった。駅のみならず駅間にもこのような不休の職場の在ったことは、永く記憶に残したい。

写真は、ウトナイ湖畔の湿原区間を往く223列車、岩見沢行き。
画角左端に見えるのが、ここに在った東植苗線路班の詰所である。石炭輸送の最重要幹線上にて軟弱地盤での凍上や路盤沈下などに前記の一本松線路班ともども苦労した区所であったろう。この74年当時、既に常駐は無く間もなく廃止されたものと思う。

=参考文献・資料=
北海道鉄道百年史 : 国鉄北海道総局 1976-1981
デゴイチ保線野郎 : 藻岩三麓 札幌北書房 1972

[Data] NikonF photomicFTN+AutoNikkor50mm/F1.8 1/125sec@f11 Y48filter Tri-X(ISO400) Edit by PhotoshopCS3 on Mac.

Website "カメラ 万年筆" Updateのお知らせ (2013-07-31)

Reference に、1988年に見られた<北斗星>へのスハフ14の増結運転に関するメモを追加しました。
Chronicle に、久し振りで記事 “旅の「飯」事情” を書いています。
関連記事

コメント

こんばんは。みそパン冬の携行食には最適ですね、魔法瓶に熱々のコーヒー入れて撮影撮影に行くのが楽しみです。

お写真の左手の小屋はもしかしたらまだ存在するかも、昨年赤くまの貨物を小屋の隣で撮影しました。ヤブ蚊が強烈でした。

  • 2013/08/02(金) 20:37:53 |
  • URL |
  • taisho100nen #mQop/nM.
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんばんは。
Websiteにもご訪問ありがとうございます。
固形燃料を持ち歩いた頃は、勿論インスタントコーヒーの粉も持参して
現場で湯を沸かして楽しんでいました。
顆粒のものなんて無い時代ですので、粉が固まってしまい困ったものでした。

あの建物は健在ですか。
室蘭本線のこの区間には随分と乗ってませんからねえ。
千歳線の上りからだと一瞬の視界ですので気がつきませんでした。
今度注意して見てみます。それにしても40年ですよ。
何に使っているのやら。

  • 2013/08/03(土) 02:25:17 |
  • URL |
  • Wonder+Graphics #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://northernrailways.blog.fc2.com/tb.php/431-66517461
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad